{iOS}{不思議な偶然}{縁の無さ}{中古価格}{中古人気}{新し過ぎず}{古過ぎず}{最新の iOS}{購入手続き}{新端末}...=}(97)

{希哲15年8月6日の開発 K#F85E/A-E74C-2EFA}

休日なので,新生デライト開発における作業の進め方などについてじっくり考えた

抜控機能によって安心して描出出来るようにするという当初の目的は果しているので,とりあえず換配確認機能実装まで輪郭選り手整備を進め,いったんデラング整備戻ることにした。換配確認機能デラング整備を大きく加速させるだろう。

輪郭選り手整備イメージもだいぶ固まった

新生デライト全体像出来上がったということは,単純に作業項目が増えたということでもあるが,死角が無くなり,効率的作業の組み合わせ完成までの最短経路考えやすくなったパズルゲーム連鎖狙うようなもので,選択次第結果雲泥の差になるだろう。

とはいえ,どれだけ完成が早くても収益目標達成を待てる期間内間に合うかどうかは分からない。むしろ不安の方が強い。完成を遅らせても宣伝効果の高い付徴優先しなければならない場面も出てくるだろう。


手定め用iPhone 7明後日にでも手に入ることが確定した。

Appleウェブ積極的ではないこともあり,Safari への対応は積極的にしたいことではなかったが,新生デライト開発を前に舞覧手定め環境整備本格的考えるようになり,中古でも iOS 端末を持っておこうかとぼんやり考え始めたのが先月30日だった。

世界的には Android 端末多数派といっても,日本北米ではまだ iOS市影は大きく,日本重視しているデライトでは無視出来ないものがあった。

前々からiPhone 7 からの機種変更をしたいと言っていたので,なんとなく聞いてみたら偶然にも翌日手続きに行こうとしているところで,あっさり貰えることになった。年齢なりに機械音痴なのでその後右往左往していたが,今日ようやく新端末購入手続きを済ませた。

iPhone 7 は,古過ぎず新し過ぎず最新の iOS利用出来,中古人気もありいまだに市影は高い,と手定め機としては理想に近い。

中古価格手頃だが,私の Apple 製品との縁の無さを考えると,こんなことでもなければ調べる気にもならず,結局 LambdaTest あたりで済ませていた可能性が高かった。これも不思議な偶然だ。

=}
{こまめな出振るい}{希哲15年7月16日}{Cμ 総点検}{Cμ 基礎改良}{希哲15年5月2日5歩}{違了処理整備}{デライト高速化}{引き入れ}{出振るい}{譜類}...=}(41)

{希哲15年7月16日の開発 K#F85E/A-E74C-EC4A}

Cμ 基礎改良Cμ 総点検で余計な譜類などを軽く整理したあと,後回しにしてきた違了処理整備に入り,Aejs調整をざっとしておいた。

5月2日5歩でも言及しているが,これまでのデライト違了処理最低限のことしかしておらず,捌き手プロセスが落ちている時などに描き出しすると普通に違了ページ移動してしまう。気の効いたブラウザなら「戻る」で復元されるだろうが,心証はよくない。また,引き入れ権限の問題で出来なくても何も表示されないため,初心者混乱させやすいなどの問題があった。

最近のデライト速度安定性ともに理想に近い状態にあるが,そのせいでかえって出振るいなどの作業躊躇するようになってしまっていた。デライト高速化でこれからこまめな出振るいが増えそうなので,ここで片付けておきたい。

{希哲15年6月21日の開発}{希哲15年6月20日の日記}{:only-child}{輪符}{強調輪符}{破線密度}{視線の流れ}{薄い色}{結論付けた}{心許無い}...=}(160)

{希哲15年6月21日9歩 K#F85E/A-E74C-A945}

強調輪符輪結装体リンクスタイルについてのまとめ

これまで輪符輪結装体1px #999破下線にしていたが,通常の線のlightgray引用部区ブロックなど WhiteSmoke 背景の上では silver と,かなり薄くした強調記法単独で囲まれた輪符に関しては,silver一本下線にし,少し目立つようにした。

これにより,輪結リンク重要性に応じてメリハリが付くようになり,重要性変調さりげなく示唆したいような場合は軽い強調はっきり強調したい場合は重い強調というように,強調記法と組み合わせた「強調輪符」の記法確立した。

輪符自体を強調するのではなく,参照名を強調したいのであれば内側に強調記法を置くことも出来る(例:軽い強調重い強調)。

経緯

長い歴史

輪符表示をどうするかという問題は,デルン最初期からの課題だった。

最初は重要な輪符を少しずつ貼り付けるような使い方しかしていなかったため大きな問題ではなかったが,いずれ文中輪符が増えてくれば,重要性によって表示し分ける必要が出てくる,というのは当初から想定していた。元々,入力道手メソッド機能自動補完などで文章のほとんどが意味符号になるような技術として構想していたからだ。

実際,デライト以後,私自身の慣れデライトの品質向上によって自然と文中に輪符が増えてきた。現在,私の描出ではほとんどの輪符であり,輪結になっている。こうなると,閲覧者にとっては,どこが重要な輪結なのか分からない上に,中途半端に目立つ輪結だらけで見にくいという問題が出てくる。

もう一つ,輪符に関する問題があった。輪符知名を変えて参照したということが分かりにくいという問題だった。輪符の知名を変えたということが読み手にとって重要なことがあるが,これまでそれを表現する良い手段が無かった。

どちらの問題も,少し前までは自動的解決出来るのではないかと考えていた。例えば,前景輪にある輪符自動的強調表示したり,知名と異なる名前で参照された輪符斜体にするなどということを考えていた

ただ,これは描出経験を積むにつれ無理がある感じるようになった。

まず,時として膨大になる前景輪に一致する輪符をいちいち見つけるのは現実的ではない。見えている10輪限定するのも不自然見え方になるだろう。輪符参照名をいちいち照合するのも軽い処理ではない。

描写隠し文字列でも埋め込めば負荷軽減にはなるだろうが,依然として無視出来ないコストではある。何より,出与え一貫性保守性深刻な影響を及ぼすことは目に見えている。

それ以前に,自動装体スタイリング適用すべきではない場合が多々あることも分かってきた。全知検索との兼ね合いも考えると,文中目立たせたい輪符引き入れたい輪郭はむしろ一致しないことの方が多い。

知名に関しても,例えば,「知る」という輪郭を「って」のように語形を変えて参照することも増えてきた。明らかに自動装体にすべきではない,瑣末な場合が多々ある。

最近では,デラング整備進展もあり,これは手動装体,つまり何らかの記法対応すべきなのではないか,と考えるようになっていた。

今日の進展

こうした問題解決に向けて本格的に考え始めたのは,まさに今日,昨日の日記を付けていた時に,「希哲15年6月20日の開発」という輪郭を「開発では」として参照した時だった。この「開発」が,一般的な意味での開発なのか,特定の日の開発を指しているのか,一見して分からない。これは以前からずっと気になっていた問題だが,そろそろ何とかしたいと思った。

重い強調を使ってみたりもしたが,重過ぎる。そこで軽い強調を使ってみることにしたが,軽い強調は欧文向けで,斜体伊体依存した装体は避けたかった。ここで,強調輪符下線調整することを考え始めた。

強調輪符をいかに目立たせるか,ということを考えているうちに,そもそも輪符輪結全般が目立ち過ぎていることに気付いた。というより,これまではこの輪結装体軽い参照重い参照表現していたので,気付いてもどうしようもなかった。ここで,通常の輪符と強調輪符でメリハリを付けることを考え始めた。

破線は太くすると環境によって全体的に大きくなり短いでは破線らしく見えなかったりするため,一本下線にすることを考えた。もともと点下線破下線一本下線輪結の強さ表現した装体で,一本下線は前景輪のために取っておいたが,前述の理由で未使用だった。ここで,輪結装体に関する問題全般と繋ってきた。

通常の輪符に関しては,いっそのこと下線類を無くしてもいいかと思ったが,流石に文字色だけでは心許無い視線の流れを遮ることなく,視線を止めれば容易に輪結と視認出来る按配理想として,破下線を極力薄くすることにし,白背景なら lightgray引用部区など WhiteSmoke 背景の上では silver最適結論付けた

Firefox調整していたためもう一段濃い silver と darkgray の組み合せで決めかけたが,他の環境では破線密度の差でまだ濃過ぎるように見えたため,まとめ中に修正)

強調輪符一本下線に関しては,薄い色では弱いように思え gray を試したが,明示的下線を引きたい場合のために下線記法導入することも考えているため,兼ね合いであえて silver にしておくことにした。

まずは CSS のみでの出振るい:only-child で複数の輪符には効果が跨らないようにしてあるが,テキストノードは含まれうる。本来は一つの輪符のみを強調した時の効果であるべきだが,とりあえずは十分だろう。

総括

開発記録に書いておく。

{一日一文}{頭を切り替える}{極端な例}{書きたいこと}{書こうとする}{避けようがない}{熱が入る}{こだわらない}{書き終えられる}{厳密に守る}...=}(71)

{希哲15年6月16日の日記 K#F85E/A-E74C-90D6}

第三次黄金状態での過熱抑制も兼ね,久しぶり定時執務再開した。前日反省から,一日一文書き方見直したこともあり,ここ数日感じていた揺らぎ払拭安定感取り戻したばら成し良く,メリハリのある気持ち良い一日だった。

21時過ぎには眠り,5時過ぎには目が覚めるような生活にも大分慣れたが,進捗を落としたくなかったことと時間帯を決めているデライト宣伝都合もありなかなか定時執務に入れなかった。

しかし,ここ数日の経験で,やはり連日20歩前後の進捗という生活危険だと思うようになった。休日を取ってしまうと高速道路で急ブレーキをかけるような危なっかしさがあるし,かといって無休心身が持つとも思えない。

調子に乗って欲が出てしまったが,もともと10歩台後半維持理想としていたのだし,8時間執務で最低16歩になれば十分だろう。

デライト宣伝はまだ低頻度なので,宣伝攻勢までに執務時間をどう調整するか考えておく。


一日一文については,1日2時間という時間制限厳密に守ることにした。これまでは「目安」だったため,あと少しで書き終えられるとなると延長してしまうことが多かった。

これと同時に,あまり文章を書き上げることにこだわらないことにした。これまで,書き上げてはじめてその日の一日一文ということにしていたが,一つの文章に数日かかったらその数日も一日一文が出来たことにする。つまり,「○○日の一日一文」だけではなく「○○日〜○○日の一日一文」があってもいい。重要なのは内容であり,毎日なにかしら書こうとすることだ。

これまでの経験からいって,書いているうちに熱が入って長くなってしまうということは避けようがない。最近,頭の片隅に書きたいことを溜めておけるようになり,題材困ることは無くなったが,代わりに詰め込みがちになっている。前日はその極端な例だった。

残りわずかでも2時間に達したら中断し,それなりに読める内容であれば「書きかけ」として公開し,翌日に続きを書き,時間が余ったらもう一つ書くようにすればいい。

この日はこれを実践して上手く頭を切り替えられた。

17日振り返り日記

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{政治的合意}{代替策}{交通技術}{基礎所得保障}{人間への共感}{両立}{世界史上最大の企業}{階層的}...=}(73)

{基礎所得保障ベーシック インカムから基礎雇用保障ベーシック ウェルカム K#F85E/A-E74C-B5DA}

一昨日の一日一文で私の変わった“金銭欲”ついて少し触れたが,これが実は希哲館事業核心に近い要素かもしれない。

希哲館事業にはもともと,“資本主義共産主義綜合”という目標が含まれている。その新しい経済思想を「相通主義」と呼んでいた。この名前も最後に見直したのがだいぶ前なので,もう少し良い名前がある気もするが,しばらく仮称としておこう。

相通主義というのは,資本主義流儀に則って共産主義理想(本来の共産主義とは別の形で)実現してしまおうという考え方だ。そのになるのが「相通化技術」と呼ぶ技術で,情報技術交通技術に大別される。希哲館事業では,その情報技術を「虎哲」,交通技術を「竜力」と呼び,開発計画を「竜虎計画」と呼んでいた。

その虎哲の核心となるのが輪郭法で,デルンデライトとなっていく。こう階層的整理してみると,希哲館事業構想がいかに巨大か分かる。「人類史上最大の事業構想」というのも伊達ではない。事業の全体像を簡単に説明しておこうと思うだけで,本題について忘れそうになる。

ベーシック ウェルカムとは

そんな希哲館事業で私がやりたいことは,簡単に言ってしまえば,“世界史上最大の企業”を作って雇用万人開放することだ。これを「基礎雇用保障ベーシック ウェルカム」(BW)と呼んでいる。「基礎所得保障ベーシック インカム」(BI)の代替策だ。

BI は昔から考えられてきたことだが,小規模な実験以外で実現見通しは立っていない。いくつかの理由で,一定規模以上の国家で実現することは困難と私は見ている。

BI は社会の構成員に大きな考え方転換を迫る。それも,持続的でなければ意味がない。やってみたが,やっぱり戻そう,という動きも当然考えておかなければならない。その割に,哲学的弱さがある。利点とされていることも大半は希望的観測でしかない。

それに対し,BW は思想転換も政治的合意も必要としないという大きな利点を持つ。その代わり,万人に雇用を提供出来る企業を創り出さなければならない。

私はよく GAFAM意識したようなことを語っているが,実際,この構想は GAFAM を大きく越えるような企業でなければ実現出来ない。しかし,それは不可能なことではない。

知識産業はこれまで考えられなかったような格差を生み出す。企業間も例外ではない。ついこの間まで,GAFAM の株価東証一部上場企業全体を上回り,米国政府と対立することなど考えられなかった。その GAFAM 全体を一社で上回る企業が出てこないとも言えない。

究極の格差を制することで世界に平等をもたらす。この BW という考え方は,世界史上最大の富を生み出そうという意欲と,人並の収入があれば満足に暮らしていけるという価値観両立させた人間にしか生み出せないものだと思う。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{有力候補}{希哲軒}{醜いもの}{名を体を表す}{希哲屋}{「希哲館」の由来}{希哲亭}{希哲荘}...=}(77)

{続・「希哲館」の由来 K#F85E/A-E74C-7DB0}

折角なので,昨日の一日一文で書いた「希哲館命名思い出話を続けてみよう。

14年ほど前,当時の私が持てる知識理想の全てを注ぎ込み,名付けたのが「希哲館」だった。その後,私は膨大な造語翻訳語考案し,様々な物事の名前を考える営みを「最小文学」とすら呼ぶようになった。しかし,「希哲館」を越える名前が出来たと思えたことはない。そういう意味では私の最高傑作だ。

名を体を表すとも言うが,ある名前が良いかどうかは,それが指し示す物によって変わるものだ。醜いものにどれだけ表面的美しい名前を付けても,それは良い名前とは言えない。

後に「希哲館」と呼ばれることになる“それ”は,デライト基礎にもなっている輪郭法武器に,知による産業革命知を共有する民主主義確立目指す機関として構想されたものだ。それは在野自由力強さを持ちながら,未来公共を担う大きさをも兼ね備えていなければならない。これに対する「希哲館」以上の名前はいまだに見つかっていない。


さて,「希哲」の部分に関しては昨日の一日一文で書いた通りだが,この「〜館」の部分にもそれなりのこだわりがあった。

希哲院」では気取り過ぎ,「希哲屋」「希哲軒」「希哲亭」では気軽過ぎ,「希哲楼」では派手過ぎ,「希哲庵」では地味過ぎ……最終的に,「希哲館」以外では「希哲堂」や「希哲荘」などが有力候補だった記憶がある。

「〜館」は,近世までは藩校明倫館造士館……)などによく見られ,近代以後は大使館公民館図書館博物館美術館など,交流文化に関わる施設に広く使われるようになった。明治時代の「鹿鳴館」,バグダードの「知恵の館バイト・アル=ヒクマのように歴史的な事業を連想させるものでもあった(後に薩摩藩の「集成館」にも似ていることに気付き,集成館事業になぞらえ「希哲館事業」という表現を使うようになった)。「」が持つ歴史的用法現代におけるイメージ総合して,これが最も思い描いているものに近いと考えたわけだ。

……「希哲館」に関する話は,まだまだ書き尽くせそうにない。また気が向いたら続きを書こう。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{自由の敵}{考え抜いた}{希哲亭}{希哲庵}{自由館}{域名芸}{思い出話}{なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか}...=}(66)

{「希哲館」の由来 K#F85E/A-5B28-15EB}

先日の一日一文なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか」でも書いたように,デライト希哲館事業一環として開発されている。

今日は,この「希哲館」という命名に関する思い出話でも書いてみようと思う。


14年ほど前にこの事業を始める時,まず考えたのは,事業の理想をどのような言葉表現すべきか,ということだった。後からコロコロ変えたくなかったので,半永久的に使うつもりで徹底的考え抜いた

最初に思い浮かんだ言葉の一つとして強く記憶に残っているのは「自由」だ。希哲館は「自由館」だったかもしれない。

ただ,これでは何かが足りないと感じた。当時の私は,この「自由」が現代においては意味を失いつつある,と感じていた。かつて,「自由」を掲げることに意味があったのは,「自由の敵」が割と明確だったからだ。しかし,いま重要なのは,何によってどのように自由を守るのか,ということだ。「自由」だけではその回答にならないのだ。

もう一歩踏み込んだ表現を見つける必要があった。それが「希哲」だ。西周という人物がむかし考えたフィロソフィー翻訳語に「希哲学」というものがある。これが変化して今でいう「哲学」になった。失われた「」を取り戻し,フィロソフィーを万人共有出来る理念にしたい,と考えた。誰もが賢哲にはなれないが,意志さえあれば誰でも希哲の人にはなれるからだ。

つまり,知を希求することフィロソフィーこそ,これからの自由になる。それが「希哲館」の名にこめられた思いだ。

それから10年以上経ち,反知性主義先進国課題として認識されるようになった。知識産業隆盛する一方,選り人エリート大衆の溝は広がるばかりだ。「希哲」は,万人が知の恩恵を受けられる社会を築くためのだ。


……「希哲館」の命名に関してはもっと色々な話が出来るのだが,一日一文で書くには長過ぎた。

例えば,なぜ「」を付けたのか,という話もある。希哲堂希哲院希哲荘希哲庵希哲亭……などという案があった。

偶然にも kitetu.comキテツコム が希哲館のドメインハックになった話,「希哲」がそのまま希哲紀元年号になった話も書きたかったが,また今度にしよう。

{理想}
{}