{考えていたら}{頑張るしかない}{今は}{得意な}{なんとも言えない}{望んでいない}{気楽な生活}{振り返ってしまう}{自分の人生の歴史}{一夜革命構想}...=}(100)

{希哲16年5月10日の日記 K#F85E/A-E74C-D7F5}

まだ若干脳疲労感残っていたため引き続き半休にした。明日姪達預かることになっているので,明日まで半休にして生活律動調整をすることにした。思えばこの上旬だけでも色々なことがあった。「平常心」という言葉最近よく意識しているが,それくらい冷静でいることが難しい状況だ。

現状新生デライト開発迷い無いし,デライト宣伝効果にも十分期待出来る。あとは生活律動適切な時間配分高進捗維持出来るかどうかだ。いつものことながら,こういう状況弱い一寸先は闇という状況では平然としていられるのに,見通しが良く,あとは地道に努力するだけ,となると急に気持ちぐらついてくる。それはここまでやって来られた理由でもある。

日々やるべきことやるだけそれだけで,23ヶ月以内のデライトの完全な成功視野に入る。それは,世界初の実用的な知能増幅技術商業的成功であり,とりもなおさず世界史上最大の成功だ。極端過ぎるが,その極端さ狙ったのが希哲館事業発足以来の一夜革命構想なのだ。そんなことを考え出すと,希哲館事業の歴史自分の人生の歴史までしみじみ振り返ってしまう

本心では,気楽な生活との別れ望んでいるような望んでいないような,なんとも言えない気分。それに子供の頃から苦手既定路線決して得意な状況ではない。ただ,もっと若い頃違って今は強い義務感がある。やりたいかどうかではなく,やるべきかどうかで考えられる頑張るしかない

……色々なこと考えていたら結局夜更かししてしまった。明日はこれを利用して早く寝ることにした。

11日振り返り日記

{新生デライト}{撮り逃していた}{待っていたら}{希哲16年4月21日}{発売日}{良い方向}{豊かにしたい}{上信する}{こまめに}{新しい写真}...=}(100)

{希哲16年4月14日の日記 K#F85E/A-E74C-8D6F}

輪郭整備兼写真整理始め大きな手応え得た

昨年11月30日から Galaxy S21 5G写真撮り始め写真上信環境整えたが,これをきっかけ第二次知番改良第二次快調期デライト開発急進展したため,11月30日最初の4枚しか上信出来ていなかった。写真よりも開発記録のための画面撮り上信活用することが多かった

最近良い春の写真溜まってきたこともあり,なんとかしたい思っていた大輪郭整備といいつつ輪郭整備もろくに出来ていなかったので,輪郭整備兼ねた写真整理という形が良さそうだと考えたものの,間もなく第四次宣伝攻勢という時期開発時間っていいものか,迷いがあった。

この日サイクリングという天気でもなく,姪達連れてくるので開発集中出来そうでもなく,とたまたま輪郭整備兼写真整理適した条件が揃った想像していたよりずっと手応えが良く,デライト豊か感じられる。やってみて,むしろこれは第四次宣伝攻勢前にやっておくべきことだと気付いた新生デライトが「仏作って魂入れず」になるところだった。

一日がかりでやれば S21 で撮った写真くらいは終わるかと思ったが,思いのほか量が多いので,開発作業合間少しずつやっていくことにした。過去の写真片付いたら新しい写真こまめに上信するようにし,デライトにおける日常表現をより豊かにしたい。また一つ停滞していた課題良い方向滑り出して清々しい気分だった。

日本では S22発売日今月21日になったが,一時考えたように待っていたらこの快調期は別の形になっていたかもしれず,良い春の写真撮り逃していただろう。そう考えると,あの機種変更奇跡的出来事思えてくる

15日振り返り日記

{進捗記録}{AsciiDoc}{特殊な例}{生じていた}{再確定}{ボタン記法}{希哲16年1月23日の進捗時限}{希哲16年1月23日の進捗}{希哲16年1月23日}{行内埋め込み記法}...=}(55)

{希哲16年1月23日4歩 K#F85E/A-E74C-6C79}

キーボード記法についての再検討終了

キーボード記法に関しては,改めて [_X_] 記法中心にしていく方針再確定した。また,[_X_] + [_Y_] を一つの記法として扱うことも明確化した。


[_X_] 記法導入して一件落着かと思ったキーボード記法だが,その後,少し迷い生じていた

この記法ボタンらしく見え過ぎるせいで,ウィジェットボタンにも応用出来る「ボタン記法」のようなものも可能なのではないかというが出てしまっていたAsciiDoc にはボタンメニュー表現出来るマクロがある)。それが可能なら,[_X_]キーボード記法とすべきではないかもしれない,という気がした

ただ,[_X_]キーボード記法一般化した「ボタン記法」にしようかと考えてみたところで,そもそも千差万別外観を持つウィジェットボタン抽象的表現出来る装体存在しないことに気付いて廃案となった。確かに記号としてみるとボタンらしいのだが,ボタンらしい装体を付けようとすると全くイメージと違うものになってしまう。これではあまり意味が無い。あくまでも言語的に扱うか,視覚的に扱いたければ画像素材行内埋め込み記法挿入するのが適切だろう。

そう考えると,キーボードキーに使う装体キー記号としてちゃんと機能するのは特殊な例だ。

=}
{進捗記録}{認識しやすい}{兼ねている}{おまけに}{多々ある}{二段階方式}{下見ボタン}{確認ボタン}{最有力案}{増している}...=}(90)

{希哲16年1月23日1歩 K#F85E/A-E74C-27DA}

換配確認機能」についての再検討終了。なお,この検討から「下見プレビュー機能」に改称した。

下見機能は,輪郭選り手左下下見ボタンを置く形でほぼ確定か。


デラング整備進展とともに重要性増している下見機能だが,用合いをどうするかについてはまだ少し迷いがあった。

一応最有力案は,輪郭選り手左下に「確認ボタン」を置くというものだった。左上公開設定機能右上取り消しボタン使いたいので,左下置くのが自然ではある。

完了ボタン並べるという捨て切れなかったが,押し間違い多発しそうで用合いとしては難がある

今朝ふと,確認ボタンから描き出し完了ボタンへの二段階方式浮上してきた。つまり,必ず換配確認をしてから描き出し描き直しを行うことになる。

二段階方式利点には用合い単純化初心者にとっての流れ分かりやすさおまけに捌き手負荷軽減見込めるが,使い慣れた用者にとっては煩雑になり過ぎる懸念があり,採用見送った

ある程度複雑なデラング記法使う場合など換配確認をしたいこともなくはないが,確認するまでもない描き直し多々ある。また,公開設定機能導入によって気軽に描き出し描き直しが出来るようになると,役割重複してしまう。

一つ,輪郭削除確認機能を兼ねられるかとも思ったが,そもそも知名描写にして削除というのが確認作業兼ねているためこれもやはり煩わしい

やはり,換配確認選択的機能にしておくべきだろう。

これまで,完了ボタンに近い位置に置くことも考えていたため,描出流れの中で分かりやすいように「確認ボタン」「換配確認機能」などと「確認」をプレビュー日本語表現として採用していたが,ある程度独立した機能として認識しやすいように今後は「下見」とすることにした。

=}
{希哲館事業}{写真}{デライト開発}{『希哲日記』}{散歩}{希哲13年}{デライト}{気張らず}{体調不良者}{始まらない}...=}(89)

{希哲15年10月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2845}

この日から,希哲荘元の寝室き,また戻れることになった。一昨年9月姉の出産備え空けたのだった。

夕方頃から,なんとなく久しぶり葛西臨海公園まで歩いたスマホ写真残っていたことで,あの辺りをよく歩いていたのが丁度一昨年今頃だったことを思い出した合わせたわけでもないのに,不思議な気分だった。緊張感のある散歩だった当時とは反対に,晴れやか気持ち歩けた

デライト開発に入ってから失っていたもの少しずつ取り戻しつつある


希哲荘」と名付けてみると,実家新鮮見えてくるいつぶりか,散歩に出る時になんとなく写真ってしまった。

結局,蛎殻町を除けば出る出られなかった鎌倉に限らず,こんな環境の良い実家より希哲館事業好都合場所など無かった

デライトがここまでになり,黄金生活まで手に入れた。もう認めてやるしかない。


まだ迷いのあった『希希遊記』編集方針についても,ある程度考えまとまってきた

最初は,希行記として意識的書いていくつもりだったが,形式張る始まらない上にまず続かないし,デライト利点活かせない構想初期と比べて,今は『希哲日記』中心とした描出習慣確立している。

これらを踏まえると,希行に関する描出はあまり気張らず自由に行い,後日まとめて振り返りする,というのが現実的だろう。


明日家族集まり体調不良者が出たことにより中止となったため,寝室整理でもすることにした。

11日振り返り日記

=}
{希哲館事業}{『希哲日記』}{希哲16年1月}{希哲15年}{分かる}{希哲15年9月の月記}{120%}{確信していい}{確信出来る}{二重三重}...=}(68)

{希哲15年10月1日の日記 K#F85E/A-E74C-4679}

やはりまだ頭の整理をする必要があると感じたため,ざっと9月の月記を付けながら振り返りをした。金風衝撃忘れそうになっていたが,こうしてみると,実はそれ以前から色々な進展があり,それなりに手応えを得ていたことが分かる

月記6月から付けていないと思ったが,よく見ると1月から3月も付けていなかった。思えば,そんな余裕も無かった。少し早いが,今年恐ろしく濃密急激だったなと思う。

特に金風は,いまだに希哲館事業全体の中でどう位置付けるべきか分からないところがある。楽観的に見れば,デライトの成功,あるいは希哲館事業の成功決定付けた出来事であるような気もするが,まだ手放し喜べるほどの確信が無い。

引き続き10月中のデライト収益目標達成目指し,それが失敗しても来年1月までは1ヶ月ずつ延長可能とすることは決めているので,当面やること迷いがあるわけではない。ただ,それに取り組む上での心構え定まっていない

も,一つ一つ,じっくり整理していくしかないのかもしれない。この日記を書いているうちにも少し気持ちの整理が進んだ気がする。

今,限りなく100%に近い成功への確信はあるが,それが油断という失敗要因になりうる。少なくとも二重三重保証がある120%確信でなければ,それを確信認めるわけにはいかない。結局,「確信出来る」が「確信していい」になるのは収益目標達成を果してからだ。

{『希哲日記』}{希哲15年9月の月記}{捉えた}{分からないもの}{追われていた}{切り替えやすい}{よく分からなくなってくる}{油断出来ない}{取り戻しつつある}{確保しやすい}...=}(97)

{希哲15年9月28日の日記 K#F85E/A-E74C-CB79}

普通に執務するつもりだったが,調子が上がりそうになかったため,臨時休業にした。金風以来の雑務からいったん解放され,疲れどっと押し寄せてきたようだ。金風が無ければ今頃別種雑務追われていたはずであることを考えると,未来というのは本当に分からないものだとしみじみ思った

じっくり今後のこと考え律動的集中生活解除することにした。明日から生活律動矯正徹底する。

金風によってひとまず収益目標達成緊急性下がり,視野を広げやるべきこと増え新生デライト開発だけに集中出来る状況ではなくなっている。実際出来ていない

8月12日から始めた律動的集中生活は,最低限生活律動維持しながら新生デライト開発中心として収益目標達成にかける時間最大化しようというものだった。意識自然集中している時は制約を無くすことで上手く行ったが,こういう状況では時間配分極端に振れやすくなる。生活メリハリを付け,ばら成しを取った方が開発時間確保しやすいだろう。

デライト収益目標達成もまだ油断出来ない状況にあり,多少の迷いはあった。そんな思考裏腹に,この日も花の散歩再開食生活改善進展などがあり,自然と黄金日以上の調和的生活取り戻しつつある。こうなると,もはや律動的集中生活意義よく分からなくなってくる

そもそも切り替えやすいように短期集中生活ではなく律動的集中生活にしたので,開発時間がもっと欲しいとなれば,その時にまた切り替えればいい。金風上手く捉えたことは,収益目標達成かわりとするに十分な収穫でもあった。

ただし,ずっと後回しにしてきた書類整理譜類整理をこの機会進めたいため,これらが一段落するまで朝の輪郭整備朝の一日一文引き続き休みにしておく。

29日振り返り日記

=}
{迷い}

{}