{考えていたら}{頑張るしかない}{今は}{得意な}{なんとも言えない}{望んでいない}{気楽な生活}{振り返ってしまう}{自分の人生の歴史}{一夜革命構想}...=}(100)

{希哲16年5月10日の日記 K#F85E/A-E74C-D7F5}

まだ若干脳疲労感残っていたため引き続き半休にした。明日姪達預かることになっているので,明日まで半休にして生活律動調整をすることにした。思えばこの上旬だけでも色々なことがあった。「平常心」という言葉最近よく意識しているが,それくらい冷静でいることが難しい状況だ。

現状新生デライト開発迷い無いし,デライト宣伝効果にも十分期待出来る。あとは生活律動適切な時間配分高進捗維持出来るかどうかだ。いつものことながら,こういう状況弱い一寸先は闇という状況では平然としていられるのに,見通しが良く,あとは地道に努力するだけ,となると急に気持ちぐらついてくる。それはここまでやって来られた理由でもある。

日々やるべきことやるだけそれだけで,23ヶ月以内のデライトの完全な成功視野に入る。それは,世界初の実用的な知能増幅技術商業的成功であり,とりもなおさず世界史上最大の成功だ。極端過ぎるが,その極端さ狙ったのが希哲館事業発足以来の一夜革命構想なのだ。そんなことを考え出すと,希哲館事業の歴史自分の人生の歴史までしみじみ振り返ってしまう

本心では,気楽な生活との別れ望んでいるような望んでいないような,なんとも言えない気分。それに子供の頃から苦手既定路線決して得意な状況ではない。ただ,もっと若い頃違って今は強い義務感がある。やりたいかどうかではなく,やるべきかどうかで考えられる頑張るしかない

……色々なこと考えていたら結局夜更かししてしまった。明日はこれを利用して早く寝ることにした。

11日振り返り日記

{葛西臨海公園サイクリング}{希哲16年4月10日の副日記}{感慨深かった}{いままで}{近便}{退屈さ}{広いだけ}{多彩さ}{移動速度}{大き過ぎない}...=}(92)

{希哲16年4月10日の散歩 K#F85E/A-E74C-51E1}

11時頃から葛西臨海公園若洲海浜公園夢の島公園辰巳の森海浜公園などを巡って17時過ぎ帰った道に迷うことが多かったせいもあり,昨日最長記録大幅に更新し,約48.1km走った

休日なので少し遠い辰巳の森海浜公園目指して出発したが,葛西臨海公園り,荒川河口橋越えたあたりで勘違いして曲がってしまい,若洲海浜公園着いた。ここはここで海が綺麗見える良い公園だった。植物見るなら葛西臨海公園十分だったので結果的には良かった

見ながらり,15時頃,少し懐かしい辰巳の森海浜公園休憩したデライト正式離立前に何度か訪れ計画を練った思い出があり希哲13年10月7日の散歩記録なんだか感慨深かった近便適当に買ったもので食事を取再開葛西臨海公園ぶらぶらしてから帰った

他の大きな公園走ってみたことで,葛西臨海公園サイクリングコースとしての優秀さ再確認した小さ過ぎず大き過ぎない敷地見所凝縮されていて,自転車移動速度に対する景色多彩さ絶妙だ。ただ漠然と広いだけ公園感じる退屈さ無い希哲荘からの距離運動には最適で,恐らく最高の場所だろう。徒歩行くことが多かったので,いままでこの真価気付かなかった

{需要がある}{地味ながら}{厳密に考える}{見分けが付く}{開いている時}{実装出来た}{現仕様}{万能ではない}{`resize: vertical`}{高過ぎず}...=}(115)

{希哲16年3月30日の開発 K#F85E/A-E74C-7061}

描写欄高さ問題きっかけ自動リサイズ機能字数計実装出来た。ほか装体調整など。

出振るい済み

自動リサイズ機能

旧輪郭選り手では,描写欄出放り高さ新規描出フォーム10em再描出フォーム15emとしていたが,新輪郭選り手ではたまたま15em統一されていた画面撮り10emでは長文書きにくいのでこれはこれでいいかと思ったが,やはり新規描出フォーム一言だけや知名だけの描出使うことも多いためこの高さでは邪魔臭い

ここで,予てからぼんやり検討していた自動リサイズ機能導入考えた一応 resize: vertical設定してあるが,万能ではない10emから20em程度までの範囲で,改行毎に自動リサイズさせる。導入予定字数計では字数情報必要になるため,一緒に行数保持させることにした。

実際に試してみると,1em刻みでも2em刻みでも違和感があったため,10emから19emまで1.5em刻みリサイズするようにした画面撮り初期状態最大自動リサイズ19emだと個人機でも低過ぎず高過ぎずスマートフォン縦向き柔品キーボード表示させてもちょうど収まる程度の高さになる。折り返し多い1行もありうるため,厳密にするなら字数考えるべきだが,とりあえずはこれで様子を見ることにした。

再描出フォームに関しては,さほど目立つものでもなく,描写部高さ合わせて描写欄開くようになっている現仕様悪くないので,現状維持様子見しておく。

字数計

字数行数保持出来たことで字数計難無く実装出来た描出ボタン時印左側邪魔にならないように表示させてみた字数計の様子

下見字数分けようかと思っていたが,下見開いている時下見字数置換すれば十分であることに気付いた一応見分けが付くようにに「」を付けるようにした。

これも,厳密に考える特殊な文字符号などを考慮する必要があるが,キリがないのでとりあえず .length による概算でよしとしておく。

字数計は,地味ながら意外に需要があることを市場調査通して知った自分でもたまに欲しくなることがあった。

{十分}

{}