{希哲13年3月8日}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}{台録構造}{Unix 流}=}(5)
{希哲13年3月8日}{createuser}{希哲13年3月8日のツイスト}{bin/}{ツイスト}{駒手名}{PostgreSQL}{/usr/bin}=}(8)
{場筋}{希哲13年3月8日}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}{/opt/bin/}{$PATH}{/opt/}=}(7)

{あれK#F85E/A-4686-36D1}

やはり,$PATH/opt/ 以下の場筋(パス)をいちいち追加していくのは美しくない。特に必要が無ければ /opt/bin/ 等を使って欲しいのだが,意外と気軽に $PATH を汚す解説が多い。

=}
{希哲13年3月8日}{昼夜逆転}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}=}(4)
{持ち辺}{希哲13年3月8日}{あれ}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}{駒手欄}{ウェブ}{ウィジェット ツールキット}=}(8)

{あれK#F85E/A-4686-B198}

いまどきの若者が駒手欄(コマンドライン)の論組(プログラム)で持ち辺(モチベーション)を維持するのは難しい。かといって,ウィジェット ツールキットを最初から教えるのは,切り分けや癖,将来性の問題など考慮すべきことが多すぎて避けたい。ウェブ周りの規格も単純明快とはいえないが,それでも分かりやすく動くものは作りやすい。

=}
{相振り}{論組}{希哲13年3月8日}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}{ウェブ標準}{GUI}{CGI}=}(8)

{あれK#F85E/A-4686-FFD9}

昔から,論組(プログラミング)の学習や研究に最適なのは CGI だと思っている。理由は,言語の入出力と文字列操作という基本中の基本,そしてウェブ標準という開かれた規格に基いて,十分効果的な相振り(アプリ)が作成出来るからだ。複雑な GUI ライブラリを組み込むよりはるかに見通しが良く,論組の本質を掴みやすい。

=}(1){あれ}
{希哲13年3月8日}{希哲13年3月8日のツイスト}{ツイスト}{希哲社}{}{CrossBridge}{ActionScript 3}{Flash}{C/C++}=}(9)
{盤本}{希哲13年3月8日}{ガラケー}{希哲13年3月8日のツイスト}{能法}{ツイスト}{陳腐化}{Flash}{ウェブ アプリケーション}=}(9)

{あれK#F85E/A-4686-5932}

基本的に私はウェブアプリを最重要視してきたのだが,その理由は盤本(プラットフォーム)依存を避けて,発信力を得つつ主体的に能法(ノウハウ)を蓄積出来るからだ。換言すれば,そう出来るような技術選択に努めてきた。だから例えばガラケーFlash のような技術の陳腐化も上手く回避出来た。

=}
{希哲13年3月8日}{ガラケー}{希哲13年3月8日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{ウェブ}=}(6)
{Android}{希哲13年3月8日}{希哲13年3月8日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{開発環境}{布陣}{キラーソフト}{ウェブ}{GNU/Linux}...=}(11)