{希哲16年1月27日13歩}{漢字一字}{見越した}{訳されている}{伝わりにくい}{意味が狭い}{新たに}{使いやすそう}{平たく}{掴みにくい}...=}(106)

{希哲16年1月26日17歩 K#F85E/A-E74C-79F5}

進捗時限記録中略前後

長いこと決めかねていたソースsource暫定訳語として「素出そしゅつ」を採用することを検討決定して終了

希哲8年12月13日には「素成そせい」という訳語描き出していたが,なんとなく使いにくく,ほとんど使わなかった

ただ,このから,どの道」で始まる訳語になるだろうということは確信していたため,「素交ソース コードや「素譜ソース ファイルという略語の形では比較的よく使っていた。このように,他の訳語組み合わせ略した時などに分かりやすい利点大きかった。「オリジナル」の区別しにくい原〜」などと差別化しやすく,音写性申し分ない

素出」は希哲12年2月27日描き出していた案だが,これらの略語間に合うことが多かったこともあり,採用にはいたっていなかった。最近デラング整備の中で単純にソース対応する訳語欲しい思うことが多くなっていたので再検討してみることにした。

素泉」「素種」「素資」等々のもあったが,どれも一見して意味掴みにくい新たに素書」という案を考えてみたが,これも若干意味が狭い。それに比べると,「素出」は平たくソース全体訳語として使いやすそうだ。

素出」で特に問題なさそうだが,まずは暫定訳語として使ってみて,上等訳語とするかどうか決めることにした。


ついでに,「オープンソース」のオープンをどう訳すかも考えた。「大触れ」というもあったが,伝わりにくいだろう。

平たく表現するなら,「公開」は誤解の余地が大きいので「開放」しかなそうだ。あまり使わなかったが,希哲14年1月頃,「開素」をオープンソース暫定訳語としたことを思い出した。これも「」で始まるソース訳語見越したもので,やはりオープン漢字一字表すなら「」以外ないだろうと考えていた

答え合わせ感覚中国語での調べてみると,やはり〈开放〉訳されている

とりあえず,オープンソースは「開放素出」とし,「開素」はその省略形位置付け直すことにした。

{音写性}=}(1)
{常軌を逸する}{越軌}{希哲14年6月28日}{希哲14年6月28日のツイスト}{上等訳語}{エキセントリック}{ツイスト}{音写性}{連想}{秀逸}...=}(13)
{仕衣}{希哲14年4月7日}{希哲14年4月7日のツイスト}{ツイスト}{音写性}{}{単純}{}{シェル}=}(9)

{あれK#F85E/A-5B28-B81D}

シェルはやっぱり「」の意を中心に置いて単純にまとめたいが,それと音写性を両立させるとなると正直「仕衣」以上のがあるのか,今のところ思いつかない。あるいはもう少し音写性を妥協すべきか……。

=}
{希哲館訳語}{希哲14年3月24日}{希哲14年3月24日のツイスト}{ツイスト}{音写性}{妥当性}{必要}{翻訳語}{}{語釈}...=}(11)
{希哲館訳語}{希哲14年1月21日}{希哲14年1月21日のツイスト}{置き換える}{カタカナ外来語}{ツイスト}{音写性}{連想}{重視}{翻訳語}...=}(13)
{音写性}
{}