{出振るい}{低下する}{発生していない}{心当たりがない}{一番気になった}{新規描出下書き抜控}{判別用}{Aejs_DG_rev}{長期的視野に立って}{更新方法}...=}(224)

{希哲16年5月23日の開発 K#F85E/E74C-8D2F}

輪郭選り手抜控機能整備概ね終えようやく出振るい出来た追い追い修正していけばいい程度の軽微な不具合はいくつか見つかったが,抜控機能整備についてはここで一段落とすることにした。

この出振るいにより,中途半端な実装だった輪郭選り手抜控機能一通りの機能揃った下書き抜控一覧使えるようになり,抜控把握容易になった予てから欲しかった新規描出フォーム消去復元ボタン抜控削除のため追加した18日の開発実装した描写拡縮ボタン使えるようになった。また,周辺の交度整理大きく進み,理腑としての意義大きかった

利便性信頼性向上はもちろんのこと,昨年から中途半端な状態引きずってきた当努片付いたことによる精神衛生上効果大きい昨年来他の当努本格的に着手していないか,着手して間もないので,ここから思考整理しやすくなる


抜控機能整備長引いた最大の原因は,他にやりたいこと多過ぎたことだが,これ自体も決して簡単な作業ではなかった。ただ,この間設計方針変わったり深刻な不具合気付いたりしたので,時間をかけたことで円滑に片付いたもある。

再描出知番でいいとして,新規描出をどうするか,というのは難しい問題一つだった。昨年7月28日6歩から検索語含めるようにして悪くなかったので,基本的にこれを踏襲することにした。ただし,全知検索窓から未送信検索語まで取っていたため,これを書き換える意図せず他の抜控上書きしたり消去してしまう可能性があった4月28日20歩書いた消失不具合原因だろう)。これは求頼文字列から取ることで回避した

下書き抜控一覧についても,表示条件領当てなど色々考えること多かった検討の結果再描出下書きは,検索語無し場合上部メニュー同様のみ輪郭一覧表示画面撮り新規描出下書きは,他の抜控がある場合のみ新規描出フォーム上に常に表示させることにした画面撮り邪魔になり過ぎない程度に気付きやすい。また,4月10日の開発決めた通り一覧省略などせずにそのまま表示することにした。描写部のように高さ固定することも考えたが,やはり,用合いの複雑化抜控溜め込み過ぎる懸念があるため見送った抜控溜め込み性能低下消失リスク増大(あるいはそれを補う作業コスト増大繋がる目障りになったら消化するようにしてもらいたい。

一番難しかったのは鍵仕様設計だった。一応鍵仕様変更時の更新方法考えていたが,手間考えるころころ変えるわけにもいかないので,長期的視野に立って設計する必要があった。これもなんとか落とし所見つかった一時仕様変更日時含めることを考えていたが,これは複雑化招くだけなので廃案とし,Aejs_DG_rev判別用文字列入れておくことにした。新規描出下書き抜控には自我知番含め自我切り替えにも対応した

その他,これまで描写のみ保存していたのを知名にも対応する消去ボタン復元ボタン実装する,などこまごまとした問題片付ける必要があった


出振るい後軽微な不具合がいくつか見つかったが,一番気になったのが,鍵仕様更新処理失敗だった。領下十分な手定めをしたつもりだが,本番環境では一部1回処理更新出来なかった結果的に3回実行する必要があった開発者通類localStorage内容見ても交度見返しても心当たりがない

少し迷ったが,時間が経つにつれ重要性急速に低下する部分なので,調査打ち切ることにした。最も使用頻度高い常連用者達が出振るい後普通に使えていることから,深刻な問題発生していない判断した今後同様処理書く際の注意点として記憶しておく。

=}
{最近の変化}{これこそ}{これからは}{中層}{中層の文体}{深層の文体}{表層の文体}{捉えていた}{敏感に}{今後は}...=}(107)

{希哲16年5月9日の日記 K#F85E/E74C-81EE}

昨日それなりに精神力使ってしまったので,半休にした。事務的な用事片付け組計調整出来デライト宣伝でも良い手応えがありと充実していた

引き続き6月新生デライト完成目標とするが,不測の事態想定7月まではゆとりを持たせることにした。いずれにせよ新生デライトの完成完全なデライトの成功直結する状況だ。十分な宣伝をしつつ,この期間確実に新生デライトを完成させられるかどうか。その時間配分全てがかかっている


黄金週間総括は,ちょっとした時間まとまりそうにないので,いったん断念することにした。そのうち振り返ることもあるだろう。

これまでの献典課題解消するような新しい文体出来たこと,それにより自分の中でデライト現実感ぐっと増したこと,その背景希哲館訳語なども含めて希哲館事業構想全体円熟があること,デライト一夜革命向けた本格的な伐木」が始まったのだということ,等々短い間色々な思い気付きがあった。いま文章にするには複雑過ぎる

初めてこの心境の変化気付いたのは夢の中だった。あのひどい悪夢は,大惨事起こる直前まで,最近の変化をこう前向き考えるようになったという良い夢だった。潜在意識心境の変化敏感に捉えていたのだろう。

一日一文新しい文体自然にツイストにも影響していたが,今後は一日一文ツイスト文体意識的に統一することにした。これまでいわば深層の文体中心たまに表層の文体」を使う程度だったが,「中層の文体」が加わり,これからは表層中層献典厚み増していくだろう。これこそ伐木」だ。

{落として}{良い区切り}{果すべき}{不完全さ}{気もしている}{陥りつつある}{整理しやすくなった}{詰め込まない}{固まりつつある}{具体的なイメージ}...=}(72)

{希哲16年4月20日の日記 K#F85E/E74C-060F}

だんだん調子が上がってきた

時間的余裕のあった3日時点ではぼんやりしていたが,ここに来て第四次宣伝攻勢具体的なイメージ固まりつつある

新生デライトの完成6月目標にしているため,いずれにせよ不完全状態での第四次宣伝攻勢開始となる。機能追加に関してはある程度割り切り,開発組計予告しつつ同時進行させればいいとして,高速化文書整備はやはり十分に進めておく必要がある

高速化兼ねた Cμ 文字列処理改良までは予定通り進め高速化KNEST 隠し実装文書整備という順序行くことにした。余裕があれば描写渡括輪郭小窓公開設定機能といった機能整備着手したいが,そこはあくまでも加点要素として,無理に詰め込まない

第四次宣伝攻勢最初に果すべき目的は,完璧なデライト十分なデライト見せることではなく,デライトの可能性見せることだ。宣伝攻勢終わりについては決めていなかったが,そう考えると,新生デライトの完成良い区切りになるのかもしれない。その後は,ペース落として日常化か。

新生デライトの完成目指せるようになり当努整理しやすくなった面も大きいが,また悪しき完璧主義陥りつつある気もしている。もう少し不完全さ寛容にならないと無駄に疲弊するので,良い意味気楽に行く

{希哲16年3月12日の開発}{希哲16年3月12日の進捗}{積極的な活用}{完成した}{編み出した}{面白いこと}{どちらも}{出来ていなかった}{付加的}{避けられない}...=}(143)

{希哲16年3月12日14歩 K#F85E/E74C-2A34}

進捗時限記録中略

今後の Dex 設計方針についての検討終了これから越化参照大活躍しそうだ。


まず,課題だった脚注記法実装方針について検討している内に,越化参照部区間通信活用出来ることに気付いた

部区毎に越化条件変化などがあることから,各記法解釈部区個体任せたい。しかし,脚注記法のように最上位部区との出与え共有必要記法もある。

このような場合単純に考えれば指示体通して部区個体間で変数共有するということになるが,この種の記法増えるたびに目的別指示体増やすのは設計として美しくない汎用的な変数一つ集約するのも,効率性厳密性観点から難がある

ここでふと,越化参照使えることに気付いた下位部区個体中途解釈した記法には目印となる越化参照を付け,上位部区個体変換処理完了させる

これに似た部区間通信手法Dex 初期実装から現 &_skp;使い続けているが,どちらかというと「邪道」だと感じていたため,意図的に応用範囲広げなかった紆余曲折を経て,これが一番単純性効率性保守性バランスが良いということが分かった

これで脚注記法目次記法実装容易になった。他にも,輪郭情報参照必要記法など,部区間通信必要場面全般越化参照活用出来るだろう。


もう一つ,処理済み対象識別に関しても進展があった。

1月21日4歩で,&_tgt;&_fin; のような目印付加することを考えていたが,付加的越化参照では結局正規表現の複雑化避けられないため,実用化出来ていなかった

昨日終えた客体表現への書き換えDex 初期実装交度整理している時,再置換避けるため記法一部越化参照当時の疑似実体参照置換する手法使っていたことを思い出した。これもあまり積極的に応用範囲広げなかった手法だが,思っていたより合理的であることに気付いた

例えばhttp&_http; のように一時的に置換してしまえばいい。考えてみれば単純なことだが,灯台下暗しのごとく単純なこと真価理解するには時間がかかるということを改めて学んだ経験不足だと,どうしてもより高度そうなことに目移りしてしまう。


面白いことに,どちらも原点回帰のような発見だった。

直感編み出した Dex 初期実装手法再評価する十分な経験出来たこともあるが,「越化参照」という概念完成し積極的な活用考えられるようになったことも大きいのだろう。中途半端だった「疑似実体参照」から発展したのはつい先月のことだ。

{希哲館事業}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月22日}{希哲16年2月22日の開発}{希哲16年2月22日の進捗}{担わせる}{4ja}{有名無実化}{意識しない}...=}(159)

{希哲16年2月22日9歩 K#F85E/E74C-BABF}

進捗時限記録中略

kitetu.comサブドメイン設計についての検討終了

今後デラングのように独立して参照出来るべき献典には積極的にサブドメイン与えていくことにした(例:dlng.kitetu.com


デラング的転回同時にデラング文書dlng.kitetu.com与えることを決めたが,これを機に知番SLFS 等々の公式文書にもサブドメイン与えることを考え始めた

これまでサブドメイン追加には消極的で,例えば技術系献典tech.kitetu.com集約することを考えていた。ただ,この手の URL 設計は,運営者にとっても閲覧者にとっても直感的でなく情報過多になりやすい上,階層的な整理難しいことも多々あり,変更に弱く参照可能性の低い URL が出来がちであるという問題があった。

こういう場合対策として,経験上最短原則」が最善であることは分かっていて,最近駒手にせよ各種識別子にせよ知名最短知名原則にせよ最短化する流れにある。サブドメインについてもこれに従うことにした。希哲館事業要素全て kitetu.com階層下にある,ということだけは確かだ。もちろん,これとは別に,階層的な情報源もあった方がいいので,そこは tech.kitetu.com などに担わせる

献典ドメインとしての独立性統一感同時に持たせられるのだから,むしろ,ここからがドメイン名統一本領発揮になりそうだ。

2文字サブドメイン問題解決

サブドメイン活用していく上で,一つ,「2文字サブドメイン問題」とでもいうべき問題があった

例えば,サブドメイン与えるなら cu.kitetu.com とするのが自然だが,CUキューバ国家符号だ。

ドメイン名統一によって ccTLD使わなくなっているため,将来的に地域別ドメイン欲しくなった時にはサブドメイン使うことになる。2文字サブドメイン使用避けるべきかもしれない,と考えていたキット*メーネmn.kitetu.comモンゴルMN被っているのが少し気になってはいた

ただ,その懸念も「もやもや」の域を出ていなかった明らかに紛らわしいサブドメイン最初から使わないので,被るとしたら普段意識しないようなものだ。被ったとして,ドメインハックccTLD有名無実化している今,そこまで神経質になることでもないだろう。そんなことのために,わざわざ不自然な表現もしたくない。とはいえ,サブドメイン選択肢多い越したことはない

そこで,国家符号表す何らかの接子導入考えたFacebook のように,ja-jp言語符号付きを基本として,言語符号がいらない場合は x-jp のように表記出来るようにするかとも考えたが,少し野暮ったい

最終的に4 接頭子導入する方向検討進めることにした。例えば,キューバ向けのドメイン4cu.kitetu.com として cu.kitetu.com区別出来るようにする。衝突しなければ 4 接頭子省略してもいいし,4ja のように言語符号に代えられてもいいだろう。4ja-jp のような表現が出来てもいい。これなら十分な簡潔性柔軟性兼ねられる

例えば 4jp.kitetu.com なら www.kitetu.com変わらない標準的な長さだし,むしろお洒落感すらあるので,これで統一して,4 接頭子無しは転送用にしてもいいくらいかもしれない。

いまのところ地域別ドメイン必要は感じておらず,将来的に必要になるかもしれない,という程度の問題なので,細かいこと追い追い決めるとりあえず理論上すっきりしたので良かった

=}
{色見本}{色見本記法}{進捗記録}{希哲16年2月21日}{略す}{希哲16年2月21日の開発}{希哲16年2月21日の進捗}{まとめたい}{同時指定}{表記し分ける}...=}(52)

{希哲16年2月21日13歩 K#F85E/E74C-37C1}

進捗時限記録中略

色見本記法と,タグ記法にも応用出来る広義の色記法」について少し進展があったのでまとめて終了

色記法に関しては,背景色前景色をどう表記し分けるかが課題だったが,色見本記法でどうせ %使うのであれば,同時指定[fg]%[bg] として,それぞれ [fg]%%[bg]書けるようにするのが良いかもしれない。

さらに,[fg]%[fg]してもいいことにし,CSS との整合性考え ;区切り文字として使えるようにすれば,%[bg];[fg] のようにも書ける色見本%[bg]%書けるとすれば,%[bg];[fg]%短縮形ともみなせる

この考え方なら,十分な柔軟性明示性持たせられそうだ。以下のような記法概ね整合的解釈出来る。

%black%    <!-- 小さな色見本を表示 -->
%%`black`  <!-- 指定内容の前に色見本を表示 -->
`black`%%  <!-- 指定内容の後に色見本を表示 -->

%%`black;white`%% <!-- 大きな色見本を交度付きで表示 -->

%%black;white
白文字に黒背景
%%

<{white%black}>白文字に黒背景</>
<{white;%black}>白文字に黒背景</>
<{%black;white}>白文字に黒背景</>
<{black}>黒文字</>
<{black%}>黒文字</>
<{%black}>黒背景</>

ただ,まだ確信には至っていない。もう少し煮詰める必要がある

色見本記法がどれだけ必要とされるかは分からないが,デライト装体調整有用なことは間違いないので出来るだけ早くまとめたい

=}
{出振るい}{進捗記録}{分かる}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{確信が持てなかった}{領当て}{ずらせない}{他要素}{空間的に}...=}(122)

{希哲16年2月9日15歩 K#F85E/E74C-ABAC}

進捗時限記録中略前後

デライト装体調整昨日7歩に関する整理終了

見出し段落よりも横幅両端0.5remずつ広げ区切り線<hr>段落よりも0.5remずつ狭めることにした見出しと区切り線装体・幅調整後

当初見出し下線区切り線見分けやすくするために,区切り線両端1emずつ狭める形にしかけたが,試しに出振るいしてみたこの形が想像以上しっくり来たので,基本方針として採用してしまうことにした。

文書構造視覚的にぐっと把握しやすくなった


段落に対して僅かに字上げするような見出し装体昔から気に入っていて,現状でも「はじめに」などのデライト文書<h2>1em<h3>0.5em字上げされている長らく更新していないため描写内見出しとは全体的に乖離している)月庭でどうしていたか忘れたが,特に理由がなければ似たような装体採用していたはずだ。

やはり,見出し直感的に把握しやすいのが大きな利点だが,描写内見出し採用出来なかった理由として,無駄な余白生じやすいという領当て上の問題大きかった。特に,諸場対応から強く意識するようになった幅狭領当てでは小さくない問題だった。

今回実験意外だったのは,全ての描写内見出し0.5remずらすだけでも十分な視覚効果得られたことだった。これなら,他の装体そのままに,見出し装体マージン削るだけで一応実現出来る。

そのうち領当て上の問題起きたとしても,幅狭領当てでは0.25emにするとか区切り線だけ調整するとか,調整やりよういくらでもあるので,基本方針としては問題ないだろう。


これだけ見出し分かりやすくなれば,区切り線短くする必要はないかとも考えたが,これはこれであった方がメリハリが付いて良い従来の他要素同じ長さだと,やはり直感的に区切りの大きさ把握しにくい

新装体なら,見出し見比べるまでもなく,見出し未満小さな区切りであることが分かる

空間的に見出しずらせない場合の備えにもなる。


昨日眠気が強い時間帯思い付いたのでこの新装体良さ確信が持てなかったが,認知機能低下している時に分かりやすい思ったのだから,分かりやすさに関しても間違いないだろう。

{十分な}

{}