{場筋}=}(1)
{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月7日12歩}{希哲15年2月5日}{独自アイコン}{自我アイコン}{検索演心教育}{吊るし検索}{自輪郭検索}{不格好}{厳密化}...=}(26)

{希哲15年2月5日の開発 K#F85E/A-E74C-211B}

自輪郭検索厳密化作業に入る。

細かい問題は概ね修正したが,吊るし検索との調整に難しい部分があったこと,意外に現行仕様も悪くない気がしてきたことでいったん保留することにした。

右上の×に自輪郭検索を反映させようとしていたが,よく考えてみれば自輪郭検索に戻るのは自我アイコンから出来るので現行仕様で十分かもしれない。これは独自アイコンにしてみたことによる心証の変化か。

その他,場筋の問題で機能しない部分が多くあった正規 URI 経由の輪郭ページ修正正常化するなどした。これのせいで外部サイトで正規 URI を紹介出来ず不格好だったので良かった。ついでに長らく設定していなかった canonical も設定し,検索演心教育上の効果も見込める。

自我アイコン設定機能実装再開する前に片付けておきたかった細々とした問題は片付いたため,明日から再開する。

{画像補完}{希哲14年9月24日の開発}{視覚効果}{.x2_b}{.hl_b}{希哲14年9月24日の進捗時限}{希哲14年9月24日の進捗}{希哲14年9月24日}{デライト用合い改良}{場筋}...=}(27)

{希哲14年9月24日11歩 K#F85E/A-5B28-F518}

デライト用合い改良

途中で終了。

画像の取り扱い方法について検討。

マウスオーバー時の画像切り替え視覚効果なので下装書で済ませたかったが,下装書を絡ませるとかえって複雑化しいずれにせよ美しくない。特に場筋重複記述は避けたい。

ここは単純な img 要素スクリプト補完するのが一番簡潔に済みそうだ。

ついでに,srcset 属性の記述も面倒臭かったため,どちらも .x2_b.hl_b といった分類名を与えて Aejs で一律制御してしまうことにした。

{自我}{希哲14年8月13日の開発}{自我輪郭}{希哲14年8月13日の進捗時限}{希哲14年8月13日の進捗}{希哲14年8月13日}{デライト離立補完終結}{自我ページ}{仕様検討}{場筋}...=}(28)

{希哲14年8月13日6歩 K#F85E/A-5B28-4D52}

自我ページ仕様検討

ひとまず,自我知番で特定自我輪郭検索出来るようにし,その検索結果自我ページ代用としておくことにした。

輪郭ページのように正規 URI同一視させることも考えたが,場筋が変わってしまうので面倒かもしれない。

将来的には,自我輪郭のように扱える自我輪郭導入したいが,実装だけでなく概念整理必要になってくるため,デライト離立補完終結後に取り組むことにした。

=}
{希哲14年8月9日}{希哲14年8月9日のツイスト}{通類}{譜類}{場筋}{捌き手}{デライト}{ツイスト}{領下}{ブラウザ}...=}(14)
{場筋}{inq}=}(2)
{場筋}
{}