{デライト}{希哲16年4月5日の開発}{希哲16年4月5日の進捗}{CSS 変数}{生み出した}{伝証}{合理化した}{呼ぶべき}{汚い現実}{ウェブの理想と現実}...=}(208)

{希哲16年4月5日14歩 K#F85E/E74C-6431}

CSS 変数(カスタムプロパティ)の導入舞覧ブラウザ五年対応原則採用決め終了今後デライトでは,「5年以内離立された版存主要舞覧」を中心に対応していく

希哲15年3月1日の開発から「デライト推奨動作環境」として同様の定義考えてはいたが,当時は,古い舞覧対応努力はするが推奨はしない程度の,もっと緩やかなものを想定していた


希哲13年ECMAScript 2015HTML5CSS3比較的新しいウェブ標準導入決めてからだいぶモダンにはなったが,まだデライトの舞覧対応方針には感覚的保守的なところがあった。感覚的に影響範囲の広い付徴主要舞覧対応から10年影響範囲の狭い付徴5年目安導入考えていたrem ですら必要以上には使わなかった

先日前次記法実装グリッド領当て導入したが,これはちょうど主要舞覧使えるようになってから5年ほど経つ機能だった。一記法装体過ぎなかったこともあり,ここまで辛うじて良かったが,他にも色々応用したいことが出てき舞覧対応方針見直し必要を感じていた

決め手は,デライトのダークテーマ対応見据えて CSS 変数の導入考え始めたことだった。CSS 変数主要舞覧対応から5年ほど経つが,本格的に導入するとなると影響範囲広がり過ぎる


Can I use対応舞覧よく調べるようになってから,「5年以内離立された版存主要舞覧」が意外に普及していることに気付いた大体90%以上はある。

地域にもよるだろうが,確かに今時古い舞覧使い続ける方が難しいかもしれない。個人機なら5年平均的な買い替え周期であり,スマートフォンなら古い部類だろう。自動更新標準的になった昔と違って多数派の“普通の人”ほど新しい舞覧使っている

あえて古い舞覧使い続ける場合というと,一昔前なら古い個人機再利用というのがあったが,格安インターネット端末普通に流通している今,新しい舞覧使えないほど古い端末使い続ける費用対効果疑わしく,制危考えれば推奨出来ることではない

一番面倒なのが舞覧の更新許されない企業内利用だが,そもそもそんな保守的な環境デライト利用出来るとは考えにくい

こう考えていくと,デライトにとって古い舞覧への対応重要性極めて低い言わざるをえない

奇しくも新生デライトの完成目指している6月15日に,IE11 のサポート終了がある。中途半端気もする内容だが,いわゆるモダンではない舞覧最後の砦崩壊する新しいウェブ標準への社会的移行象徴的な出来事にはなる。


ある程度古い舞覧への対応考慮してきたのは,企業体力がついた将来対応拡充することを考えていたからだったが,これもよく考えると合理性怪しい

技術的負債”は簡単に返せるものではない。大企業肥大化した交度にいかに苦しめられているかを考えれば合理的に古い舞覧への対応出来る来るかどうかも分からないむしろ組織大きくなった時にこそ見通しの良さ重要になる


もっと根本的なこと言えばデライトウェブ標準という盤本の“キラーアプリ”になるべきものだ。新しいウェブ標準普及牽引していくくらいの考えがなくてはいけない。

その伝証デモ足掛かりがすでにこれだけ普及していれば十分過ぎるだろう。


舞覧五年対応原則導入によって,ウェブの理想と現実における汚い現実大部分だった古い舞覧正しく切り捨てることが出来るようになり,前縁整備はもちろん,デライト文書整備でも大きな効率化もたらされるだろう。文書整備では,対応舞覧についてどう説明していくかが一つの課題だった。ここまで絞り込めば説明すっきりする

デライト開発劇的に合理化した描出公開原則とともに「デライト二大原則」と呼ぶべきかもしれない。思えば描出公開原則デライト正式離立という大きな節目目前にして生み出したものだった。


=}
{デラング}{希哲館訳語}{進捗記録}{取り組んでいた}{大まかな意味}{音写性の高い}{的記}{解釈する}{揺らいでいた}{ソーステキスト}...=}(74)

{希哲16年2月2日18歩 K#F85E/E74C-A528}

進捗時限記録中略

希哲館訳語についての検討終了

1月26日17歩ソース希哲館訳語として「素出」を採用したが,「素文」をどうするかという問題があった。これはもともとプレーンテキスト翻訳語として考えたものだが,デラングソーステキストという意味使ったこともあり,揺らいでいた

ここで,プレーンテキスト新しい訳語として「普文」を考えていたことを思い出したデライト正式離立取り組んでいた時期評価する時間が無かったのかすっかり忘れていたが,十分使えそうなので,ひとまず暫定訳語としておくことにした。素文はやはりソーステキスト解釈するのが整合的だろう。


ついでにテキスト」をどう訳すか再考した。的記的書適書といったがあったが,決め手が無かった。

カタカナ語としてのテキストテクスト大まかな意味は,「研究学習処理などの対象となる」なので,漢字一字ならやはり「」しかない気がする。「的記」を基本として,「的書」や「的文」と使い分けるべきか。

新たに底本」からの連想で「底記」という訳語思い付いたが,「」では音写性の高い漢字組み合わせ限られる

=}
{用者}{進捗記録}{越える}{分かる}{知番}{希哲15年12月24日の開発}{導入しなかった}{完全に隠す}{繋がりうる}{知番の強み}...=}(116)

{希哲15年12月24日6歩 K#F85E/E74C-9D02}

自我知番の省略についての検討終了

昨日の開発から本格的に検討始めた自我知番の省略だが,描写内では輪郭自我知番全知検索などでは録入り中自我知番指す略記法として導入することを決めた

仕様として導入することに大きな問題はないが,難しいのは用合いにどう調和させるかで,これは今後の課題とする。

利点言うまでもなく文字列としての短縮性だが,変則性を一つ加えることで扱い難しくなる懸念もあった。省略有無混乱の元になる可能性もあるため,極力混同させないようにしつつ,ある程度は混同されることを想定した用合い提供する必要がある。この難しさは,これまで導入しなかった正しさでもある。

現状のように自我知番4桁収まっている間は,まだ略記法利点欠点拮抗するだろうが,そのうち8桁になれば流石に邪魔になってくるだろう。将来的に知番の長さ補う方法必要になってくるということは考えていたが,この課題解決策にもなることに気付いたことが決め手だった。

第零番節を除き輪郭知番8桁越えることは機械的な描出でもしない限り)考えにくいが,自我知番4桁なのはむしろ例外的な時期で,いずれ8桁標準になるし,遠い将来には12桁になることも考えておく必要がある。つまり,知番全体20桁まで長くなる現実的な可能性がある。

ここで自我知番の省略が出来れば,少なくとも自輪郭に関しては4桁から8桁輪郭知番だけ考えればいいので,十分な短縮性と言える。他輪郭なら20桁でも扱えなくはない

もっとも,自我知番12桁になるのは40億用者越えてからのことで,輪郭知番4桁もそう簡単には埋まらないので,現実には12桁から16桁知番模量層になるだろう。司組用者成熟度合わせて長くなっていくのが知番の強みだ。


考えている内に,自我知番の省略には無用な自我知番露出避けられる利点もあることに気付いた

テプラ機器知番ったりしているが,人目に触れる場所ではこれも個人情報流出繋がりうる自分だけ分かればいいなら自我知番表記しておく必要はないし,未公開にして完全に隠すことも出来る。

=}
{デライト}{開発}{開発記録}{見てもらえる}{見れる環境}{上信時}{大した}{代替形式}{写真投稿者}{WebP 統一}...=}(31)

{希哲15年12月3日の開発 K#F85E/E74C-0931}

9月3日の開発では見送ることにした添付画像WebP 統一だが,写真投稿者という立場改めて検討し,ここで統一してしまうことを決めた

デライト画像素材などは代替形式用意することに大したコストはかからないため現状維持として,添付画像に関しては原則として上信時WebP 変換する。

文字献典基礎にしていることはデライト強みなので,ここは割り切り,見れる環境見てもらえればいい,と写真投稿者という立場でも思えたことが決め手だった。

=}
{写真}{『希哲日記』}{希哲16年2月}{希哲12年}{希哲11年}{分かる}{機種変更}{撮れない}{落としたくない}{役割分担}...=}(193)

{希哲15年11月27日の日記 K#F85E/E74C-0E26}

一昨日考えた関宿町までの日帰り自転車旅行小手調べに,河原のあたりまで走ってきた,こんな河川敷連れてきてくれた記憶微かにあったが,それが江戸川河川敷緑地だったと分かってすっきりした

道中黒い影映り込む不具合のある Galaxy S8 のカメラでも撮りたくなる素晴らしい景色色々あったので,少し撮っておいた


昨日カメラについて色々考えて久しぶりにカメラ熱上がっていたところだが,いずれにせよスマホカメラをこの状態にしておくわけにはいかないと撮りながら感じていた経験上コンデジでも常に持ち歩くのは辛いふらっと外出した時など,スマホカメラ頼らざるをえない場面多々ある。

ここで,「カメラのための機種変更」という選択肢急浮上した。

Galaxy S8 も一応希哲11年(2017年)当時高級機種なので悪いカメラではないが,まだおまけ域を出ない印象だった。特に夜景まるで駄目で,希行寸写用カメラとしては頼れない性能だった。複眼化などでスマホカメラ高性能化目立つようになってきたのが S8 発売翌年頃からで,高級コンデジ一眼レフ劣らない存在感が出てきたのはここ2年くらいのことだ。

その雰囲気だけはなんとなく感じ取っていたが,実際高級コンデジ購入検討した後で同価格帯最新スマホカメラとして見ると,携帯性はもちろん,ネットGPS 連携補正編集機能などを含めた総合力で全く見劣りしない。それどころか,寸写用カメラとしては理想的ですらあるように思えてくる

機種変更については,Galaxy S8電池膨張起こしてから検討したが,決め手がなく保留状態だった。元々携帯電話嫌いスマホ嫌いで,S8 から渋々スマホ使い始めてからも性能依存するようなことはほとんどしていない。S8リフレッシュ品交換してからカメラ不具合はあったが,大して使っていなかったので相変わらず機種変更への意欲湧かなかったカメラも含めてあらゆる面中途半端で,好きでもなく期待もせず使うもの,というのがこれまでの私のスマホ観だった。

そんなスマホに関する最大の不満は,性能ではなくスマホケース3192GS8寿命を迎えつつあることだった。見た目はともかく,ホルダー劣化角度によって簡単に外れるようになったし,留め具ちぎれそうだった。扱う時に気を使うようになってしまった。しかし,スマホケース買い替えるなら機種変更だろう,というところで止まっていた

ここに最新のスマホカメラという新たな動機加わってからは自分でも驚くほど早かったってもいいと思っていた S22 も,日本発売される見通し来年春まではとても待てない海外では2月頃とされているがそれも辛い。その間,撮れたはずの写真撮れないことになる。待てないなら出来るだけ急ぐべきだろうと思ったサイクリングから帰った正午頃から再検討始めて16時前には Galaxy S21 5G注文済ませていた。これで歯痒かったスマホ問題”も一気に解決向かうこととなった。


移行先機種は,店頭実機触ってみた感じ最有力候補だった Galaxy S21 5G にした10月5日の整清記録

S21 Ultra 5Gドコモでしか扱っていないため以前検討した時は気付かなかったカメラ性能には惹かれたが,大き過ぎる感じた S21+ 5G よりも更に大きいという考えにくい選択肢だった。そのうちカメラ専用機併用すると考えた時,役割分担観点から携帯性落としたくない要素だった。

12月5日振り返り日記

{早朝出振るい}{『希哲日記』}{希哲15年}{越える}{進めていきたい}{災害対策}{地震対策}{機に}{具体的な対策}{不吉さ}...=}(104)

{希哲15年10月7日の日記 K#F85E/E74C-CD7B}

昨日スマートフォン出与え移行作業アカウント整理必要感じたため,虎哲アカウント管理機能整備着手した。

将来的には自我認証連動させることを視野に,まずは暗証語管理用の駒手整備から始める


5時前起床に向けての生活律動矯正早めたい健康早朝出振るいのためというのもあるが,最近ネット環境動機加わっている。

最近導入した家庭用路定機UQ WiMAX ギガ放題プラスSpeed Wi-Fi HOME 5G L11は,他社に比べて契約住所縛りが無いことが決め手だったが,その代わり速度制限が多少厳しい直近3日間15GB越えると,その翌日18時頃から26時頃まで概ね1Mbpsまでの速度制限がかかる。つまり,理想的な定時執務が出来る生活になれば,この速度制限上手く回避することが出来る。

今は通信に若干の不安定感があるものの,自宅もそろそろ au5G 圏内に入りそうでもあり,このまま通信品質改善していってくれれば以前の光回線と比べても遜色ない水準になるだろう。そのうち速度制限緩和される可能性もある。

最初一時凌ぎのつもりだったが,実質的に速度制限無し契約住所縛り無し将来性も含めて十分に高速路定機だけで完結するネット環境だと考えると,むしろ理想的かもしれないと思えてきた


22時40分頃,強い地震があった。家では物が倒れるほどではなかった。今年に入ってからも何度か強い揺れを感じる地震があったが,どれも震源地遠かったので,震源地付近被害心配してしまう強さだった。

震源地千葉県北西部と聞いてその点は安心したが,大地震近付いてきているような不吉さ感じた

首都直下地震可能性は常に頭の片隅に置いていたが,具体的な対策まで考える余裕が無かった。金風とこの地震機に地震対策含め災害対策少しずつでも進めていきたい

8日振り返り日記

=}
{整清記録}{機種変更}{Galaxy S21 5G}{希哲15年10月5日の日記}{充電しっぱなし}{手になじんだ}{少し大きい}{見てきた}{Google 依存度}{入手しにくい}...=}(91)

{希哲15年10月5日の整清 K#F85E/E74C-27DF}

身辺整理一段落

半日ほどかけ,金風以後,早く片付けたかった最後の事務的な問題片付けた

こちらは思っていたより円滑だった。

スマートフォン検討

電池膨張Galaxy S8本体いてしまっていることに気付いた動作には異常無し

それなりに購入から時間も経っているが,充電しっぱなしにすることが多かった

交換用電話機お届けサービス申し込み

そろそろ4年機種変更してもいい頃だが,故障紛失サポートを付けていたことを思い出し,いずれにせよ検証機として保有しておくつもりだったため,修理検討した。

交換用電話機お届けサービスというものがあることを知り,KDDI問い合わせたところ,ネット申し込みは出来ない事例らしいものの3,000円弱負担金リフレッシュ品送ってくれることになった。

機種変更検討

現状機能面性能面では Galaxy S8間に合ってしまっているため,機種変更動機はさほど高くないが,一応検討した

最新の後継機種S21 5GS21+ 5G だが,Pixel 5気になった

S8決めた当時,開発用標準的な Android 端末欲しかったが,本命視していた Nexus日本では入手しにくい状況だった。ただ,今となっては Galaxy慣れてしまっていること,Google 依存度をこれ以上高めたくないこと,わざわざ買い替えるには性能面中途半端なことなどで Pixel 5採用しにくい。

外出帰り実機見てきたが,S21 5GS8 より少し大きいS21+ 5G はそれより更に少し大きく,大き過ぎる印象だった。Pixel 5 が一番手になじんだが,代わり映えしないということでもあり,やはり選びにくい消去法S21 5G最有力候補ということになる。

Galaxy S22待つという手もあり,まだ決め手欠ける

{開発}{開発記録}{輪郭小窓}{希哲15年7月23日の日記}{難がある}{総合的に勝る}{開始操作}{二度押し}{希哲15年7月23日}{決めた}...=}(42)

{希哲15年7月23日の開発 K#F85E/E74C-8F83}

輪郭小窓引き入れボタンに加え,輪郭小窓から引き放ち出来るようにすることを考え始めた。タッチ端末での引き放ち式再現難しいという課題があったが,これで解決しそうだ。特に開始操作長押し舞覧機能干渉二度押しダブルタップダブルクリックに合わせたい)採用しにくかった。

引き放ち式個人機でも操作性挙動難があり,調整必要を感じていたため奇跡的丁度良かった

これが決め手となり,描写部に限らず前後景輪符輪郭小窓統一諸場も統一することを決めたタッチ操作ではページ移動に二回タップ必要になってしまうことから少し迷いがあったが,輪郭小窓利点総合的に勝るだろう。

=}
{進捗記録}{希哲15年7月9日の開発}{編集用注釈コメントを入れる}{編集者注}{備忘注}{隠し注}{覚え注}{非技術者}{込め注}{編集用注釈}...=}(36)

{希哲15年7月9日16歩 K#F85E/E74C-0200}

デラング整備文書整備

編集用注釈コメントを入れる」をざっとまとめて終了。

非技術者向けに「コメント」という概念をどう説明するかんだ結果,「編集用注釈」略して「編注」という翻訳語暫定的採用することにした。「コメント」は簡易マークアップ言語用語としては紛らわしい場合が多々ある。

込め言」の応用で「込め注」を採用しかけたが,見出しを見ただけでは意味が分かりにくく,結局「編集用注釈」と説明せざるをえない,というところで断念した。

「編注」は辞典にこそ見当たらないが一般に「編集者注」の意で使われている。見せるか見せないかの差はあるものの,その一種とは言えるので理解はしやすいかもしれない。

裏注隠し注覚え注備忘注……などいくつか他の翻訳語も考えたが,まだ決め手に欠ける。

=}
{決め手}

{}