{漢字}=}(1)
{漢字}=}(1)
{希哲15年3月23日の開発}{符号範囲}{移植作業}{希哲15年3月23日の進捗時限}{希哲15年3月23日の進捗}{希哲15年3月23日}{Dex 実装作業}{ルビ記法}{デラング整備}{仮実装}...=}(22)

{希哲15年3月23日12歩 K#F85E/A-E74C-3886}

デラング整備Dex 実装作業

途中で終了。

DIL 0.2ルビ記法移植作業を始めたが,混沌とし過ぎていて挙動も怪しい部分が多過ぎるため,いったん単純化して仮実装とした。

適当な符号範囲漢字直前に,内容が ^ から始まる丸括弧書きを置くだけでルビが振れる。漢字の中で区切りたい時はスペースが使える。

{希哲15年3月23日の開発}{ややこしい}{見え方ボタン}{閉じるボタン}{最有力候補}{難しかった}{ボタンラベル}{大きな理由}{多機能化}{描き方ボタン}...=}(72)

{希哲15年3月23日7歩 K#F85E/A-E74C-66D7}

デラング整備,「描き方ボタン」について仕様をまとめて終了。

デラング多機能化に伴い,学習宣伝等の観点から,他輪郭描写素文をもっと閲覧しやすくする必要が出てきた。

現状,Ctrl + ダブルクリックで閲覧することは出来るものの,ボタン自輪郭描き直しボタンのみ表示しているため,説明されなければどのように素文を見るのか初心者には分からない。

描き直しボタン追加時からしばらく全ての輪郭でそのまま表示していたが,紛らわしく,用合いもずっとごちゃごちゃしている時期だったため他輪郭では非表示にするようになった。

調整して復活させることは度々考えてきた。そのたび見送っていた大きな理由に,良い表現が見つからないということがあった。特にボタンラベル等に使う文言難しかった

簡潔かつ直感的ということで最有力候補は「覗く」だったが,漢字を使うと少し印象が硬い,平仮名で「のぞく」では「除く」と紛らわしい,語感もあまり良くない,そもそも何を覗くのか初見分かりやすいとも言えない,と一番マシな案が難点だらけだった。

今回の再考で,「描き方」が使えることに気付いた

描き直しボタンアイコン領当てはそのままに,ボタンラベルは「描き方」に変える。機能描写部Ctrl + ダブルクリックした時同様,描写欄のみ開く。

知名欄でも一部デラング記法を使えるようにする予定はあるが,利用頻度を考えると余計に感じることが多いだろう。従って,描写部が無い他輪郭では引き続き非表示とする。見る手段がないわけではないので困ることは少ないはずだ。

描き方ボタンで開いた場合,完了ボタンはもう少し自然に閉じるボタンにする。「見え方ボタン」にするのも面白いかと思ったが,かえってややこしいかもしれない。

「〜で描き直す」「〜で完了」から変えていなかった通注も「〜で描き方を見る」「〜で閉じる」とする。

=}
{漢字}=}(1)
{まなじり}{漢字}=}(2)
{すき}{漢字}=}(2)
{しばしば}{漢字}=}(2)
{}{漢字}=}(2)
{}{漢字}=}(2)