{出振るい}{進捗記録}{分かる}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{確信が持てなかった}{領当て}{ずらせない}{他要素}{空間的に}...=}(122)

{希哲16年2月9日15歩 K#F85E/E74C-ABAC}

進捗時限記録中略前後

デライト装体調整昨日7歩に関する整理終了

見出し段落よりも横幅両端0.5remずつ広げ区切り線<hr>段落よりも0.5remずつ狭めることにした見出しと区切り線装体・幅調整後

当初見出し下線区切り線見分けやすくするために,区切り線両端1emずつ狭める形にしかけたが,試しに出振るいしてみたこの形が想像以上しっくり来たので,基本方針として採用してしまうことにした。

文書構造視覚的にぐっと把握しやすくなった


段落に対して僅かに字上げするような見出し装体昔から気に入っていて,現状でも「はじめに」などのデライト文書<h2>1em<h3>0.5em字上げされている長らく更新していないため描写内見出しとは全体的に乖離している)月庭でどうしていたか忘れたが,特に理由がなければ似たような装体採用していたはずだ。

やはり,見出し直感的に把握しやすいのが大きな利点だが,描写内見出し採用出来なかった理由として,無駄な余白生じやすいという領当て上の問題大きかった。特に,諸場対応から強く意識するようになった幅狭領当てでは小さくない問題だった。

今回実験意外だったのは,全ての描写内見出し0.5remずらすだけでも十分な視覚効果得られたことだった。これなら,他の装体そのままに,見出し装体マージン削るだけで一応実現出来る。

そのうち領当て上の問題起きたとしても,幅狭領当てでは0.25emにするとか区切り線だけ調整するとか,調整やりよういくらでもあるので,基本方針としては問題ないだろう。


これだけ見出し分かりやすくなれば,区切り線短くする必要はないかとも考えたが,これはこれであった方がメリハリが付いて良い従来の他要素同じ長さだと,やはり直感的に区切りの大きさ把握しにくい

新装体なら,見出し見比べるまでもなく,見出し未満小さな区切りであることが分かる

空間的に見出しずらせない場合の備えにもなる。


昨日眠気が強い時間帯思い付いたのでこの新装体良さ確信が持てなかったが,認知機能低下している時に分かりやすい思ったのだから,分かりやすさに関しても間違いないだろう。

{第三次宣伝攻勢}{進捗記録}{制危}{希哲15年4月23日の開発}{録化}{デルン出力録整備}{1,000行}{デルン出力録}{deln.log.2}{deln.log}...=}(60)

{希哲15年4月23日8歩 K#F85E/E74C-B2F4}

デルン出力録整備

いったん終了。

delndeln.fcgi起動する際,deln.log出力を書き出すようにし,deln 実行の度に起動中であれば tail を使い最新1,000行に縮め,再起動時には deln.log の内容を deln.log.2上書きするようにした。

自動再起動のため deln は cron で毎秒実行されるようになっているので,異常終了時に直近の出力簡単確認出来るようになった。


deln.fcgi出力手定め環境では常に表示させているが,本番環境では cron 任せだったため確認手段が無かった。過去にも何度か録化は試みていたが,周辺実装の激しい変化削除されていた。

それでも大抵の問題は大体見当が付いていたが,KNEST 認証不具合反省第三次宣伝攻勢への備えのため,ここで整備することにした。

KNEST 認証不具合はまだ原因推定しやすかったから良かったものの,大規模集客が始まれば,本番環境特有の握接高負荷状況での不具合多発予想される。


実装はごく簡単に,deln に数行の追加で済んだ。

デルン出力録ウェブ捌き握接録より詳細だが,個人情報保護制危観点からあまり広範囲長期間保存したくない。

それ以前に,放っておけばあっという間にディスク容量を食い尽くしてしまう。

不具合調査必要なだけ /tmp/ 以下に保存しておくことにした。

=}
{備え}

{}