{第二次知番改良}{早朝出振るい}{大きな発明}{採番法}{頭を抱えた}{払拭出来た}{危険な機能}{見通しの悪さ}{断念した}{劇的に進んでいる}...=}(54)

{希哲16年6月11日の開発 K#F85E/E74C-D075}

{一日一文}{継続出来る}{後悔はなかった}{書いてしまった}{何について}{設けない}{導入していく}{様子を見ながら}{漸進的に}{意識した}...=}(72)

{希哲16年4月28日の日記 K#F85E/E74C-B4BC}

第四次宣伝攻勢開始前日なので,輪郭選り手抜控機能整備くらいは終わらせてしまいたかったが,事務的な用事もあり時間的に中途半端だったため,久しぶりの一日一文書きながら宣伝攻勢方針についてまとめた

文章書いたように,第四次宣伝攻勢は「新生デライト開発実況」という趣向行くことにした。

従来通り朝昼晩1時間ずつ目安とした宣伝加えて一日一文再開することにした。これまでの一日一文は“未来人”の読者想定したかなり長期的視野書いていたため,短期的な成果求めている時にはどうしても後回しになり,継続出来なかった。そこで,ここからはいったん一般読者意識した書き方改め希哲館訳語などは様子を見ながら漸進的に導入していくことにした。デライト宣伝兼ねられるものなら継続出来るだろう。

また,一日一文にはあえて時間制限設けないことにした。何についてどれだけ書くべきかは状況次第だ。この日も,最初は1時間程度で書こう思っていたものの,久しぶりに深夜まで熱中して長文書いてしまった。ただ,大きな意義感じられ後悔はなかった

29日振り返り日記

{希哲16年4月5日の開発}{希哲16年4月5日の進捗}{CSS 変数}{生み出した}{伝証}{合理化した}{呼ぶべき}{汚い現実}{ウェブの理想と現実}{もたらされる}...=}(208)

{希哲16年4月5日14歩 K#F85E/E74C-6431}

CSS 変数(カスタムプロパティ)の導入舞覧ブラウザ五年対応原則採用決め終了今後デライトでは,「5年以内離立された版存主要舞覧」を中心に対応していく

希哲15年3月1日の開発から「デライト推奨動作環境」として同様の定義考えてはいたが,当時は,古い舞覧対応努力はするが推奨はしない程度の,もっと緩やかなものを想定していた


希哲13年ECMAScript 2015HTML5CSS3比較的新しいウェブ標準導入決めてからだいぶモダンにはなったが,まだデライトの舞覧対応方針には感覚的保守的なところがあった。感覚的に影響範囲の広い付徴主要舞覧対応から10年影響範囲の狭い付徴5年目安導入考えていたrem ですら必要以上には使わなかった

先日前次記法実装グリッド領当て導入したが,これはちょうど主要舞覧使えるようになってから5年ほど経つ機能だった。一記法装体過ぎなかったこともあり,ここまで辛うじて良かったが,他にも色々応用したいことが出てき舞覧対応方針見直し必要を感じていた

決め手は,デライトのダークテーマ対応見据えて CSS 変数の導入考え始めたことだった。CSS 変数主要舞覧対応から5年ほど経つが,本格的に導入するとなると影響範囲広がり過ぎる


Can I use対応舞覧よく調べるようになってから,「5年以内離立された版存主要舞覧」が意外に普及していることに気付いた大体90%以上はある。

地域にもよるだろうが,確かに今時古い舞覧使い続ける方が難しいかもしれない。個人機なら5年平均的な買い替え周期であり,スマートフォンなら古い部類だろう。自動更新標準的になった昔と違って多数派の“普通の人”ほど新しい舞覧使っている

あえて古い舞覧使い続ける場合というと,一昔前なら古い個人機再利用というのがあったが,格安インターネット端末普通に流通している今,新しい舞覧使えないほど古い端末使い続ける費用対効果疑わしく,制危考えれば推奨出来ることではない

一番面倒なのが舞覧の更新許されない企業内利用だが,そもそもそんな保守的な環境デライト利用出来るとは考えにくい

こう考えていくと,デライトにとって古い舞覧への対応重要性極めて低い言わざるをえない

奇しくも新生デライトの完成目指している6月15日に,IE11 のサポート終了がある。中途半端気もする内容だが,いわゆるモダンではない舞覧最後の砦崩壊する新しいウェブ標準への社会的移行象徴的な出来事にはなる。


ある程度古い舞覧への対応考慮してきたのは,企業体力がついた将来対応拡充することを考えていたからだったが,これもよく考えると合理性怪しい

技術的負債”は簡単に返せるものではない。大企業肥大化した交度にいかに苦しめられているかを考えれば合理的に古い舞覧への対応出来る来るかどうかも分からないむしろ組織大きくなった時にこそ見通しの良さ重要になる


もっと根本的なこと言えばデライトウェブ標準という盤本の“キラーアプリ”になるべきものだ。新しいウェブ標準普及牽引していくくらいの考えがなくてはいけない。

その伝証デモ足掛かりがすでにこれだけ普及していれば十分過ぎるだろう。


舞覧五年対応原則導入によって,ウェブの理想と現実における汚い現実大部分だった古い舞覧正しく切り捨てることが出来るようになり,前縁整備はもちろん,デライト文書整備でも大きな効率化もたらされるだろう。文書整備では,対応舞覧についてどう説明していくかが一つの課題だった。ここまで絞り込めば説明すっきりする

デライト開発劇的に合理化した描出公開原則とともに「デライト二大原則」と呼ぶべきかもしれない。思えば描出公開原則デライト正式離立という大きな節目目前にして生み出したものだった。


=}
{新生デライト}{上手くまとめる}{一定の水準}{大きな印迫}{暫定実装}{争っている}{具体的な作業}{大きな当努}{合間合間}{どうであれ}...=}(113)

{希哲16年4月3日の日記 K#F85E/E74C-2AE0}

のんびり作業しながら開発組計について整理した最近の脳爆発でまた混沌としてきた頭の中がだいぶ整理出来脳疲労感一気に和らいだ良い休日の過ごし方だ。


まず,第四次宣伝攻勢は,遅くとも黄金週間初日29日には始める多少の助走期間欲しいので,下旬出来るだけ早い内始めたい。その前に新生デライトの完成,と行きたいところだが,やや無理がある無理をして不眠不休やれば出来ないこともないだろうが,今のところそこまでの必要感じていない

無理のないところで,6月までの新生デライトの完成目指すことにした。ちょうど6月まで様子を見ることにしていたが,新生デライトさえ出来れば収益どうであれどうとでもなる。これが現状の最適解だろう。

宣伝認知されてから実際に流入始まるまでには多少の時間差もある。第四次宣伝攻勢前には,新生デライト当努のうち,訴求効果必要性高いものを優先して詰め込む

こまごまとした問題合間合間片付けるとして,大きな当努では,まず輪郭選り手抜控機能整備片付けたい今のところ最も長く中途半端なまま引きずっている当努で,心理的負担大きい先日終えた Aejs 整備目的でもあった。KNEST 隠し実装昨年から中断しているが,これは具体的な作業がほとんど出来なかったため,状態としては他の当努大差ない

その次は,Aejs 整備の再開前の Cμ 文字列処理改良り,1月29日12歩決めた通り,続いて描写渡括実装入る。さらにその次の優先順位をめぐって頭の中争っているのが,輪郭小窓暫定実装公開設定機能部分実装だ。どちらも用者体験にとって大きな印迫がある。集客する以上,高速化文書整備デラング整備一定の水準以上に進めておく必要がある

これらを黄金週間前に上手くまとめることが当面の目標になりそうだ。

{中途半端}

{}