{開発者}{知潔}{模量}{麗厳}{唱願}{射雨}{類張り}{換え取り}{付徴}{フィーチャー}...=}(19)
{麗厳}{論組}{希哲13年6月23日}{希哲13年6月23日のツイスト}{ツイスト}{エレガンス}{翻訳}{数学}{日本語}=}(9)
{希哲館訳語}{麗厳}{希哲13年6月23日}{希哲13年6月23日のツイスト}{ツイスト}{エレガンス}{エレガント}{翻訳}=}(8)
{麗厳}{エレガンス}{エレガント}{翻訳}{学問}{公開}=}(6)

{麗厳なるエレガンス K#F85E/A-2510-626E}

このごろ,「麗厳れいげんという訳語が気に入ってる。エレガント(およびエレガンス)にあてて造った語だ。エレガントとは「うるわしくおごそか」であることと解釈出来る。

エレガントという表現は,風装ファッションはもちろんのこと,数学物理学など理数系学者も好んで使う。その割に,辞書を引いても日本語表現に何か釈然としないものを感じる。優美優雅高貴な,あるいは気品ある美しさ……どれも一面としては正しいのだろうが,核心を掴めていない。

ある種の学者たちは証明理論に美しさを感じることが出来る。おそらく,共感覚のようなものだろう。理性感性が一致したとき,世界の神秘に触れたような感覚を得ることがある。これがつまりエレガント,麗厳であるということなのではないかと思う。

=}
{麗厳}{エレガンス}=}(2)
{エレガンス}
{}