{デライト}{一日一文}{知能増幅技術}{希哲館}{希哲館事業}{新技術}{文化施設}{輪郭法の歴史}{希哲館事業の歴史}{建築構想}...=}(66)

{なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか K#F85E/E74C-6F49}

私は希哲館事業,希哲館事業とよく書いているが,それについてまとまった文章がほとんど無い。近いうちに解説文を書くつもりだが,今日は簡単に,「なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか」を書いてみたい。

希哲館事業とは,簡単に言えば,「社会輪郭法最大限活用出来るようにするための事業」だ。輪郭法というのはデライト原理にもなっている理論で,このような技術実装し,普及活動を担い,より良い活用の仕方を探求しているわけだ。


希哲館事業の歴史は,輪郭法の歴史と同じくらい長い。というのも,輪郭法を私が閃いたのとほとんど同時に生まれたからだ。

私が17歳で輪郭法を閃いた時,これが知能増幅(IA)技術につながることに気付いた。それと同時に,単なる技術に留まらない可能性課題があることにも気付いた。これは現代人人生観世界観政治経済あり方をも大きく変える発明になる。少年時代の私はそう直感した。

そこで,輪郭法とその応用技術中心に,超現代的な全く新しい思想体系社会基盤構築する事業構想した。これがつまり,希哲館事業の青写真だ。

希哲館」は,事業の拠点となる機関文化施設として構想したもので,建築構想でもある。その名には,輪郭法による「希哲フィロソフィー」の復興という思いを込めた。希哲元(2007)年11月1日希哲館事業は発足した。


個人知識管理というものを突き詰めていくと,それは知能増幅技術になる。そして知能増幅技術には,それを取り巻くあらゆる課題に対応する包括的事業必要になる。デライトに興味があっただけなのに,希哲館事業なんてややこしいものが出てきて面喰らった人も多いだろうが,全て必然だ。そして,それだけの背景を持っているのは,世界を見渡してもデライトしかない。

もう一つ,希哲館事業自体が,知能増幅技術としてのデライトの「デモンストレーション」になっているという側面がある。どんな新技術にも,見本になるものが要る。人類史上最大の事業構想とも言える希哲館事業構想以上にデライトの性能実証するものは無いだろう。

{伝証}{デモ}{デモンストレーション}{伝魔}{デマ}{デマゴギー}{翻訳}{時記}{学問}{公開}=}(10)

{伝証〈デモ〉と伝魔〈デマ〉 K#F85E/46F7}

デモ,つまりデモンストレーション英語:demonstration)とは,本来は明示とか証明という意味の言葉だ。ここから,実演見本示威といった意味を持つようになった。はこれを「伝証(でんしょう)と訳すことにした。

さて,デモと似た言葉にデマというのがある。これはデマゴギー独語:Demagogie)の略で,現在では一般に悪意あるいは怠慢による悪質流言のことを指す。最近ではインターネット上などでさらに用法が拡大している感もあり,社会的影響力の大きい虚報誤報一般をデマと呼ぶ人も少なくない。私はこれを「伝魔(でんま)と訳すことにした。

この<ruby><rb>伝証</rb><rp>(</rp><rt>デモ</rt><rp>)</rp></ruby>と<ruby><rb>伝魔</rb><rp>(</rp><rt>デマ</rt><rp>)</rp></ruby>,語感が似ているだけでなく,情報伝達交鳴コミュニケーションに関わる概念として近年話題になることが多いものだ。特にインターネットは,社会的・政治的な伝証の呼びかけと伝魔の流布をともに手軽なものにした。これから,伝証も伝魔も我々にとってますます身近な存在になっていくことだろう。情報と上手く付き合うためにも,これらの概念を噛み砕いておくことが必要になる。

=}
{デモンストレーション}

{}