{自由日}{『希哲日記』}{希哲13年4月}{希哲13年4月下旬}{希哲時代}{4月30日}{仏滅}{火曜日}=}(8)

{希哲13年4月30日 K#F85E/A-5B28-B3E5}

今日も起きるのが遅くなり自由日に。大型連休中でもあり歴史的な時期でもあるのでまだいいが,そろそろ腹を括る必要がある。

今上陛下最後のお言葉を聴く。

希哲館事業は辛うじて平成中に軌道に乗ったが,あとは速度の問題だ。

平成の終わりとともに希哲時代を背負って立つ覚悟をし,希哲館事業収益化までは自由日を取らないことを決めた。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{執務日}{先負}{希哲13年4月下旬}{4月29日}{月曜日}=}(7)
{自由日}{『希哲日記』}{希哲13年4月}{友引}{希哲13年4月下旬}{4月28日}{日曜日}=}(7)

{希哲13年4月28日 K#F85E/A-5B28-8816}

今日も起きるのが遅くなり自由日にした。午前中に起きられるようになったのは進歩だが,夜更かし癖が直っていない。今日は早めに寝ることにした。

開発はそれなりに進んだ。

希哲時代宣言

とりあえずツイストで「希哲時代宣言」をしておいた。やはり,平成の終わりは意味の深いものになりそうだ。

主力機

最近,主力機の寿命について気になっていたが,いつ買ったものか失念していた。そこで少し昔の譜類を探し,注文内容を記録したものを見つけた。買ったのは希哲5年だったらしく,まだ辛うじて使っていて良さそうな年齢だが,性能的な問題もありそろそろ買い替えたい。

デルン以前の記録

この作業の過程で,デルン以前希哲4年希哲5年頃に Org-Mode などで付けていた記録を久しぶりに発見し,感慨深かった。

当時の大変さを思い出し,デルンの有り難みとこれまでしっかり歩んできたことを改めて確認出来た。当時のことを「知られざる成功」と呼んでみることにした。

いずれこれらの記録も描出化し,元の譜類は史料にもなりそうなので知番書庫化しておきたい。

暫定訳語

この頃,剛品柔品表示器処理器記憶器時印などあえて単純な訳語を採用することが増えた。

技巧的な訳語造りを極め,経験からこういう判断にも自信が持てるようになったのだろう。

これまで,訳語の質に拘り過ぎてカタカナ語を放置することも多かったが,こうした簡単な訳語を「暫定訳語」として実用しても良いことにした。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{執務日}{希哲13年4月下旬}{先勝}{4月27日}{土曜日}=}(7)

{希哲13年4月27日 K#F85E/A-5B28-60F5}

小学期のことをしみじみと思い出していた。いま思えば,色々な意味で良い経験だった。また一つ自分の歴史を踏み固めた気がした。

山下達郎『希望という名の光』を知り,聴き入っていた。

{自由日}{『希哲日記』}{希哲13年4月}{K13-4-26}{赤口}{希哲13年4月下旬}{4月26日}{金曜日}=}(8)

{希哲13年4月26日 K#F85E/A-5B28-B6DF}

ここ最近,過去のことについてよく考えて考え尽くしたせいか,昨日深夜,急に希哲館事業の今後について前向きな意欲が湧き上がってきた。

先日,平成中の希哲館事業の目標を達成したことになり,次の目標が漠然としてきたため収益化の期限をちょうど一ヶ月後,5月26日に再設定した。

さらに,11月1日までを下積み期間と捉え,そこまでで何らかの進展がなければ顔出しを考えることにした。

こんなことを寝る前にぐるぐる考えて疲れたせいか,11時間も寝てしまい起きたのは12時頃だった。最近ではかなり珍しい長時間睡眠だ。仕方ないので今日は自由日にした。

開発作業は久しぶりによく進み,整清も再開した。

また,証明写真を定期的に取っておくことを考え始めた。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{K13-4-25}{執務日}{希哲13年4月下旬}{大安}{4月25日}{木曜日}=}(8)

{希哲13年4月25日 K#F85E/A-5B28-9B4D}

今日も執務開始が2時間遅れたが,朝の散歩,久しぶりの陶練が出来た。

取りとめのない考え事をしてしまい作業は進まなかったが,この調子で少しずつでも規則正しい生活を根付かせたい。

この頃,もう一つの活動について時間的な焦りを感じ始めている。とにかく後悔だけはしないように,毎日最善を尽くす。

{自由日}{『希哲日記』}{希哲13年4月}{希哲13年4月下旬}{4月24日}{仏滅}{水曜日}=}(7)

{希哲13年4月24日 K#F85E/A-5B28-C37D}

昨日,計画が上手く行きそうな嬉しさからか興奮して寝つけず,睡眠不足が続く恐れがあったため今日は「自由日」として特にやる事を決めず過ごした。

これまで「自由日」を「希哲館事業に専念出来る日」として使っていたが,今日から執務日以外の日を指すことにした。思えば執務長意識改革の象徴的な変化かもしれない。

自分史

昨日の夜もそうだったが,最近,過去の記憶が蘇えってきて色々なことを考え込んでしまうことが増えた。考えないようにして止められることでもないため,いっそのこと考え尽くしてしまおうと思った。

今日は0歳0ヶ月から12歳0ヶ月まで月齢付きで描出してみるなどした。

顔出し

宇田川浩行としての顔出しでの活動を考え始めた。理由は,隠しておく必要性が低下したことと,こちらで時間を使い過ぎていること。

出来るだけ理想を追いたいが,選択肢の一つとして考えておく。

飲料制限

しばらく有名無実になっていた夜間の飲料制限,特に21時以降の水以外禁止を再開した。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{執務日}{先負}{希哲13年4月下旬}{4月23日}{火曜日}=}(7)

{希哲13年4月23日 K#F85E/A-5B28-3E0D}

執務長意識改革初日。

入眠時間はいつも通り遅かったため7時に起きることは出来なかったが,それでも9時頃には起きられた。最近思うように起きられないという問題があったが,やはり意識の違いか。

散漫になりがちだった仕事も今日はそれなりに進み,仕事が進まないことによる苛立ちや焦りもなく,一日気分が良かった。幸先がいい。

{希哲13年4月}
{}