{デラング}{AsciiDoc}{Markdown}{2000年代前半}{希哲16年1月23日のツイスト}{希哲16年1月23日}{残っている}{ツイスト}{認知}{強み}...=}(19)
{開発}{開発記録}{デライト}{見てもらえる}{見れる環境}{上信時}{大した}{代替形式}{写真投稿者}{WebP 統一}...=}(31)

{希哲15年12月3日の開発 K#F85E/E74C-0931}

9月3日の開発では見送ることにした添付画像WebP 統一だが,写真投稿者という立場改めて検討し,ここで統一してしまうことを決めた

デライト画像素材などは代替形式用意することに大したコストはかからないため現状維持として,添付画像に関しては原則として上信時WebP 変換する。

文字献典基礎にしていることはデライト強みなので,ここは割り切り,見れる環境見てもらえればいい,と写真投稿者という立場でも思えたことが決め手だった。

=}
{デラング}{Markdown}{デライト}{サービス名}{希哲15年4月27日のツイスト}{希哲15年4月27日}{言語体系}{ツイスト}{中途半端}{強み}...=}(12)
{希哲15年3月17日のツイスト}{希哲15年3月17日}{Notion}{ツイスト}{唯一無二}{強み}{奇跡的}{鈍重}{独走}{Evernote}=}(10)
{用者}{開発}{開発記録}{利素}{デライト高速化}{満遍なく}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}...=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。

{進捗記録}{領当て}{デライト}{希哲15年2月12日の開発}{端末間}{横向き}{568px}{希哲15年2月12日の進捗時限}{希哲15年2月12日の進捗}{希哲15年2月12日}...=}(46)

{希哲15年2月12日5歩 K#F85E/E74C-974E}

デライト文書整備「使い方」構成を練る。

個人機向けと諸場端末向けで説明を分ける方向検討していたが,これは共通化してしまうことにした。

自我アイコン設定機能実装を通して鼻付き吹き描き領当てがほぼ共通化されたこと,昨日引き入れ操作をほぼ共通化したことで,表示操作ともに端末間での差異がほとんど無くなったことによる。併用することも多いはずなので,この状態で説明し分けるのは無駄だろう。

結果として今のデライト単純性柔軟性を極めて高度両立させている。これを強みとして活かしたい。

これに伴ない,画面撮り横幅統一することにした。個人機で見ても違和感がなく,スマートフォンで見ても細か過ぎないという点で,現在最小横幅の基準にしている iPhone 5横向き幅(568px)を採用することにした。今後は宣伝用の画面撮りも含めてこの横幅を基準にする。

画面撮り時の横幅は少し前からよく考えていたのでちょうど良かった。これまでは普段自分で使っているをそのまま使うことが多かったが,要点を伝えるには無駄が大きいと感じていた。適当に縮めると統一感が無くなるという問題もあった。

{強み}

{}