{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{珍しさ}{ネット献典}{湯水}{珍しいもの}{伝わっていない}{同質性}{伝えやすくなった}{9年}...=}(86)

{世界一“面白い”ネット献典コンテンツを……という誤算 K#F85E/A-E74C-1B48}

一日一文習慣再開したことで,私がどういう人間で,どういうことやってきたか,だいぶ伝えやすくなったと感じている。

ブログでもウィキでもない“デルン”という全く新しい情報媒体開発,自らそれを9年も使って SNS でもなく“KNS”だと言う。“希哲館事業”で日本世界史上最大の極大国ハイパーパワーにすると言い放ち,“希哲紀元”や“希哲館訳語”なんてものまで造ってしまう。

ほとんど環境おかげなので威張れたことではないが,世界を見渡しても,ここまで風変わりネット用者ユーザーはいないだろう。それも,実名顔出し同質性が高いなどと言われる日本生まれ日本育ち日本人であることまで考えると,自分でも驚異的事実だなと思ったりする。

希哲館は燃えていない

しかし,良くも悪くも希哲館事業には話題性が無い。良い意味で注目されたことも無いし,炎上したこともほとんど無い。良い悪い好き嫌い以前に,「伝わっていない」のだ。これは誤算と言えば誤算だった。

昔の希哲館事業には秘密主義的な部分があったので,むしろ注目されては困るとすら思っていた。これから事業について知ってもらおうという段階になって,はじめてその伝わらなさを実感した。

ネットの変化

この誤算がなぜ生じたのかと考えてみると,私自身が200X年代前半くらいまでのインターネット文化に染まっていた,ということがありそうだ。

当時のネットの中心にいたのは研究者好事家,あるいは「暇人」と呼ばれる人達だった。彼らは,世界中の珍しいもの刺激的なものを常に探していた。私もその一人で,湯水のように持て余した時間を,「より面白いもの」探しに費していた。

そんなネット献典コンテンツも,あまりに時間があるとほとんど見尽くしてしまう。その退屈をしのぐために,自分で誰もやらないことをやってみたくなる。どうせなら,「世界一“面白い”ネット献典」を自分で作ってやろう……思えば,希哲館事業にはそんな側面があったかもしれない。

時代は変わった。いまやネット用者ユーザーの大多数が「普通の人」だ。普通に学校会社に通い,わずかな自由時間ネットを覗く。

ネットにおける「面白さ」も変わった。それは珍しさ刺激ではなく,気軽楽しめることであったり,皆でイジって遊べることであったりする。一人で PC に向き合うのではなく,「共有」が重要になったことも大きいのだろう。

これは何だろう,この人はどういう人だろう,という所で少しでも時間がかかると,あっという間に埋もれてしまう。自分が面白いと思えても,みんなに面白がってもらえることが期待出来ないと広がらない。「文脈」も邪魔で,話題一口サイズでなければならなくなった。Twitter強力なわけだ。

嘆いていても仕方ないので,希哲館事業もこの時代の変化に合わせなくてはならない。デライトはそんな意識から始めた望事プロジェクトでもあったが,多くの人に楽しんでもらえるものにするには,まだまだ努力必要だ。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{あれ}{輪郭を描く}{アメーバブログ}{基礎理論}{良い名前}{「希哲館」の由来}{市場活動}{思い出話}...=}(59)

{「デルン」の由来 K#F85E/A-E74C-A0EA}

先日「希哲館」の由来について書いたので,命名に関する思い出話ついでに,今度は「デルン(deln)由来について書いてみよう。

デライト採用している CMS としてしばしば言及するこのデルンだが,「ブログ」や「ウィキ」に相当するものだと思ってもらうのが一番分かりやすいだろう。例えば,Wikipedia がウィキを利用していたり,アメーバブログブログを利用しているように,デライトはデルンを利用しているわけだ。

これだけで,デライトの独自性常軌を逸していることはお分かりだと思う。長年インターネットで広く使われてきたブログでもなくウィキでもなく,全く新しい CMS の形態から考案し,サービス化したのがデライトだ。ちなみに,「デライト」(Delite)の由来は「ライト(簡易)版デルン(Deln Lite)だ。


そのデルンの名は,基礎理論である「輪郭法」に由来している。輪郭法は英語デリノグラフィー(delinography)という。デリノグラフィーはデリニエーションdelineationという英単語に由来している。輪郭を描くこと,描写,などを意味する言葉だ。こう辿っていくとややこしい話だが,それだけ長い文脈があるということだ。

さて,デリノグラフィーを縮めたのがデルンだが,この名前を考えたのは希哲6(2012)頃で,デルンの実用化直前だったのでさほど詳しい記録も残っていない。

ただ,当時はブログやウィキの代替を強く意識し,名前もそれらの特徴を踏まえようとしていたことはよく覚えている。つまり,ラテン文字4文字カタカナ3文字,一見不思議呪文のような響きだが,由来はちゃんと説明出来るという名前だ。ブログ(blog),ウィキ(wiki),デルン(deln)と並べてみれば分かりやすい。

特にデルンという言葉の何とも言えない響きには,命名から9年ほど経った今でもまだ慣れない。何度口にしてもすっきりしない。もっと良い名前があるんじゃないかと,何度思ったか分からない。

ただ,この微妙な語感こそ記憶に残りやすい言葉の特徴で,ブログやウィキが普及した理由も実はここにあるのではないかと思っている。何かよく分からない言葉を最近よく聞くなと思えば,それについて知ってみたくなるのが人の性だ。


一方で,「デライト」はごく簡単に,すっきり飲み込みやすい名前にすることを意識した。よく使われるカタカナ英語なので,それ自体に印迫インパクトは無い。この対照的な「デルン」と「デライト」を上手く使い分けて市場活動マーケティングに活かしたいところだ。

=}
{希哲15年5月8日のツイスト}{希哲15年5月8日}{流行らない}{思い出した}{ブリキ}{ブログ}{ツイスト}{ウィキ}=}(8)
{一日一文}{勝負の月}{文章訓練}{発信媒体}{一日一文の再開}{デライト収益目標達成}{必達期限}{機能性}{個人知識管理}{デライト正式離立}...=}(50)

{一日一文『道草録』再開とデライト近状 K#F85E/A-E74C-297F}

広く読んでもらうための文章を毎日一つ書く習慣一日一文」を,今日からデライト再開することにした。

文章訓練も兼ねた献典コンテンツ拡充のため,希哲8(2014)年頃から断続的にやってきたことだが,昨年デライト正式離立リリース以後はまともに出来なかった。単純にデライト開発に追われてそんな余裕が無かったということもあるし,多少なりとも時間を費す以上は効果的発信したい,という気持ちに応えられるデライトでもなかった。

最近開発が自分でも信じられないような快調ぶりで,デライトは日々着実に進歩している。発信媒体としても十分な信頼性機能性を有するようになってきた。機運が熟したということだろう。

一日一文は1時間以内を目安に書くことにしているので,あまり凝ったものにはならないと思うが,デライト希哲館事業について知ってもらうための文章を少しずつ書いていきたい。書いた文章は,よほどまずくなければ『道草録』という随筆集収録していくことにした。

『道草録』はもともと,希哲元(2007)年希哲館事業発足と同時に始めたブログ名前だった。途方もなく巨大な事業構想を前に,全てが手探りで,何でも試してみるしかなかった当時の私の心境をよく表している。初心思い出すという意味でも良いのではないかと思った。

さて,デライトは,快調な開発状況背景として収益目標達成必達期限11月1日から5月1日に早めた。つまり,今月勝負の月だ。個人知識管理大革新を起こそうというデライトの挑戦をぜひ一緒に楽しんでほしい。

{一辺倒}{希哲15年4月7日のツイスト}{希哲15年4月7日}{有力視}{ブログ}{ツイスト}{希哲元年}{WordPress}{凄い}{Movable Type}=}(10)
{一日一文}{希哲15年4月の月記}{涙ぐむ}{途方もない}{呼吸を整える}{小休養}{ぶっきら棒}{希哲15年4月6日}{思い付いた}{凝り過ぎ}...=}(68)

{希哲15年4月6日の日記 K#F85E/A-E74C-8087}

少し気持ち落ち着いてきたため,利楽しながら作業を進めた。それでも程度の進捗ぶりではあった。

短期集中生活とはいえ小休養必要は感じながらも,連日興奮気味でまともに睡眠も取れないということが続いていた。ここで少し呼吸を整えたい。


一日一文準備も進めた。

一日一文の歴史を遡っていて,久しぶりにブログ『道草録』思い出した希哲館事業最初期から WordPress運営していたブログで,ある面でデルン前身と言えなくもない。この「道草」という言葉は,希哲館事業途方もない大きさを前に全てが手探りだった当時心境をよく表している。色々な想い出が蘇えり,少し涙ぐんでしまった。

題名も気に入っていたので,希哲8年頃に私の随筆集として『道草録』再始動させようと考えたこともあったが,何となく立ち消えになっていた。一日一章を始めて間もない頃だったので,いずれ関連させようとは思っていたのだろう。

ここで,一日一文『道草録』素材にすることを思い付いた。これも一つの希哲館累新だ。

考えてみれば,月庭・デライト転送の開始以後,kitetu.com から窓口になるような献典が無くなっていた。ほぼ毎日書いている文章といえば『希哲日記』だが,これは当時の心境事実記録することに主眼を置いたもので,人に読ませることを意識したものではない。『希哲日記』に書き切れないことを書いておく所としても『道草録』という題名好ましい

読み手意識した文章として,メリハリを付けるためにも一日一文には敬体を使おうかと思ったが,気を使い過ぎて書きにくくなってしまう恐れがある。多少ぶっきら棒なくらいが良さそうなので,まずは常体で書き始めることにした。

続けるのが難しかった最大の理由は,書き始めるとついつい凝り過ぎてしまうということにあった。1時間以内で書こうと思っていても,結局数時間かけてしまうことが多かった。それが普通になると書き始めるのにも気力が必要になってしまう。

{希哲15年1月2日のツイスト}{希哲15年1月2日}{Notion}{デライト}{ブログ}{ツイスト}{ウィキ}{CMS}{内蔵}{デルン}=}(10)
{Notion}{ブログ}=}(2)
{小さく始めて大きく育てる}{希哲14年8月5日}{希哲14年8月5日のツイスト}{アルバイト}{成長性}{ブログ}{ツイスト}{限界}{10万円}{1億円}...=}(13)
{ブログ}
{}