{希哲15年6月30日11歩}{見やすい}{複雑な表}{間延び}{半角文字列}{letter-spacing: 0.1em}{letter-spacing: normal}{希哲15年6月30日の進捗時限}{希哲15年6月30日の進捗}{希哲15年6月30日}...=}(49)

{希哲15年6月30日10歩 K#F85E/A-E74C-5A0D}

一日一文の途中で,ふと描写選り手letter-spacing が気になり,調整してみた。

知名欄描写欄ともに letter-spacing: normal様子見することにした。これまでは letter-spacing: 0.1em が設定されていた。

一昨日表組み記法仕様検討で,半角全角混じりでは等幅フォントでも厳密に文字が揃わないことに気付いたが,この主な原因letter-spacing だった。全角1字に対して半角2字では1つ分の字間が余ってしまう。

CSS だけで簡単に解決する方法は無さそうなのでどうしようかと思っていたが,「日本はどう逆転するか」を書きながら選り手を眺めているうちに,意外字間が無くても良いかもしれないと思えてきた。

そもそも選り手では知番をはじめとして記号的半角文字列が並びがちになるため,これにいちいち字間が開くとかなり間延びして見える。間延びすれば当然行数も増え,全体把握しにくくなる。字間を無くしてみるとがぎゅっと凝縮されて意外と視認性は悪くない。縦に文字が揃いやすくなり,より整然として見える。

実は表組み記法仕様検討の際,少し複雑な表を作ろうとすると選り手横幅が足りないのではないかという気もしたが,字間が無ければこの問題も多少は軽減する。

交度部区ではもともと字間を開けないようにしていたが(たまたまそうなったのか,あえてそうしたのかは忘れたが,交度でもやはり横に間延びするのは問題),これと整合的になり,交度も書きやすくなるだろう。

知名欄も,少し長くなると横幅が足りなくなると感じていたため,同じ設定にしておいた。

そもそも編集欄にも字間を設定していたのは,その方が見やすいはずだという思い込みによるところが大きかったので,これに気付けたのは収穫だった。

=}
{希哲15年6月18日の日記}{うっすら}{見返す}{出典記法}{折り畳み記法}{差分記法}{注意書き記法}{希哲15年6月18日}{自己累新}{描写埋め込み}...=}(51)

{希哲15年6月18日の開発 K#F85E/A-E74C-080F}

デラング整備埋め込み部区実装,その他記法仕様検討など。

気になっていた細かい不具合修正を済ませ,描写埋め込み拡張子のみでの添付譜類ファイル参照実装に入れた。


ひょんなことから,急速定表テーブル記法実装方針が出来た。

最近の輪郭整備月庭の公開描出見返すことが多くなり,何となく「C++ウェブ開発向けライブラリ」を見ていると,どうも定表記法らしいものを使っていることに気付いた。昨年デライト公式デルン初描出の日として参照していたが,その時はデラング整備視野に入ってない頃だったせいか気にしなかった。

すっかり忘れていたし,DIL 0.2交度にも残っていないので,DIL 0.1 か,そんな概念もないデルン最初期実験的実装して間もなく自然消滅したのだろう。

そんなことを考えていたら,当時の実装記憶うっすらり,するする実装方針が出来上がった。1日もあればそれなりの形になりそうだ。これも自己考古学自己累新ルネサンスか。

定表記法は個人的にあまり使う機会が無く,デラング整備でも後回しにしてきた。とはいえ,標記マークアップ言語では目立つ記法の一つなので,これが出来ないことにはデラング整備を終えるわけにもいかない,というところだった。これで一気にデラング整備の終結が近付いた。


これをきっかけに,注意書き記法折り畳み記法差分記法出典記法などその他細々とした記法仕様検討も進んだ。

{希哲15年5月の月記}{充実した一日}{見比べる}{まずまず}{途中経過}{デラング}{大きな節目}{希哲15年5月15日}{希哲15年5月中旬}{振り返り日記}...=}(28)

{希哲15年5月15日の日記 K#F85E/A-E74C-7E4A}

下の宮参りついでに姉夫婦遊びに来ることになっていた日で,ちょうど週末でもあったため,半休にしてのんびり過ごした。おば達も来て,よく姪達を可愛がってくれた。

気が散ることは分かっていたのでこの日の開発には期待していなかったが,それでも進捗はそれなりに出て,デラングにとって大きな節目となった。中旬途中経過としてはまずまずだ。

昔の交度DIL 0.2と今の交度デラング見比べ,その進歩ぶりに感動したりしていた。

思いのほか何かと充実した一日だった。

16日振り返り日記

{交度}
{}