{完成の域に達した}{表記的}{写し取りたい}{共有目的}{貼り付けたい}{外部媒体}{適当な時期}{整理中}{省略された}{写し取り時}...=}(145)

{希哲16年6月17日の開発 K#F85E/E74C-9EA6}

自我知番省略機能実装終え第二次知番改良完了とした20歩ここでやっておこう思ったのも,途中で第零番節の削除転換したのもあまりにだったが,その割には終始円滑にり,収穫想定はるかに越えて多大だった。全体として大成功言っていいだろう。

第二次知番改良経て知番表記的にも内部的にも完成の域に達した。あとは仕様実装微調整繰り返していく

まず,当初の目的だった知番の簡略化言うまでもなく大きいこれまで一般のデライト用者最短でも K#9-XXXX/A-YYYY という15文字知番輪郭扱う必要があった。それが第零番節の削除によって11文字K#XXXX/YYYY になり,自我知番の省略によって7文字K#/YYYY になった。知番表記仕様に関しては理想的な形だ。

第零番節の省略」から「第零番節の削除」に転換したことで,知番周りの交度出場整理劇的に進んだ。これにより,効率性保守性大幅に向上したのはもちろん,「新括体採番法の完成」という思わぬ収穫繋がった未実装だった自動知番拡張もここで実装出来た今のところ第二番節しか使っていない状況だが,そろそろ必要かという丁度良い時期だった。

波及効果想定以上に大きかった出場見通しの悪さなどが障害になっていた機能実装に関しては大幅な所要時間短縮見込めるようになった特に見通しが悪い課題だった KNEST 隠し出与え構造がこの期間固まり,一気に実装可能性高まった自我知番省略機能Dex との連携必要になったことで,他の記法でも活かせる出与え共有機構整った。これが無番輪符改良などにも繋がっている

将来的に長い知番増えた時のための「知番略記法」を中心とした第三次知番改良方針固まった。この長年の課題にも解決の見通しが立った。

一つ見送ったこともある。自我知番省略された知番写し取り時自我知番付け自輪郭描写欄などへの貼り付け時自我知番の省略をする4月8日の開発記録,というのは,やはり用合いとしては理想的盛り込みたかったが,今回見送った。このあたりの事象Aejs整理中なので,どうしても場当たり的交度になってしまう。他輪郭素出から写し取りたい時や,外部媒体厳密な知番貼り付けたいという時には便利だが,現時点必要としている人少ない共有目的なら共有ボタンがある。交度整理しながら適当な時期実装することにした。

{第二次知番改良}{処理する}{これまで通り}{第零番節付き}{良い影響を与えている}{関わりが深い}{ありえなかった}{劇的に改善した}{大きく貢献している}{軽快に}...=}(75)

{希哲16年6月14日の開発 K#F85E/E74C-8799}

{ばら成し}{希哲館事業}{一日一文}{『希哲日記』}{希哲16年1月}{デライト}{見ていく}{極めて良好}{遅くとも}{大々成功}...=}(93)

{希哲15年11月1日の日記 K#F85E/E74C-5B91}

希哲館史上最高の環境希哲館創立14周年迎え15年目始めることが出来た。

5時前起床は出来ず,若干気怠さ感じることもあったが,9時からの8時間執務ばら成しよく作業進め日課それなりにこなし,終わってみれば気持ちの良い一日だった。朝の日課再開出来,久しぶりに一日一文書けた一日一文長引準備運動程度だったが,新生デライト開発の再開果せた


今日から,当面の目標をこれまでの「デライト収益目標達成」ではなく「デライト収益乗軌化」とすることにした。

思えば,「デライト収益目標達成」には,この水準環境を整える資金調達という意味もあり,必ずしも持続性求めていたわけではなかった。その目的金風果してくれた今,次に考えるべきことは,デライト成長軌道に乗せることだ。「デライト収益化」から「デライト収益目標達成」に表現変えた時同様,また一つ踏み込めるようになったということだろう。

金風によって長期的観点を持ちやすくなっているが,弛緩しやすい状況でもあるため,常に月内目標達成目指すという方針はまだ維持しておく。つまり,現在の目標11月中のデライト収益乗軌化だ。

金風以前でも,希哲館事業何十年でも耐えうる持続性確保していたが,問題開発生活ゆとりだった。そのゆとりももう尽きるか,という時に金風が起きてくれた。今のところ,来年中頃まではゆとりある開発生活を送れる見通しだ。

ゆとりのある内にデライト収益乗軌化を果せればそれに越したことはないので,「デライトの早期成功」の目安としている来年1月までの乗軌化大々成功遅くとも来年中頃までの乗軌化大成功といったところだろう。

金風直前の状況でも楽観的だったのは,極めて良好開発状況があり,収益目標達成への手応え感じていたからだ。いつ収益目標達成出来てもおかしくない思っていた。そこでこれだけのゆとりが出来たのだから,失敗想像する方が難しい状況にある。

あとは,毎日やるべきこと出来ているかどうかだけしっかり見ていく

{iw}{整清記録}{ネット環境整備}{上がった}{急ぐこと}{使えていない}{一連の}{時間はかからなかった}{簡単な}{もう数日}...=}(54)

{希哲15年10月26日の整清 K#F85E/E74C-B2DE}

ネット環境整備仕上げなど。

無線 LAN 子機Archer T2U Nano から Archer T4U Plus換装し,USB 配線整理

T4U Plusドライバrtl88x2bu簡単な引装インストールのみで認識され,その他設定引き継げたので,動かすまでに時間はかからなかったUSB 配線整理USB 3.0 ポート認識不良についての調査未解決時間がかかった

iw で見る限り信号強度若干改善に留まったものの,たまに不安定化することもなくなり,平均的通信速度上がったのか,以前の光回線有線 LAN と比べても遜色ない体感速度になった。T2U Nano不安定化アンテナ性能問題という見立て当たったようだ。

もう数日様子を見たいが,すっきり身軽になり,これだけの通信品質確保出来たのだから,一連のネット環境整備は今のところ大成功と言ってよさそうだ。

あと気になるのは各機器耐久性と,まだ USB 3.0 ポート使えていないことくらいで,特に急ぐことはない。

T2U Nano手頃な予備として保管しておく。

{新生デライト}{デライト開発}{『希哲日記』}{一足先}{希哲15年8月25日の体調}{希哲館事業14年の結晶}{希哲15年8月25日}{希哲15年9月10日}{持ち越す}{希哲15年10月}...=}(33)

{希哲15年8月25日の日記 K#F85E/E74C-FACB}

夕方頃まで,が半分眠っているような,少し妙な体調だった。睡眠不足というほどのことはないはずだが,多少睡眠不安定だったことくらいしか心当たりがない。

しかし,今月雑務処理大方終えた。これでまた当分デライト開発集中出来る。

末日までにある程度の手応えを,来月10日までには確信を得て,9月中のデライト収益目標達成を果せれば理想的な展開だ。10月持ち越したとしても大成功と言えるだろう。この状況一足先認識した一服していたのかもしれない。

いずれにせよ,新生デライト希哲館事業14年の結晶にしようと思った。

26日振り返り日記

=}
{『希哲日記』}{進捗記録}{前のめり}{様子を見る}{巻き返せる}{想定外の収穫}{肌寒い日}{輪郭小窓実装}{律動的集中生活}{希哲15年8月15日}...=}(38)

{希哲15年8月15日の日記 K#F85E/E74C-3307}

急に冷え込み,肌寒い日だった。

定休日だったが,時期が時期だけに休むべきか少し迷った。しかし,律動的集中生活なら進捗記録を付けるか付けないか程度でやることは大して変わらないだろうと思えたこと,短期集中生活と異なり無期限なので利楽する時間必要だろうということで休日は通常通りに取ることにした。

15日までの目標としていた輪郭小窓実装には全く及ばなかったが,中旬前半は想定外の収穫が多く,巻き返せる可能性もあるので20日まではこのまま様子を見ることにした。

そもそも,今月始めに新生デライト開発途上での収益目標達成という方針軌道修正したことで月内達成が視野に入り,前のめりになっていたが,9月中に達成出来れば大成功という状況だ。焦らず着実に行く。

16日振り返り日記

=}
{希哲館事業}{新生デライト}{デライト開発}{『希哲日記』}{利素}{デライト}{希哲15年3月29日8歩}{寝食を忘れる}{極めて重要}{調整期間}...=}(101)

{希哲15年3月28日の日記 K#F85E/E74C-5782}

意を決し,この日から4月10日までの短期集中生活に入ることにした。デライト収益目標達成必達期限11月1日としていたが,努力期限としていた5月1日を必達期限に置き換える。つまり,この一ヶ月決着を付ける覚悟をしたということだ。

4月最後の12週間ラストスパート的な短期集中生活に入る可能性想定していたが,入らなくて済む可能性も残していた。あくまでも努力期限として,収益目標未達になることも無論想定していた。失敗出来ない状況になれば短期集中生活に入ることは避けられず,どうせ入るなら早い方が良い。新生デライトをある程度形にしておきたい4月上旬まで,偶然にもこの日からちょうど14日間だった。経験上,容易生活律動矯正出来る限度だ。連日興奮気味でどの道まともに眠れそうにないということもあった。

このごろ,デライト希哲館事業全体に累新ルネサンスをもたらしているように感じる初心に返ってみることが多くなったり,長年死蔵していた物事が続々と息を吹き返している。デライトが心臓となって事業全体に再び血が巡ってきたようだ。

デライトの成功焦点を絞り,あらゆる利素をデライトに注ぎ込んだ成果と言えるだろう。このデライト集約によって立ち塞がっていた突破することが出来たのは間違いないが,ずっとこのままというわけにもいかない。デライト開発快調に進むにつれゆとりが出来,視界が広がってくると,今度はその視野の狭さ足枷になってくる。

と言っても,このことにはっきり気付いたのはついさっきのことで,そのきっかけはつい前日,希哲館本館構想急速具体化してきたことだった。あえて目隠しをしていたようなものとはいえ,希哲館事業全体に対する視野を失っていたことの意味に気付かされた。

希哲館事業の成功デライトの成功は必ずしも一致しない。デライトの成功が確実になる代わりに希哲館事業の成功が皆無になる道と,デライトの成功が危うくなる代わりに希哲館事業の成功が雀の涙ほどありうる道があれば,迷わず後者を選ばなければならないのが希哲館執務長という立場だ。私はデライト開発者である遥か以前に,執務長として希哲館事業の成功に責任を負っている。

そう考えれば,今の歩みは明らかに遅過ぎる5月1日までの収益目標達成に失敗すれば多少の調整期間を挟む必要があり,6月7月とずれ込んでいく可能性が高い。それでも必達期限は11月1日なのだからまだまだ余裕がある。それに失敗しても生活に困るわけでもなく,デライトは細々と運営していける。何年か後に成功していれば世間的には大成功で,それはまず確実なのだから焦る必要は全く無い。心のどこかにそんな気持ちがあったことは否めない。希哲館執務長ではなくデライト開発者になっていたからだ。

デライト極めて重要希哲館事業一環ではあるが,所詮は一環だ。デライトの成功は,希哲館事業の成功爪先にも及ばない。その後にやらなければならない仕事デライト開発の何百倍とある。デライト収益目標達成ごときにてこずっているわけにはいかない。

最近,日々の展開のあまりの速さに目が回るなどとよく書いていたが,これも今思えば情けない泣き言だ。実際,昨日大きな心境の変化があったかと思えば,今日また新しい心境が開けるのだから,頭の中洪水のようだ。前日の考えをまとめるだけで半日かかっている。宇宙飛行士訓練ではないが,これは慣れるべきことなのだろう。むしろ,毎日加速を続けなければ寿命千年あっても希哲館事業の成功を見ることは出来そうにない。

来月10日までは寝食を忘れてでも頭が働く限り開発に専念し,誰に見せても恥ずかしくない新生デライト5月1日までの収益目標達成を確実にする。11月1日には希哲館仮本館が出来ているくらいの勢い加速し続けたい。

29日振り返り日記

{『希哲日記』}{デライト}{希哲15年1月2日}{大流行}{デライトの成功}{足場固め}{姉夫婦}{昼過ぎ}{時間の問題}{デライト収益化}...=}(29)

{希哲15年1月2日の日記 K#F85E/E74C-C46E}

今日から本格的に執務再開するつもりだったが,昼過ぎから姉夫婦が来て家族で過ごすことになったため,軽い作業のみに留めた。

ツイストを書きながら,デライト収益化までの道程について少し考えた。

今のデライトには,成功する要素が揃っている。どこか一つ歯車が噛み合っていないだけで,それもやはり時間の問題だと感じている。考えるべきことは,いずれ必ず訪れるデライトの成功をいかに早めるかということだ。

そしてデライトには,大成功大失敗かの可能性しかない。中間というのはどうしても想像しにくい。ここまで来れば小さく足場固めしていてもいつかは成功するだろうが,何十年かかるか分からない。この一年足らずで成功させるなら,大流行を狙って跳躍するしかないだろう。

=}
{大成功}

{}