{希哲13年1月12日}{希哲館 Unix 拡張標準}{知機 Unix 相互運用標準}{希哲13年1月12日のツイスト}{ツイスト}{Synx}=}(6)
{希哲13年1月12日}{希哲館 Unix 拡張標準}{KUIS}{相互運用}{クイズ}{知機標準}{知機}{Unix}{Synx}=}(9)

{知機 Unix 相互運用標準 K#F85E/A-4686-37B8}

Knower-Unix interoperation standard,KUIS(クイズ)。

希哲13年1月12日Synx に対してそれまで使っていた「希哲館 Unix 拡張標準」よりも厳密な表現として採用。知機標準の下位概念であることが分かりやすい。現時点では Synx の副題程度の意味しかないが,必要になれば Synx 意外も包摂出来る上位概念としてもいい。

{Unix 改革}{希哲館 Unix 拡張標準}{知機 Unix 相互運用標準}{Unix 累新}{σ計画}{Dialektix}{シンクス}{相互運用性}{μ過程}{希哲館標準}...=}(13)

{Synx K#F85E/A-23BE}

Synx(シンクス,SYNic Computing Service=SYNCS から)は,Unix 流 OS の基本構成・運用に関する希哲館標準である。

虎哲(#F85E/A-5B78)の初期段階で Unix 流 OS を基礎にするために整備しているもの。

次世代ハードウェア構想である Uniz(#F85E/A-3585) とともに「Synx/Uniz」(シンクス・ユニッツ)と呼ぶ。

名称

当初,Unix の語源である「UNiplexed Information and Computing Service」をもじって「SYNthetic Information and Computing Service」,略して「Synix」(シニックス)としていた。

2012年12月1日より,関連概念の整理とともに「Synx」(シンクス)とした。