{希哲15年3月7日の開発}{自動適用}{機能不足}{希哲15年3月7日の進捗時限}{希哲15年3月7日の進捗}{希哲15年3月7日}{KaTeX 導入実験}{デラング}{デラング整備}{検討}=}(29)

{希哲15年3月7日14歩 K#F85E/A-E74C-350D}

KaTeX 導入実験をしながらデラング整備方向性が見えてきたので軽く考え整理して終了。

構文解析導入はまだ時期尚早なので,現状の正規表現処理を上手く構造化しながら近いうちに機能不足を一通り補う作業に入りたい。

版存管理に関しては日付を使い,輪郭時印を元に自動適用する方向検討する。

これなら積極的変更を加えられる。

=}
{輪符要素}{整理}=}(2)
{鼻部}{整理}=}(2)
{整った}{希哲15年3月2日}{デライト推奨動作環境}{デライト文書構造最適化}{引き入れ}{吹き描き}{思い出した}{出振るい}{用合い}{中景部}=}(31)

{希哲15年3月2日の開発 K#F85E/A-E74C-BB09}

主にデライト文書構造最適化中景部微調整

ずっともやもやしていた部分が上手く整理出来(13歩),吹き描きは大分整った感がある。

スクリプト調整が必要なため出振るいは明日。


番無しによる匿名描出で,引き入れ権限をどうするか少し迷いがあったが,やはり混乱するのは目に見えているので,既存輪郭同士の引き入れは原則禁止として,新規描出時にのみ許可することにした。

そのための用合い調整を今から考えておく。


デライト推奨動作環境策定に関連して,「最新安定志向」という用語を久しぶりに思い出した。この考え方デライトにも使えそうだ。

{デライト文書構造最適化}{デライト文書構造整理}{前後景部}{整理}=}(4)
{開発初期}{Schema.org}{デライト文書構造最適化}{共有ボタン}{Web Share API}{希哲15年2月16日}{ページ構成}{輪郭ページ}{領当て}{最善の時期}=}(34)

{希哲15年2月16日の開発 K#F85E/A-E74C-9903}

デライト文書構造最適化」に着手

デライト文書構造は,試行錯誤が多かったこと,開発初期 HTML5 要素採用消極的だったこともあり汎用要素,特に div 要素多用目立つ

整理するならページ構成領当ても固まった今が最善の時期だろう。HTML5 要素だけでなく,Schema.org 等の周辺規格も取り入れていく。

これまで導入を避けてきた共有ボタンについても進展

Web Share API利用し,輪郭ページに汎用の共有ボタンを一つ置くというのは悪くない,と考え始めた。API 非対応であれば非表示にすればいいかと思ったが,よく考えると,ずらずら SNSアイコンが並べられるのが嫌だったわけで,共有ボタンを押して選択肢として表示される分には問題ない。

ボタン見た目は,よくある1点から2点にが伸びるものの1点部分を輪郭記号にする形を考えた。

{デライト}{文書構造}{整理}=}(3)
{最後の課題}{輪符要素正規形}{希哲15年2月11日}{輪符要素}{引き入れ}{作業方針}{諸場用合い}{デライト}{概念}{解決}=}(17)

{希哲15年2月11日の開発 K#F85E/A-E74C-5899}

輪符要素仕様整理し「輪符要素正規形」の概念導入1歩)。

また,これをきっかけにデライト文書構造見直し作業方針を練った(2歩8歩)。

諸場用合い最後の課題」ともいえる引き入れ操作についても一応の解決をみた(9歩)。

{文書構造}{整理}=}(2)
{中景輪符}{整理}=}(2)
{整理}{3S}{類義語}{せいり}{}{}{素描}
{}