{here()}{希哲13年1月11日}{Synx シェル函数}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}{$PATH}{source}{Synx}=}(8)
{here()}{希哲13年1月11日}{シェルスクリプト}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(5)
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)

{あれK#F85E/A-4686-CD49}

前掲の文章を書いたころにも言っていたことなのだが,「どこでもやっていることだろう」というのは,出るところに出てしまったら通用しない理屈なので,問題を大きくされるのは日本にとってはかなり痛い。で,その問題を大きくする動機を今のフランスは持っているかもしれないと。不正招致が公然となった五輪で「美しい日本」とか言ってられないのも事実だし。

=}
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)

{あれK#F85E/A-4686-EF64}

今回の件,ゴーン問題への報復という見方もあるが,動機が何にせよ,五輪のイメージを考えると声が大きくなれば無視出来ない問題になる。これまでお互い様,「言いっこなし」で来た巨大利権の闇の部分をつつき始めてしまった。これは泥沼だな。

=}
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}{2020年東京オリンピック}=}(4)

{あれK#F85E/A-4686-9BF3}

東京五輪の不正招致疑惑,かなり前から報じられていたにもかかわらず,何事もなかったかのように「夢の五輪」という語られ方ばかりしているのは気持ち悪かった。事が大き過ぎると人は問題を直視出来なくなるという好例。いずれにせよ,白黒はっきりさせることだな。

=}
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)

{あれK#F85E/A-4686-F44C}

で人の気持ちは買えるかもしれないが,それで買えるのは所詮金で動く程度の人の気持ちでしかないので,まあ見ていてあまり絵面の良いものではない。

=}
{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}=}(3)
{譜類}{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日のツイスト}{ツイスト}{同一性}=}(5)

{あれK#F85E/A-4686-A52C}

譜類(ファイル)の同一性って何だろうと時々思う。例えば example.txt という譜類があちこちに複製されると,それらは「同じ譜類」と意識されている。内容が変更されるとそれは別の譜類になる。でも,example.txt という名前で内容がたまたま同じの譜類があっても,複製元が別ならそれは別の譜類だ。

=}