{第二次知番改良}{希哲16年6月16日の開発}{希哲16年6月16日の進捗}{優先すべき}{柔軟に}{有効な場面}{控えている}{ページ内容}{実装出来る}{削除していく}...=}(80)

{希哲16年6月16日5歩 K#F85E/E74C-2C3A}

進捗時限記録中略

KNEST 隠しについての実装作業方針検討終了

第二次知番改良での交度出場整理経てKNEST 隠し実装イメージ急速にまとまってきた

まず,輪数隠しについては「輪数取得改良」として出場設計見直し含めた包括的な実装方針出来ている

課題だった共通の出与え構造については,任意隠し出与え更新時印持たせた map_ と,更新時印として本体set_持たせた map_基礎とすることを決めた。これで古い隠しから削除していくような処理簡単に実装出来る

探索効率保存効率単純性柔軟性兼ね備えた実装なかなか見つからなかったが,これで解決した昨年4月12日10歩から,「浮上式隠し」として独自の出与え構造考えていたものの,それも課題多く再考せざるをえなくなっていた。

昨年9月から最優先実装することを考えていた HTML 隠しについてはいったん後回しにすることにした。公開設定機能など,自我によってページ内容大きく変わる機能実装間近控えているテンプレート保存するにしても,有効な場面限られる柔軟に利用出来る輪数隠し自我隠し輪郭隠し優先すべきだろう。

{処理}

{}