{希哲16年4月7日の開発}{希哲16年4月7日の進捗}{多段化}{進めて}{後縁の対応}{追加取得}{フラグ化}{確定出来る}{余計な検索}{目に見えている}...=}(109)

{希哲16年4月7日10歩 K#F85E/E74C-B300}

進捗時限記録中略

全知検索整備方針検討終了

2月23日頃から検索結果改良について本格的に考え始めていたが,「検索属性」を導入し,検索結果多段化進めていくことにした。

現状例えば括弧類自動付加した検索は出来るが,その出来ない括弧付き描出したい場合括弧無し検索して既存輪郭無いことを確認した後,括弧を付け再検索するということがく,とりあえずこの手間無くしたかった全知検索演算子制御任意の括弧類使える好都合ということもあった。

文字数昇順揃えてそれなりの結果になっているのでこれを降順にすればいいかと思ったが,上手く行かない場面多々あるので一時凌ぎ域を出ない

将来的な拡張性考える検索結果多段化好ましい風船輪郭輪括内検索にも応用出来る希哲14年7月30日8歩から輪括内検索輪括内のみにすると使いにくいという理由中途半端な状態になっていたが,優先表示解決出来ることに気付いた

整数値揃え兼ねた役割を与え,これを「検索属性」として利用出来るようにする。

ここまでは良いが,効率的な実装難しい単純に全ての検索パターンUNION結合すればひどいことになるのは目に見えている外充て函数余計な検索省くようにする,挿入更新時に確定出来る情報フラグ化しておくといったことに加えて後縁での出力最低限にして前縁追加取得するといった工夫必要になるかもしれない。

いずれにせよ後縁の対応進めて問題ないだろう。設計方針さえ固まれば最適化どうとでもなる

{一日一文}{希哲館事業}{『希哲日記』}{希哲8年}{睡眠}{希哲15年4月の月記}{涙ぐむ}{途方もない}{呼吸を整える}{小休養}...=}(68)

{希哲15年4月6日の日記 K#F85E/E74C-8087}

少し気持ち落ち着いてきたため,利楽しながら作業を進めた。それでも程度の進捗ぶりではあった。

短期集中生活とはいえ小休養必要は感じながらも,連日興奮気味でまともに睡眠も取れないということが続いていた。ここで少し呼吸を整えたい。


一日一文準備も進めた。

一日一文の歴史を遡っていて,久しぶりにブログ『道草録』思い出した希哲館事業最初期から WordPress運営していたブログで,ある面でデルン前身と言えなくもない。この「道草」という言葉は,希哲館事業途方もない大きさを前に全てが手探りだった当時心境をよく表している。色々な想い出が蘇えり,少し涙ぐんでしまった。

題名も気に入っていたので,希哲8年頃に私の随筆集として『道草録』再始動させようと考えたこともあったが,何となく立ち消えになっていた。一日一章を始めて間もない頃だったので,いずれ関連させようとは思っていたのだろう。

ここで,一日一文『道草録』素材にすることを思い付いた。これも一つの希哲館累新だ。

考えてみれば,月庭・デライト転送の開始以後,kitetu.com から窓口になるような献典が無くなっていた。ほぼ毎日書いている文章といえば『希哲日記』だが,これは当時の心境事実記録することに主眼を置いたもので,人に読ませることを意識したものではない。『希哲日記』に書き切れないことを書いておく所としても『道草録』という題名好ましい

読み手意識した文章として,メリハリを付けるためにも一日一文には敬体を使おうかと思ったが,気を使い過ぎて書きにくくなってしまう恐れがある。多少ぶっきら棒なくらいが良さそうなので,まずは常体で書き始めることにした。

続けるのが難しかった最大の理由は,書き始めるとついつい凝り過ぎてしまうということにあった。1時間以内で書こうと思っていても,結局数時間かけてしまうことが多かった。それが普通になると書き始めるのにも気力が必要になってしまう。

{HTML}{進捗記録}{<iframe>}{渡括記法}{共有用 URI}{埋め込み交度}{注意表示}{希哲15年3月14日の進捗時限}{希哲15年3月14日の進捗}{希哲15年3月14日}...=}(49)

{希哲15年3月14日4歩 K#F85E/E74C-7B1F}

デラング整備HTML タグ切り替えについて再検討

iframe 要素sandbox 属性を使い,自輪郭については allow-scripts を加えてスクリプトもある程度使えるようにし,他輪郭についてはスクリプト禁止しつつ注意表示をした上でタグを有効化出来る,という方向で考えていた。

ただ,自輪郭はこれでいいとして,他輪郭については用合いとして少し煩雑かという気もしていた。例えば,ちょっとしたタグが1つ使われているだけでも切り替えて見なければならない。読み手にとってはもちろん,柔軟表現のためにタグを使いたい書き手にとっても好ましい用合いではない。

そもそも HTML安全性についていちいち検査したくない,というのが動機だったが,Dex によってそれも大した問題ではなくなってきた。

他輪郭についても,ある程度制限はした上で安全なタグは普通に利用出来るように軌道修正することにした。


YouTubeTwitter 等の埋め込み交度にもある程度対応することにした。

これも検査が面倒という点で避けていたが,よく考えると,それらしい入力から最小限パラメーターだけ拾って,予め用意しておいたテンプレート置換して出力すれば安全性は容易に担保出来る。

共有用 URI の先頭に + を付けるだけという渡括記法もあった方が良いが,慣れない人は埋め込み交度を貼り付けてくる可能性が高い。

可読性を考えると,描出時に渡括記法に置換してしまうのが良さそうだ。

=}
{進捗記録}{highlight.js}{希哲15年3月9日の開発}{明るい赤}{デライトの雰囲気}{読みやすい}{Gruvbox Dark}{Solarized Dark}{Zenburn}{カラーテーマ}...=}(39)

{希哲15年3月9日11歩 K#F85E/E74C-EF86}

デラング整備交度対応

途中で終了。

交度部区装体調整

highlight.js導入実験成功

カラーテーマ選定で少し悩むライブラリが廃れた時のことを考えると,独立したカラーテーマとして広く認知されているものが好ましい

その中で,読みやすく,デライトの雰囲気調和するものを探した。

最も有名Solarized Dark は微妙にデライトの配色に合っていない。

ぱっと見Gruvbox Dark は良さそうな気がしたが,明るい赤多用しているところにを感じた。

結局,Zenburn採用することにした。読みやすさは保ちつつ,全体的に地味配色邪魔にならないという点が決め手となった。

=}
{用者}{開発}{開発記録}{利素}{デライト高速化}{満遍なく}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}...=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。

{デライト}{開発}{開発記録}{デライト宣伝}{希哲14年11月10日}{月庭・デライト転送}{改装中ページ}{デライト集約}{可接性}{全知検索窓}...=}(24)

{希哲14年11月10日の開発 K#F85E/E74C-F9A6}

デライト集約一環として,月庭改装中ページにしてデライト誘導するということを考えていたが,今日ふとそのまま転送してしまえばいいのではないかと思いつき早速実施,これによりデライト集約が一応の完成をみた。これを仮に「月庭・デライト転送」と呼んでおくことにした。

改装中ページにはデライト全知検索窓を置いたり画面撮りを載せてデライト宣伝を兼ねるつもりだったが,そこまでするならこちらの方がずっと手っ取り早く,各輪郭への可接性維持することも出来好ましい。最近,月庭への検索流入がゆるやかな右肩上がりを続けているため,これも上手く利用出来そうだ。

ほか,SSL 証明書更新など。

{出振るい}{進捗記録}{希哲14年9月25日の開発}{未登録}{3種類}{全輪郭検索用背景}{自輪郭検索用背景}{公式文書用背景}{希哲館装体背景}{希哲14年9月25日の進捗時限}...=}(36)

{希哲14年9月25日10歩 K#F85E/5B28-1902}

デライト用合い改良

希哲館装体背景調整

5月11日3歩で考えた通り,希哲館装体背景K竜胆蛍公式文書用背景竜胆蛍のみの全輪郭検索用背景無地自輪郭検索用背景3種類に分けてみた。

期待以上に良い

これまで公式文書用背景に K を並べたもの(希哲館装体背景の様子)を使っていただけだったが,華やかになった。自輪郭検索全輪郭検索判別がしやすくなるという利点もあるが,全輪郭検索は未登録訪問者が目にする部分でもあるので,賑やか印象になるのも好ましい

ここでいったん出振るいし終了。

22日11歩で修正した Favicon もここで反映され綺麗になった。

{好ましい}

{}