{希哲館事業}{『希哲日記』}{散歩}{浦安本館構想}{出来ること}{位置付けている}{頻繁な往復}{最重要拠点}{現実的な問題}{寿命を縮めた}...=}(94)

{希哲15年10月3日の日記 K#F85E/A-E74C-358A}

定休日なので利楽して過ごした。ここしばらく,休日といっても何かしら作業をせずにいられなかったが,この日は久しぶりにぼーっと出来た。

金風以後,事務的な問題片付きつつあるが,それよりも,人生設計人生観問題にまで波及しているのがなかなか重たい。とにかく色々なことしみじみ考えてしまう

特に急浮上していたのが「鎌倉問題」だった。発足から間もなく出来た鎌倉本館構想とともに私と希哲館事業歩んできた。これを抜本的見直す必要感じていた

2時間ほどぶらぶら散歩をしながら考えた結果浦安分館浦安本館に,鎌倉本館鎌倉分館に,希哲館本館位置付け交代させることにした。

希哲館事業にとっては画期的方針転換だが,意外にもあっさり決断出来た。環境に対する認識の変化事業足回りに対する意識高まり等,この十余年積み重ねがあったところで,金風決定打になったのだろう。気付けば,鎌倉こだわる理由も無くなっていた。最初開拓者精神思い出せば尚更だ。

3月頃に鎌倉の物件探しから鎌倉本館構想再燃したが,これがかえって構想寿命を縮めた気がする。より現実的考えるようになったことで,より現実的な問題浮かび上がってしまった。

浦安最重要拠点の一つと位置付けている以上は,鎌倉に移っても頻繁な往復をすることになる。いずれにせよ,交通網経済基盤観点から浦安の方を軸にせざるをえない。日本橋経験を踏まえても,鎌倉に限らず,今の環境以上に希哲館事業適した環境考えにくい鎌倉分館別荘などを通して鎌倉との繋がりは持てるし,名目実質一致させただけで,実際に出来ること大差ないのかもしれない。

早速,久しぶりに思い出した娃天地区構想も含めて,鎌倉本館構想から浦安本館構想への再構成始めた

4日振り返り日記

{希哲館事業}{新生デライト}{『希哲日記』}{あれ}{不思議な道程}{9年後}{再組織化}{回復機能}{9年前}{脳任せ}...=}(93)

{希哲15年8月24日の日記 K#F85E/A-E74C-501C}

そろそろ新生デライト実装作業本腰を入れないとまずい,と今後の組計をざっと見通してみて,少し驚いた

9月中に決着をつける10月延長戦持ち込むかを9月10日に決めるとして,残り17日間今月雑務処理明日1日使うため,実質16日間ある。今月初めから実装作業没頭して9月中頃に新生デライトの完成という見通しだったことを考えるとずいぶん圧迫されたようだが,不思議とまだゆとり感じている

作業方針組計整理開発環境整備や諸検討大きな進展等々によって,月初とは比べ物にならないほど新生デライト開発見通しが良くなっているからだろう。今月の雑務処理にしても,月初には5日程度を見ていたが1日短縮出来た。ちょうど過ごしやすい季節になりつつあり,これまでが良い夏休みだったような気さえしてきた。

この状況なら,今後16日間での新生デライトの完成収益目標達成にも十分期待出来る。多少の計算違いがあっても吸収出来る程度のゆとりもある。現状を踏まえると,完璧に近い組計だ。これを無意識下整えていたと思うと,やはり不思議な気分だ。

多少の懸念はある。ただの事故無視するとしても,まだ脳の暴走起こりうる。とはいえ,勝手なことはよくしても,間違ったことはほぼしなかっただ。想定外方向走るとしたら,それがより良いだからだろうと思える。

最近の「脳任せ」ぶりについて考えていたら,デルンの実用化を果した頃のことを思い出した9年前の今頃も,もう意識的整理出来ない情報詰め込み,「決壊」させ,生理的回復機能利用して再組織化させようとしていた。

その混沌からデルン誕生したわけだが,9年後にこんな形で希哲館事業発展しているとは想像出来なかった。そういう意味では,ずっと不思議な道程で来ている。想定外なんて今更な話だった。

かつての成功体験思い出したことも,良い兆候だと思っておこう。

{希哲館事業}{新生デライト}{デライト開発}{第三次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{体調}{散歩}{希哲15年}{陶練}{デライト}...=}(166)

{希哲15年4月29日の日記 K#F85E/A-E74C-0257}

昨日から妙に気分ぐらぐらしているというか,気持ち身体が付いてきていないような感覚があった。この日も急に気分高揚したと思ったら急にぐったりするなどして,明らかに呼吸が乱れている様子だった。

昨晩の就寝中,軽い胸痛を覚えて少し寝苦しかった。一昨日デライトは数ヶ月以内に成功確実」などとんでいたのだから,体調が良くなる心当たりはあっても悪くなる心当たりはなく,珍しいことだが気のせいだろうと最初は思っていた。

結局,日中もいまいち調子が出なかったため,作業はほどほどに,じっくり状況気持ち整理することにした。


すでにデライト開発は十分な持続性確保し,仮にずっと収益目標達成が出来なくても死活問題にはならない,という状況にあった。

しかし,デライトの成功ではなく“希哲館事業の成功”を考えれば悠長なことはしていられない。多少のリスクを負っても早期に収益目標を達成しなくてはならない。その思いから11月1日としていた必達期限5月1日繰り上げ短期集中生活に入ったのが先月28日だった。

この短期間に多くの成果を得て,さあこれから正念場だという時に,負っていたはずのリスク消し飛んだ。6月末あたりまで,あと2ヶ月はこのままの態勢で問題なくデライト開発を続けられることになった。一昨日,27日に起きたのはそういうことだった。

多少の不安はありつつ,5月1日までの収益目標達成にもそれなりの勝算があった。その猶予が2ヶ月近く延びれば,達成出来ないことを想定する方が難しい。必達期限を繰り上げる前より4ヶ月以上早い達成見込みが出来たことにもなる。

安全着実に歩を進めていては達成出来るのが数年後になるかもしれない,という見込みだったから多少の無理にも意味があった。その数年が2ヶ月以内になるなら,この数日にデライトの成功を賭ける意味は全く無い。

1日までは既定路線頑張ろうという気持ちに反して,妙に脱力感が強いと思ったが,なるほど勝手に肩の力を抜いた身体の方が正しい


ここで,デライト収益目標における必達期限再設定をどうするか考える必要に迫られた。

黄金週間最終日まで延長するか,6月末まで延長するか……等あれこれ考えた結果,期限に関してはいったん白紙化,当面はこのままデライト高速化中心第三次宣伝攻勢を「無期限」で継続することにした。

そもそも,これまでの努力期限必達期限というのは,先行き不透明目標に対して,最大限努力するように方向付けるためのものだった。その必要を全く感じないほど視界良好だ。これまで視界を遮っていたが一気に晴れ,すぐそこに目標が見えているように感じられる。

もっとも,気を抜き過ぎたり,天変地異事故のような予測しえない事態に煩わされたり,万が一のことが無いとは言えない。6月末までの収益目標達成は,選挙でいえば「当選確実」に近い確度だ。理論上絶対とは言えないが,現実的には達成とみなして良いほどの確かさ,ということになる。

そして,現状総合すれば,収益目標達成はそのままデライトの成功と言える。つまり,デライトは「成功確実」の状態にあり,希哲館事業の成功に向けた確かな足掛かりが出来たことになる。

絶望的悲観から希哲館事業を始め,あらゆる極限状態想定して超高効率経営運用体制を作り上げてきた自分が,ここまで状況楽観視していることに自分でも驚く14年に及ぶ希哲館事業の歴史でも初めてのことだ。だから自分自身でこの判断疑いの余地は無い。

特に今年に入ってからというもの,急激状況心境の変化を繰り返し,何度目が回ったか分からないが,これは特大かもしれない。


今月中旬からの高速化中心としたデライト開発24日からの第三次宣伝攻勢が非常に上手く噛み合い安定感が出てきたこともこの確信に大きく寄与している。

特に第三次宣伝攻勢に関しては,もともと新生デライトを形にしてからという計画だったのを済し崩し的に開始した上,開始時期も予定より3日ほど遅れたことで,当初は成り行き不透明感があった。

始めてみると想像以上手応えが良く,懸念は早々に払拭することが出来た。まだ活動用者増加には十分繋がっていないが,しばらく停滞していた登録自我数も早速伸び始めている。

黄金週間を狙った作戦大当たりだったようだが,高速化を中心として臨機応変作業を進める方針への転換も,想定外好状況を導いたという点で大当たりだ。高速化前の現状整理功を奏した。


一日中散歩が出来なかったこともあり,約2ヶ月ぶりに陶練再開した。とはいえ前回も久しぶりの再開で一日で終わっているので,流石に体力がかなり落ちているのが分かった。

それでもやはり運動をするのは気持ちが良く,頭も冴える

これからは高位安定進捗を出し続けることが重要になるため,これまで以上に規則正しい生活心掛ける


ここまでの思考を書き出すには夜遅過ぎたので,まとめるのは明日にしてさっさと寝ようという頃,この日記実質の「デライト成功宣言」になるかもしれない,と思った。

30日振り返り日記

{実質}

{}