{新生デライト}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{一日一文}{希哲15年4月の月記}{デライト高速化}{自然の流れ}{計画通り}{希哲館事業の広告塔}{全ページ0.3秒以内表示}...=}(74)

{希哲15年4月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2520}

昨日の激務デライト小理腑を終えた安心からか疲労感がどっと押し寄せてきた。日中はなかなか頭も手も動かず,調子が戻ってきた夜に小理腑や今後の方針についてまとめることで精一杯だった。

3日目にして一日一文休みだが,楽しもうと決めたばかりなので無理はしないでおくことにした。


小理腑後に残った時間では上旬中に出来ることも高が知れているため,今日で短期集中生活を終えようかと思ったが,振り返ってみると,短期集中生活に入った28日の開発待っ読ボタン実装理腑時間を充てることを決めていた。前後しただけで方向としては計画通りに進んでいるので,もう一日頑張り,待っ読ボタン実装までは上旬中に終わらせることにした。

中旬は,小理腑で得たものを最大限に活かし,新生デライトをこれまでの想定以上水準仕上げることを目指す

小理腑に時間をかけたことで第三次宣伝攻勢開始が遅れる可能性もあるが,『道草録』が多少は補完してくれるだろうし,調整はどうとでも出来る。


完成度勝負しようということ以外,まだ全体像明確ではなかった第三次デライト市場戦略についても,概ね考えがまとまった。

いわば「希哲館事業の広告塔」という本来の位置付け立ち返りありのまま希哲館事業の全てを自然に活かしていくことにした。新生デライトへの信頼感が高まるにつれ希哲館累新の動きも加速しているので,これも自然の流れだろう。

第二次市場戦略では宣伝上のにしようと思っていた「知能増幅」についても,隠さないまでも,必要以上に前面に出さないことを方針として決めた。先月からのデライト開発快調で,知能増幅デライトの姿で示せばいい,と思えるようになっていた。


小理腑でデライト高速化新鮮手応えを得て,調安が妙に楽しくなってきた。

当初,デライト高速化の目標全ページ1秒以内表示などとしていたが,これでは遅さが気にならないだけで速さを感じるには中途半端だ。目標は高く,全ページ0.3秒以内表示を目指すことにした。いっそのこと,速さで有名になるくらいにしたい。

{新生デライト}{デライト宣伝}{面白い変化}{見据え}{早く寝よう}{希哲15年3月17日}{デライトの品質}{デライト像}{デライト収益目標達成}{新デライト市場戦略}...=}(47)

{希哲15年3月17日の日記 K#F85E/A-E74C-3591}

今日こそ早く寝ようと思っていたものの,夜遅くなってから妙に頭は冴え気分高揚し,かえって夜更かししたくなってしまった。

組計見直すことにしていた20日までまだ少しあるが,気持ちはすでにデライト収益目標達成の新しい努力期限として5月1日見据えつつある。

この場合,新生デライトによる第三次宣伝攻勢開始は4月上旬目安とする。その代わり,これまでの想定より一段高い完成度目指す。その間にもデライト宣伝進捗に合わせ先行的に行い,可能な限り早期の収益目標達成を狙っていくことになる。非公式情報発信機会を増やすため個人的なツイストも久しぶりに再開した。

これにはやはり,想像をはるかに越えてデライト開発進展速く品質にも十分な自信が持てるようになってきたことが大きく作用している。まだまだ課題は残しているものの,もうすぐメモサービスとして真っ向勝負出来るという確信がある。

新市場戦略ありのままにという姿勢旧市場戦略にあった三やすへの姿勢がここに来て両立するようになっている。どこかのあった分かりやすさではなく,難解さ演出に使うのでもなく,ありのままでいて分かりやすいデライト像が思い描ける。これは面白い変化だ。

{あれ}{開けっ広げ}{政治臭}{思想臭}{思想臭さ}{波風}{人間らしさ}{社会}{長い目}{難解さ}...=}(57)

{思想について K#F85E/A-E74C-9878}

最後に,ご指摘の「思想臭さ」や「難解さ」についてですが,これも造語と同じで,今となっては必要悪に近いなという感覚です。

昨年半ばに知って頂いたということでお気付きか分かりませんが,デライトは当初,出来るだけ無難宣伝を心がけていました。ちょっと風変りな気軽に使えるメモサービス必死に見せかけようとしていたのです。結果として表面的な反応は悪くなかったのですが,ユーザー定着には全くつながりませんでした。

こういう経験から,少しずつデライト難解さも含めてありのまま重視する戦略シフトしていきます。見せかけの分かりやすさで気を引くより,時間がかかっても理解あるユーザーを増やしていくことの方が長い目でみれば得策だろうという考えです。

思想臭政治臭も隠さないことにしました。

そもそも,思想臭や政治臭を感じさせないサービスって,波風を立てていないから気付かないだけで,よ〜く考えると気持ち悪いものだなと思います。世界社会について何も考えていないか,都合が悪くて隠しているということですから,突き詰めれば信頼性透明性に関わる問題に他なりません。

GAFA 等が社会的責任を厳しく問われる立場になってはじめてそれが露呈したと思います。便利技術を作ったらそれがどんどん社会的影響力を持ってしまったけど,その後は知らん,で済まされる時代はもうすぐ終わるでしょう。思想政治観の無いサービスはもう古い,という時代はすぐそこだと思っています。

デライトは,この技術でどのように世界を変えるのか,政治はどう変わらなければならないのか,考え抜いたことを全て開けっ広げにします。それこそ透明性であり,それで離れていく人がいるとすれば,その人に対する誠実さでもあると思います。あとはその思想がどこまで普遍性を持てるかの勝負になるでしょう。

何より,思想臭さ人間らしさです。もし私が目先利益を貪るだけの動物なら,万に一つも成功可能性はないと思っていたデライト開発18年もかけなかったでしょうし,何があろうとこれからの人生の全てを捧げようとも思わないでしょう。これは思想を持てる人間だけが出来ることです。

そう考えると,デライト最大の強みは,どこよりも強い思想に支えられていることかもしれません。

{デライト宣伝}{時間の持て余し}{時間欲}{希哲15年1月10日6歩}{TheBrain}{希哲15年1月8日}{時間の使い道}{立体アウトライナー}{新デライト市場戦略}{暗黙宣伝}...=}(34)

{希哲15年1月8日の日記 K#F85E/A-E74C-2337}

昨年10月最後の壁貫通以後,しばらく時間の使い道を見失っていたが,この頃,時間欲ってきたように感じている。

暗黙宣伝が主だったデライト宣伝では,十分な時間対効果が望めるのはせいぜい一日あたり3時間だった。誰も使わない機能を作り込んでも仕方ないため,反応を待って開発を進めていく必要も感じていた。こうしたことから「時間の持て余し」が生じた。

それから間もなく,11月中にはツイスト宣伝が中心となり,年末にかけて新デライト市場戦略に移行していくことになる。ありのままデライト,引いては希哲館事業表現しようとした時,実装にも長年後回しにしてきた言語化にも時間がいくらあっても足りないということを実感した。

時間を持て余したことで別の収入源確保することが出来,今の安定に繋がっているので結果的にはこれで良かったが,今後はこの安定を維持しつつ極力デライト時間を充てていきたい。

この日は,少し気になっていた TheBrain を試し,これについてのツイストに時間をかけた。ちょうどデライト表現に関しては「立体アウトライナー」に絞って「立体マインドマップ」は使わないようにしようかと考えていたところで,後者の新しい使い道を見つけたような気がした。

10日振り返り

{デライト宣伝}{自我アイコン}{焦らず弛まず}{新型コロナウイルスの新規感染者}{爆発的増加}{良い状態}{投稿の質}{玉石混淆}{文字献典}{見せかけ}...=}(58)

{希哲15年1月6日の日記 K#F85E/A-E74C-D3BF}

ツイスト宣伝重視するようになってからデライト宣伝への反応は明らかに鈍くなっているが,最近,見せかけ分かりやすさではなく,ありのままデライト理解してもらうことの重みに向き合えていることがむしろ嬉しくも感じられる。

そしてこの重みは,「サービス統治」という観点からはかえって好都合かもしれない。文字献典収益性を上げるためには,玉石混淆割合をいかに上げるかがになるからだ。

今のデライト治安投稿の質ともに良好で,低質悪質投稿であふれ返っているよりはずっと良い状態にあると言える。この雰囲気を保ったまま活動用者が安定的に増えてくれるだけで収益化はそう遠い話ではなくなる。収益を得ながら爆発的増加に備える時間稼ぎが出来れば理想的ですらある。

いま取り組んでいる自我アイコン設定機能の実装も,KNS としてのデライト理解してもらうためという持ち辺が大きいが,これが一段落したら主要文書整備に取り組むことを考えている。

最新の方針実装との乖離が大きくなっているデライト主要文書については昨年9月19日にある程度改善案がまとまっているが,その後の変化を考えると今が一番効率的に片付けられる時期だろう。

新型コロナウイルスの新規感染者が2日連続で最多記録を更新し,米政局に大きな動きがあった日でもあり,情報収集考え事デライト開発には集中出来なかった。

焦らず弛まず」を心がけ,生活律動矯正のため早めに寝ることにした。

{還元}{偉大さ}{新年の抱負}{希哲15年1月1日}{新デライト市場戦略}{知能増幅メモサービス}{デライト公式}{副日記}{希哲14年11月}{希哲14年11月1日}...=}(44)

{希哲15年1月1日の日記 K#F85E/A-E74C-1F86}

折角の元日なので,新年の抱負などを考えながらのんびり過ごした。特に,デライト公式新年の挨拶を書きながら「謙虚さ」についてよく考えた。

新デライト市場戦略における知能増幅メモサービスという根想には,どうにも覆い隠しがたい傲慢さがある。この種の技術本質的傲慢なものなのだからと開き直ることも出来なくはないが,処世術を抜きにしても何か引っかかるものがあった。

経験を重ねるにつれ,自分の能力努力よりも,時代環境役割を大きく感じるようになった。特に昨年,あれだけの無茶をして結局大した傷も負わなかったことには環境偉大さを感じざるをえなかった。結局,与えられた知能増幅メモサービスという形で「還元」するだけなのかもしれない。

根がここまで傲慢だと,いくら謙虚になってもなり過ぎることはないが,努めて謙虚であろうとすることよりも,感謝し謙虚にならざるを得ないありのままの自分を知ることが大切なのだろう。

それはそれとして,「謙虚に皆様の知能増幅させて頂く」といった表現は単純に面白いので,宣伝上の演出としては少し過剰なくらいがよさそうだ。

10ヶ月後,11月1日までのデライト収益化を目指し明日からまた走り出すが,まずは大分乱れてしまった生活律動を直したい。昨年11月頃からなおざりになっていた副日記も今日からしっかり付けていく。

{新生デライト}{デライト市場戦略}{デライト宣伝}{希哲14年の月記}{希哲14年12月31日15歩}{新デライト市場戦略}{対 Notion 戦略}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}{希哲14年12月29日4歩}...=}(44)

{希哲14年12月の月記 K#F85E/A-E74C-DE63}

メカソクラテスの弁明」を練りつつ,7日には10月までのデライト開発で嵩んだ借りを返すための仕事一段落した。

一連のツイストがやろうと思いながら出来なかった第二次総括を兼ねていることに気付き,ついでに休養も兼ね16日までかけて書き切った。この頃から頭に浮かんでいた「メカソクラテスの弁明」を別名として21日採用した。

メカソクラテスの弁明」は,デライト中心希哲館事業構想全体像について初めて公に語った経験であり,極めて大きな意義を感じていた。

18日から,デライト市場戦略の本格的な見直しを始める。

19日,「ありのまま」を新デライト市場戦略定問として考え始める。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」や「知能増幅メモサービス」といったデライトをありのままに表現する言葉も考えた。

22日新デライト市場戦略への移行を決定。

24日9月15日から始めた待欄調整廃止。K#F85E での自由描出再開

25日新デライト市場戦略標語として「知能増幅解放」を採用

27日黄金状態回復活動統一を決めた(デライト完全集約)。

これ以後のデライトを「新生デライト」,ここまでの一連の出来事を「デライト累新」と呼ぶことにした(29日)。

30日対 Notion 戦略新デライト市場戦略の「一環」と位置付け,デライト宣伝では暗黙宣伝ツイスト宣伝併用することにした。

ここまでで新デライト市場戦略がほぼ完成形となる。

記録が雑になっていた11月12月振り返り穴埋めも概ね(日記月記のみ)終えた。

{デライト市場戦略}{希哲14年12月の月記}{新デライト市場戦略}{旧デライト市場戦略}{希哲14年12月19日}{知能増幅メモサービス}{最も使いやすいメモサービス}{最も使いやすい知能増幅サービス}{知能増幅回帰}{デライト一夜革命}...=}(27)

{希哲14年12月19日の日記 K#F85E/A-E74C-2DC0}

引き続きデライト市場戦略について考える。

最近感じていたデライトの表現上の問題は「ありのまま」で解決することに気付く。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」というデライトあるがままの姿を表現していくのが近道なのではないかと思えるようになった。これを凝縮した「知能増幅メモサービス」という新しい表現も考えた。

昨日は「知能増幅回帰」という言葉を思いついたところで,これまでのデライトの方針との整合性をどうするかまとまらないまま終わった。結局,方便にこだわるから辻褄合わせに苦しむわけだ。

今日から旧デライト市場戦略新デライト市場戦略として整理していくことにしたが,これが一夜革命と結びつくことに気付いた。ふと「デライト一夜革命」という言葉が脳裏をよぎるが,全知検索してみるとついこのあいだ描いていた。すっかり忘れていた。色々な思いが込み上げてきたが,まとめている時間は無いのでここで寝ることにした。

久しぶりにが来た日でもあった。手を掴んで歩くのはちょっと感動した。

寝不足気味で書きかけだったため,31日加筆修正

=}
{分かりやすい嘘}{希哲14年9月5日}{希哲14年9月5日のツイスト}{分かりにくい}{ツイスト}{ありのまま}{事実}{}{ブロードバンド}{悪い}...=}(14)
{ありのまま}
{}