{希哲13年5月24日}{希哲13年5月24日のツイスト}{ツイスト}{ソフィスティケーション}{アプリ}=}(5)

{あれK#F85E/A-5B28-C1DB}

ストアから「アプリ」を引装(インストール)して,散乱するアイコンから目的のアプリを探して起動,操作感も互換性もまちまち……。そもそもこんなことは「スマート」でもなんでもない,ということに気付くべき。

=}
{希哲13年5月24日}{柔品経済}{希哲13年5月24日のツイスト}{ツイスト}{ソフィスティケーション}=}(5)

{あれK#F85E/A-5B28-BB95}

つまり,応司(OS)を開発する企業が従来「アプリ」と呼ばれてきたものを全部開発してしまえばいい。開発者は最低限社内に置いて後は外注。本社は設計・管理に専念する。これにより,「アプリ」よりも高度に統合された制危的(セキュア)な環境が実現される。「納品のない受託開発」式に SIer も兼ねてしまう。これをソフィスティケーション,略してソフィと呼ぶ。

=}
{希哲13年5月24日}{柔品経済}{希哲13年5月24日のツイスト}{ツイスト}{ソフィスティケーション}=}(5)
{希哲13年5月24日}{ファーウェイ問題}{希哲13年5月24日のツイスト}{ツイスト}{ソフィスティケーション}{アプリ}{Google Play}=}(7)
{インテント}{ソフィスティケーション}{Android}=}(3)
{相振り}{素振り}{ソフィスティケーション}{アプリケーション}{草稿}=}(5)

{相振りアプリ素振りソフィ K#F85E/A-4686-D5FE}

システムの翻訳語「司組」を発見したことで,システム ソフトウェアを「司組想品」,オペレーティング システム(OS)を「応対司組」(応司)と訳せるようになったが,こうなると,それらの対義語であるアプリケーション ソフトウェアアプリケーションアプリ)をどう訳すかが問題になる。

これはなかなかの難題だった。それというのも,希哲社アプリケーションに代わって用者の目的を充足する「ソフィスティケーション」(ソフィ)という想品ソフトウェア)形態を提唱してきたからだ。単に「アプリケーション」という言葉を訳すだけではなく,「ソフィスティケーション」とも上手く調和する訳語を考えなくてはならなかった。

そんなことを考えていた,ついこの前,アプリケーションに対する訳語として「相振り」(あいぶり)を思いついた。その瞬間,ソフィスティケーションに対する訳語として「素振り」(そぶり)が閃いた。つまり,アプリケーションを「相手となる振る舞い」と解釈し「相振り」,ソフィスティケーションをそのまま司組の「素振り」と解釈すれば良いのではないかと考えた。

=}
{ソフィスティケーション}{プラグイン}=}(2)
{ソフィスティケーション}{API}{広告付き}{素描}=}(4)

{SPI K#F85E/A-E98D}

sophistication programming interface

無保証,ベストエフォート型の API。仕様の管理価相を大幅に削減できる。

=}
{ソフィスティケーション}{アプリケーション}{素描}=}(3)