{作業時}{早く寝たい}{色々な気付き}{今後の作業方針}{直感的な理解}{冗長感}{付け加え過ぎる}{性質の違い}{再描出下書き抜控一覧}{他の下書き}...=}(62)

{希哲16年5月25日の開発 K#F85E/E74C-8F85}

=}
{考えていたら}{頑張るしかない}{今は}{得意な}{なんとも言えない}{望んでいない}{気楽な生活}{振り返ってしまう}{自分の人生の歴史}{一夜革命構想}...=}(100)

{希哲16年5月10日の日記 K#F85E/E74C-D7F5}

まだ若干脳疲労感残っていたため引き続き半休にした。明日姪達預かることになっているので,明日まで半休にして生活律動調整をすることにした。思えばこの上旬だけでも色々なことがあった。「平常心」という言葉最近よく意識しているが,それくらい冷静でいることが難しい状況だ。

現状新生デライト開発迷い無いし,デライト宣伝効果にも十分期待出来る。あとは生活律動適切な時間配分高進捗維持出来るかどうかだ。いつものことながら,こういう状況弱い一寸先は闇という状況では平然としていられるのに,見通しが良く,あとは地道に努力するだけ,となると急に気持ちぐらついてくる。それはここまでやって来られた理由でもある。

日々やるべきことやるだけそれだけで,23ヶ月以内のデライトの完全な成功視野に入る。それは,世界初の実用的な知能増幅技術商業的成功であり,とりもなおさず世界史上最大の成功だ。極端過ぎるが,その極端さ狙ったのが希哲館事業発足以来の一夜革命構想なのだ。そんなことを考え出すと,希哲館事業の歴史自分の人生の歴史までしみじみ振り返ってしまう

本心では,気楽な生活との別れ望んでいるような望んでいないような,なんとも言えない気分。それに子供の頃から苦手既定路線決して得意な状況ではない。ただ,もっと若い頃違って今は強い義務感がある。やりたいかどうかではなく,やるべきかどうかで考えられる頑張るしかない

……色々なこと考えていたら結局夜更かししてしまった。明日はこれを利用して早く寝ることにした。

11日振り返り日記

{出振るい}{希哲16年4月6日の開発}{希哲16年4月6日の進捗}{領当てが崩れる}{足りず}{然るべき時期}{ごつい}{ボタン装体}{もともと}{過度に}...=}(101)

{希哲16年4月6日16歩 K#F85E/E74C-04AD}

進捗時限記録中略

フォーム部品装体調整デライト扉装体調整

一段落したため出振るい手定めして終了


まず,2日の開発思い付いた全知検索ボタン改良案導入した装体調整前

この検索ボタン装体は,もともと全知検索演算子連動させることを考えていたため,入力欄切り離したようなデザインになっている。一体感ボタンとしての分かりやすさ両立させたもので方向性としては悪くない。ただ,若干無駄があった2日の開発合体選り手同じ見せ方使えそうなことに気付き,これでまとめた

全知検索窓デライト最初期作り込んだ部分だったため,基本的にフォーム部品はこの装体間に合わせ継承していたが,全知検索窓以外では過度に重々しく見える問題があった先日描出ボタン改良好感触得たため,汎用的なボタン装体はそれに合わせてまとめることにした。

ボタン装体軽くなったことで全体的な釣り合い変わったため,一通り関連する装体調整行った設定ページ装体調整前だいぶ良い感じになったが,特に装体調整前大きく洗練されたこれまでの重々しくごつい印象が,だいぶ軽く柔らかく見えるようになった。スクリプト挙動おかしい所もいくつか修正した

新生デライト完成目前丁度良い然るべき時期出来て良かった


下見アイコンもここで出振るい出来た

足りず領当てが崩れることに気付いたため,幅狭領当てでは字数計をいったん非表示にすることにした。

{出力する}{漠然と}{こまごまとした問題}{キーボード操作}{簡潔な表現}{ダブルクリック操作}{意味が分かりにくかった}{誘導効果}{見えやすくなった}{戻り方}...=}(100)

{希哲16年3月31日の開発 K#F85E/E74C-FB1F}

こまごまとした問題片付けた


就寝前閲覧専用模動に関して閃きがあり,また脳爆発始まってしまった

漠然と中景部角丸周辺ボタンとして使えそうだとは思っていたが,これで吹き描き長方形にして前後景部し,さらに中景輪符波括弧角括弧変えれば吹き描き意味ともデラングとも調和する詳細はまだ練る必要があるが,かなりの有力案になりそうだ。

{違了処理整備}{出振るい}{踏み切れた}{radial-gradient()}{作れた}{理想的な陰影}{簡単なようで}{実験していた}{画段}{色々な場面}...=}(204)

{希哲16年3月28日の開発 K#F85E/E74C-5B9D}

KNEST 隠し実装の再開金風といった出来事中断していた昨年9月以来,初めての Aejs出振るい終えた最初微調整程度でとりあえず出振るい目指すつもりだったが,あっという間下見機能陰影付きスクロール形になり,一応の新輪郭選り手」が出来た

外観操作性ともに洗練された新輪郭選り手日々の描出がより快適になることはもちろん下見機能手定め領当て調整大幅に効率化することによりデラング整備加速するだろう。そもそも Aejs出振るい出来なかったことで前縁関して出来ること限られていたため,その障害無くなったことが大きい

新輪郭選り手

今回出振るい以前を「旧輪郭選り手」,以後を「新輪郭選り手」と仮に呼んでいる

新輪郭選り手では,@oln.bld詰め込んでいた選り手関連機能@oln.edr_dln.bld@oln.edr_knm.bld整理し,複雑な機能見通し良く管理出来るようになった。これにより,保守性もちろん全体として見触れ大きく改善した。

まず,これまで知名選り手角丸長方形で,描写選り手吹き描き合わせた眼形表示していたが,両方開いている場合は「合体選り手」として眼形になるようにした画面撮り新規描出フォーム再描出フォーム旧輪郭選り手では単独開いた場合外観変わらず調和感欠けていた画面撮り新規描出フォーム再描出フォーム挙動もより連動的になり,自然になった。

描写選り手右脇適当に付けていた取り消しボタンも,合体選り手では知名選り手描写選り手同時に閉じる機能分かりやすくなり,見た目洗練された

描出ボタン22日9歩方針まとめ目障りにならないデザイン保ちつつ初心者にも分かりやすいものに出来た

挙動面では,違了処理整備若干表示タイミングなどに出来ていたぎこちなさ解消出来た外していた選り手溶暗溶明動き付け復活させ,滑らか見えるようになった。

まだ様子見必要だが,違了処理整備のあたりから出来ていた不具合解消期待出来る。特に描写選り手二重いたり,デラング記法消去して再描出してしまう不具合稀に起こるのが気になっていた

今回目玉となった下見機能は,思わぬ形あっさりまとまった感触く,色々な場面活躍してくれるだろう。

陰影付きスクロール

26日14歩出来た陰影付きスクロール同時に出振るいした画面撮り下見機能にも有用気付いたことで実装踏み切れた

背景色溶暗していく「溶暗付きスクロール」として考え始めたのは昨年3月11日9歩だったが,空行続くこともあり閲覧性必要な描写部には不向き気付いてからは,薄い陰影付ける方向実験していた

これも簡単なようで調整難しかった陰影がかかる高さ濃さ画段微妙な緩急調整繰り返し,さりげなく,かつ分かりやすい理想的な陰影ようやく作れた一時linear-gradient() ではなく radial-gradient() を使って中央丸みのある陰影試したが,交度部区などに重なった時に視認出来なくなるためやめた

諸場舞覧などスクロールバー出ない舞覧スクロール可能であることが非常に分かりにくいという用合い上欠陥がこれで解消したスクロールバーの出る舞覧でもより直感的スクロール可能であることが分かるようになり,効果大きい

{若干}

{}