{希哲館事業}{一夜革命}{一日一文}{模体}{デライト}{希哲15年5月の一日一文}{戦意喪失}{木立}{デルンの実用化}{石垣山一夜城}...=}(32)

{一夜革命とは何か K#F85E/E74C-021F}

一夜革命」というのも希哲館事業では昔から使っている言葉だが,やはりデルン実用化前のことなので,最初期の詳しい記録は残っていない。

希哲館事業を始めた時から,事業の全体像を“理解”してもらうのは不可能だろうと思っていた。

そんなものをどうやって世の中に広めるのか。もちろん,暴力は使えない。そう考えた時,私は秀吉の「石垣山一夜城」の伝説を思い浮かべた。山頂木立に隠れて築城を進め,完成してから木を伐り,全貌を現す。一夜にして現れた立派な城を目の当たりにした敵は混乱戦意喪失した,という話だ。

これは究極平和革命無血革命を越えた「無声革命」の方程式ではないか。そう考えてから,この「一夜城」は希哲館事業模体モデルとなってきた。

いまデライトを覗いている人は,いわば,一夜城が築かれていく過程目撃している人だ。

=}
{希哲館事業}{新生デライト}{一夜革命}{一日一文}{}{デライト開発}{第三次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{印迫}{デライト}...=}(65)

{希哲15年4月1日の日記 K#F85E/E74C-646E}

寝不足も続き,いつ疲労感に襲われてもおかしくない状況だが,絶好調だった。

先月20日頃まで,この日にはデライト収益目標を達成し,デライトの春希哲館の春にしたいなどと思っていた。収益目標未達だったが,ここ一週間,美しい桜並木を見ながら,思い描いた通りのの訪れを感じていた。代わりに得たものがそれだけ大きかったということだろう。

今を仮に「希哲館累新期」と呼び始めた1月にそれほどの確信は無かったが,希哲館本館構想具体化を経て,今まさに「希哲館累新」が起きていることを確信した。竜力竜虎計画など初期の構想についても久しぶりに思い出していた。

希哲館事業構想は,輪郭法閃きから生まれたものだ。その輪郭法をに変えるデライトによって希哲館事業可能性が広がるのは必然なのだろう。

10日までに新生デライトをある程度の形にし,20日までに諸調整仕上げを終え,年度始めから黄金週間に向けて世間が少し落ち着く下旬第三次宣伝攻勢を仕掛けたい。

第三次宣伝攻勢も,先月デライト開発快調を受けて変容した。短期間集中して,印迫最大化することを考えるようになっている。これは一夜革命そのものだ。「デライト一夜革命」を第三次宣伝攻勢の定問とすることにした。一夜城たるデライトの品質自信が持てなければ考えられないことだった。


デライト一日一文」として一日一文の再開も考え始めた。

一日一文デライト正式離立から間もなく完全に途絶えていた。単純に忙しかったということもあるが,発信媒体としてのデライトがあらゆる意味で不安定貧弱だったということも大きい。今のデライトなら効果的発信出来るだろう。

短期集中生活中に無理をしてやることでもないので,余裕の出来た時期に始めたい。

2日振り返り日記

{希哲館事業}{一夜革命}{開発}{『希哲日記』}{嬉しい発見}{かくれんぼ}{あれ}{希哲15年1月18日の日記}{希哲館累新}{希哲15年1月19日}...=}(45)

{希哲15年1月19日の日記 K#F85E/E74C-F70C}

昨日の日記を付けながら,デライト累新希哲館累新でもあり,「千年の集約」でいうところの累新に,希哲館黄金期近代化過程相当することに気付いた。

最近,こんなことをぼんやり考えながら時が過ぎてしまうことが多い。がよほど情報整理しようとしているのか,少し思考に引っかかりを感じて手を止めると,そのまま何時間も経っていたりする。そのせいで開発も少し停滞気味だ。

経験上,こういう時は「待つ」以外にこれといった対処法が無いことは分かっているが,流石にそろそろ手を動かしたい。

そう思いながら,デライト公式希哲館訳語についてツイストを書いていた。相変わらず,独自性という言葉陳腐に感じるほどの異形ぶりに,自分は日本の中心部にありながらどんな環境で育ってきたのだろうと改めて感じていた。

あるツイストを書き終えた瞬間、なぜか,幼少期かくれんぼで大人達を困らせた記憶が蘇えってきた。希哲館事業というのは,自分にとってずっとそんな「わくわく」する悪戯だったのかもしれない。一夜革命なんて,やたら壮大なだけでまさにかくれんぼではないか。久しぶりに「三つ子の魂百まで」という言葉を思い出した。

急に童心にかえったような気分になり,すっと肩の力が抜けてなんだか笑えてきた。

気付いてみればこんな単純なことに今まで気付かなかったのか,気付いたことを忘れているのか,灯台下暗しということもあるから分からないが,変に嬉しい発見だった。

これだから思索はやめられないのだろう。

{知能増幅メモサービス}{一夜革命}{『希哲日記』}{デライト市場戦略}{デライト}{希哲14年12月の月記}{新デライト市場戦略}{旧デライト市場戦略}{希哲14年12月19日}{最も使いやすいメモサービス}...=}(27)

{希哲14年12月19日の日記 K#F85E/E74C-2DC0}

引き続きデライト市場戦略について考える。

最近感じていたデライトの表現上の問題は「ありのまま」で解決することに気付く。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」というデライトあるがままの姿を表現していくのが近道なのではないかと思えるようになった。これを凝縮した「知能増幅メモサービス」という新しい表現も考えた。

昨日は「知能増幅回帰」という言葉を思いついたところで,これまでのデライトの方針との整合性をどうするかまとまらないまま終わった。結局,方便にこだわるから辻褄合わせに苦しむわけだ。

今日から旧デライト市場戦略新デライト市場戦略として整理していくことにしたが,これが一夜革命と結びつくことに気付いた。ふと「デライト一夜革命」という言葉が脳裏をよぎるが,全知検索してみるとついこのあいだ描いていた。すっかり忘れていた。色々な思いが込み上げてきたが,まとめている時間は無いのでここで寝ることにした。

久しぶりにが来た日でもあった。手を掴んで歩くのはちょっと感動した。

寝不足気味で書きかけだったため,31日加筆修正

=}
{知能増幅}{一夜革命}{『希哲日記』}{デライト}{希哲14年12月の月記}{新デライト市場戦略}{希哲14年12月20日}{デライトの成功}{解消}{不信感}...=}(12)

{希哲14年12月20日の日記 K#F85E/E74C-D02C}

今日もあれこれ新デライト市場戦略について考えたが,まだまとめきれていない。

やはり,デライトにも一夜革命構想にも,共通して世の中の理解力への不信感があった。ただ,これは今ほぼ解消していることに改めて気付いた。今なら日本でのデライトの成功も十分想像出来る。

やはり,鍵は「知能増幅」をどう活かすかなのだろう。

新しいデライト像を作ることが今年最後の課題になりそうだ。

=}
{一夜革命}{『希哲日記』}{デライト市場戦略}{デライト}{希哲14年8月の月記}{デライト一夜革命}{あれ}{模倣品}{Roam Research}{希哲14年8月5日}...=}(33)

{希哲14年8月5日の日記 K#F85E/5B28-1EC4}

今日もデライト市場戦略についてあれこれ考え事をしたが,それなりに作業も進んだ。

この頃,個人知識管理サービスという分野盛り上がりが,デライト世間との間にあった大きなを少しずつ埋めてくれているように感じる。

さながら,今のデライトは一夜城のようだ。こちらからは見えているが,向こうは全く気付いていない。

Roam Research のように注目を集めているサービスは早くも模倣品が出回り始めており,実装難度から考えても競争力維持容易ではない。

一方のデライトは,真価に気付かれた時,まず競争相手対応出来ない。完全意表を突くだろう。最高状況だ。これが本当の一夜革命になるのかもしれない。

=}
{一夜革命}

{}