{最近の変化}{これこそ}{これからは}{中層}{中層の文体}{深層の文体}{表層の文体}{捉えていた}{敏感に}{今後は}...=}(107)

{希哲16年5月9日の日記 K#F85E/E74C-81EE}

昨日それなりに精神力使ってしまったので,半休にした。事務的な用事片付け組計調整出来デライト宣伝でも良い手応えがありと充実していた

引き続き6月新生デライト完成目標とするが,不測の事態想定7月まではゆとりを持たせることにした。いずれにせよ新生デライトの完成完全なデライトの成功直結する状況だ。十分な宣伝をしつつ,この期間確実に新生デライトを完成させられるかどうか。その時間配分全てがかかっている


黄金週間総括は,ちょっとした時間まとまりそうにないので,いったん断念することにした。そのうち振り返ることもあるだろう。

これまでの献典課題解消するような新しい文体出来たこと,それにより自分の中でデライト現実感ぐっと増したこと,その背景希哲館訳語なども含めて希哲館事業構想全体円熟があること,デライト一夜革命向けた本格的な伐木」が始まったのだということ,等々短い間色々な思い気付きがあった。いま文章にするには複雑過ぎる

初めてこの心境の変化気付いたのは夢の中だった。あのひどい悪夢は,大惨事起こる直前まで,最近の変化をこう前向き考えるようになったという良い夢だった。潜在意識心境の変化敏感に捉えていたのだろう。

一日一文新しい文体自然にツイストにも影響していたが,今後は一日一文ツイスト文体意識的に統一することにした。これまでいわば深層の文体中心たまに表層の文体」を使う程度だったが,「中層の文体」が加わり,これからは表層中層献典厚み増していくだろう。これこそ伐木」だ。

{用者}{希哲16年4月28日の進捗}{気を取り直す}{頭に入っていた}{外して}{書き上げた}{引っかかった}{執筆効率}{起こった}{連続多量握接}...=}(61)

{希哲16年4月28日20歩 K#F85E/E74C-4FDB}

{強い自由民主主義}{重圧感}{麻痺している}{不思議と}{出来ないこと}{付け入る隙を与えない}{招いた}{脆弱さ}{運命を感じる}{もじった}...=}(109)

{希哲16年3月6日の日記 K#F85E/E74C-F72B}

定休日のため無理をしない程度作業をしようと思っていたが,一日思いのほかぼーっと過ごせた最近休むに休めないことが問題だったので,少し安心した久しぶりにぶらぶらサイクリング出来た

脳爆発整理をつける糸口が掴めたことでだいぶ気が楽になったようだ。

第四次黄金状態では脳爆発抗わずむしろ促進してしまった方が良い,と考えてからしばらく上手く行っていたが,こう脳爆発続くと,噴煙視界が悪くなるように頭の整理出来なくなってくる

これが心理的負担だったようで,最近生活習慣乱れがちで,心身の調子概ね良好ではあるものの黄金状態というほど冴えてもいない,という微妙な状態続いていた

大輪郭整備経て脳爆発完全に利用出来るようになれば,今度こそ本当に第四次黄金状態物にした言えるだろう。


ウクライナ侵攻についても,初めてまともに考えることが出来た。侵攻始まった2月24日は,ちょうど新しい脳爆発連鎖起き始めたで,まともに考える余裕無かった

20代のころロシア史熱心に勉強して,『ラドガに到着したリューリクと兄弟達』希哲館素材絵画にしたり,虎哲並ぶ新交通機関構想リューリクもじった竜力」という名前を付けたりしていた私にとって,運命を感じる事件ではあった。

そして,あの英米政治危機から顕在化した自由民主主義脆弱さ招いた結果だ。私に出来ることは,知識産業革命成し遂げ希哲民主主義確立し,独裁者付け入る隙を与えない強い自由民主主義作り上げることしかない。私にしか出来ないことでもある。

ジパング計画にもいよいよ猶予無くなってきたが,もう麻痺しているのか,不思議と重圧感無かった


7日振り返り日記

{初めて}

{}