{デラング}{ラテン文字}{進捗記録}{パンくず記法}{注意記法}{補足記法}{折り畳み記法}{感じさせてくれる}{歴史的な意義}{今となっては}...=}(166)

{希哲16年1月20日8歩 K#F85E/E74C-2FC4}

進捗時限記録中略

ひょんなことから予てから課題だった折り畳み記法急速にまとまった

折り畳み記法は,他の部区記法組み合わせ使える汎用的な記法として実装していくことにした。以下のように,部区開始行末^加えることで,その部区見出しなら階層下内容折り畳まれるようにする。厳密に言えば見出し階層下内容含む部区ではないが,例外的に扱う

・リストの折り畳み ^
  ・折り畳まれる項目

* 折り畳む見出し ^
折り畳まれる内容

+{埋め込みの折り畳み K#XXXX} ^

検討中,これがネタバレNSFW のような閲覧注意内容使えそうなことにも気付いた

きっかけからまとまるまで

補足記法・注意記法についての検討で,終了記号区切り線--)も使えるようにすることを考えた時,以下のように区切り線亜種として ^^ を使って折り畳めることをしてもいいのではないかと思い付いたことがきっかけだった。

?? 補足
補足内容
^^

この終了記号のように,他の部区にも統一的に応用出来る記法があれば何かと可能性が広がる。そこであれこれ検討してみると,部区終了記号だけでなく開始記号側にも分かりやすい目印欲しくなった。むしろそちらの方が自然場合多い

^対応する記号なら v考えられるが, などと異なり自然言語扱うデラングラテン文字導入しにくい日本語はともかく外国語問題が起きないとも限らない

何より下向きの三角形一般に展開されていることを表す記号なので,折り畳まれている記号として v開始記号添えるのは直感的ではない。となると,<>デラングではある程度活用方向性決まっているので,矢印的に使えそうASCII 記号^ しかない。

ここで,「行末^」を思いついた。これなら折り畳み記号としての直感性もあり,他記法とも組み合わせやすいパンくず記法で「行末>」を採用する直前にあっただが,微妙な違和感があり回避していた。この直感大当たりだった。

そして終了記号^^ とも整合的見える……と考え出したところで,今度はこっちの問題気になってきた。まず,日本人感覚ではぱっと見顔文字見える。そこで,--亜種であることが分かりやすいように --^考えてみたが,空行挟まない特定の文字指しているような記号見える

そもそも開始行末1個あれば,特別な終了記号要らないことに気付くまで時間はかからなかった結果的に非常にすっきりしたになった。

他の検討案

昨年6月18日の開発時点からは,以下2案があった。

++ ラベル
折り畳まれる内容
--

? ラベル
折り畳まれる内容
!

前者がこれまでの最新案で,区切り線--対応させて,++使うツリー開閉記号しばしば +-使われることに引っかけただったが,埋め込み記法渡括記法との紛らわしさから現時点での採用考えにくい。特に最近では ++使った行内埋め込み記法有力視していることもあった。無理に区別出来なくはないが,意味的な整合性確保するのが難しい

後者は,補足記法注意記法方向性固まった今となっては採用余地皆無だが,当時から今回の検討きっかけになった補足記法との組み合わせ考えていたことを示すであり,歴史的な意義感じさせてくれるものではある。

{希哲16年1月16日の開発}{目付き輪符}{目出し輪符}{希哲16年1月15日}{目出し記法}{輪符}{目出し}{顔文字}=}(8)

{目出し輪符 K#F85E/E74C-4F11}

輪符括弧顔文字の目に使われる :; を付けることで自我(利用者)アイコン表示出来る拡張

{:
前に自我固有のアイコン。
:}
後ろに自我固有のアイコン。
{;
前に出放りアイコン。
;}
後ろに出放りアイコン。

希哲16年(2022年)1月15日,「目出し輪符」として実装

見本

デライト公式
デライト公式の輪郭
デライト公式の輪郭
デライト公式の輪郭
デライト公式の輪郭

{:デライト公式 K#9-C7C6}
{:デライト公式の輪郭 K#9-C7C6/A-8241}
{;デライト公式の輪郭 K#9-C7C6/A-8241}
{デライト公式の輪郭 K#9-C7C6/A-8241:}
{:デライト公式の輪郭 K#9-C7C6/A-8241:}
{進捗記録}{目出し輪符の匿名化}{目出し輪符}{使えてもいい}{ありそう}{実用的な}{;}}{:}}{{;}{{:}...=}(50)

{希哲16年1月15日14歩 K#F85E/E74C-8E46}

(書きかけ)

進捗時限記録中略

類型化正規表現 rgx_IKON_T整理しつつ,目出し輪符実装出振るい手定め済み目出し輪符手定めの様子

5日5歩検討下敷きにしたが,これも実際使ってみる想像以上収穫だった。

使ってみるまで,前後両方表示するのは遊びくらいかと思っていたが,文中使う時の目印など実用的な使い道意外にありそうだ。

面白い閃きもあった。顔文字して {::}使うなら,ウインク型の {;;}使えてもいいとは思っていたが,これが出放りアイコン使えることに気付いたアイコン表示したいが利用者固有のものである必要はない,あるいは少し不都合がある場合に使える顔文字にもぴったりだ。


この手応えで類型化正規表現は漸次的に行っていくことにした。

{進捗記録}{Markdown}{文字装飾記法}{下線記法}{希哲15年6月23日の開発}{希哲15年6月23日9歩}{希哲15年6月23日の進捗時限}{希哲15年6月23日の進捗}{希哲15年6月23日}{目立たせる}...=}(26)

{希哲15年6月23日10歩 K#F85E/E74C-2B89}

前歩で導入を検討した下線記法についての追加検討で終了。

下線記法は __ と2つ連続するアンダースコア採用することにした。

__下線__

アンダースコア本来の意味を考えると1つでも良い気がしたが,例えば,変数名顔文字の類との相性が悪い。変数名に関しては交度記法を使えばいいといっても,書き手が全ての記法を覚えて使い分けられるわけでもなく,知っていても適当に書きたい場合もあるだろう。

そもそも目立たせるための記法なのでこの程度の目立ち方が丁度良いし,他の書式関連の記法との統一感も出る。

ちなみに Markdown ではアンダースコア1つから強調に使うが,これは明らかにまずい

{可変アイコン}{希哲13年8月10日のツイスト}{希哲13年8月10日}{ツイスト}{笑顔}{話題}{アイコン}{SNS}{顔文字}=}(9)
{顔文字}

{}