{戦略的蓄積}{希哲13年1月8日}{いっせんばんしゅう}{万集}{一選}{厳選と総集}{希哲社の戦略}{一君万民}{縁起}{希哲館事業}...=}(14)

{一選万集 K#F85E/A-4686-9F65}

希哲13年1月8日,「選択と集中」の究極形を表す用語として考案。これ以前に「厳選と総集」という用語を造っていたが,「選択と集中」を連想させつつよりイメージに近い語を探していた。

希哲館事業のイメージによく合い,「一君万民」のように単純で理解しやすい造語でありながら,考案時点で Google 検索では一件も該当しない理想的な語といえる。

参考描出

{}{描出}{宇田川の用語}=}(3)
{枢軸時代}{宇田川の用語}=}(2)
{希哲15年6月7日の日記}{身体感度の鋭敏化}{頭脳の活性化}{心身の理想状態}{高揚感}{多幸感}{デライト開発}{美容学}{持続}{黄金}...=}(12)

{黄金状態 K#F85E/A-4686-54C6}

心身の理想状態”を指す宇田川の用語

後に「第一次黄金状態」と呼ぶことになる当初は,状態理想的で,外見的光り輝いて見えるような程度のことを指して使っていた。自然と気分も良い状態ではあるが,あくまでも美容上の目標という感じだった。

デライト開発に取り組み始めてから,頭脳の活性化身体感度の鋭敏化高揚感多幸感持続など精神面でも理想状態が得られるようになり,これを「新黄金状態」と呼び始めた。

当初の新黄金状態は苛立ちやすく硬直的だったが,後に穏やかさ柔軟さを伴うようになり,ここを分岐点として「第二次黄金状態」「第三次黄金状態」と呼び分けるようになった。

{超〜}{自由主義}{宇田川の用語}=}(3)
{宇田川の用語}
{}