{デライト}{一日一文}{デライト史}{希哲6年}{技術的負債}{『阿部寛のホームページ』}{最悪の事態}{実装可能}{遅かった}{9年}...=}(95)

{デライトはなぜ速いのか K#F85E/E74C-1187}

いまデライトでは,「高速化」の作業最優先取り組んでいる。その理由デライトの現状については,昨日,「デライト高速化前の現状整理」にまとめた。そちらは個人的覚え書きだが,興味があれば覗いてみて欲しい。

今日は,デライトの「速さ」の歴史について簡単に振り返ってみたい。


「デライトはなぜ速いのか」というに,デライト用者ユーザーは少し違和感を覚えるかもしれない。個人知識管理(PKM)サービスとしてのデライトは,速いと言えるほど速くはない。せいぜい「」だ。ただ,並の速さで動いているのが奇跡的に「速い」と言えるほど,実装難度が高いのだ。普通に実装すれば,遅過ぎてまず実用にならないだろう。

サービスとしてのデライトは,「デルン」という全く独自CMS で動いている。Wikipedia に対してウィキがあるようなものだと思ってもらえばいい。このデルンの実用化成功したのは,希哲6(2012)年,もう9年ほど前のことだ。

実は,最初にデルンが動いた時,使っていた論組プログラミング言語PHP だった。そして,あまりにも遅かった。ある程度のが出来たあと,すぐに C++書き直した。

これが出来たのは,当然,準備していたからだ。元々,デルン開発にあたっては速度重視していた。それは体感出来る速さのためというより,「遅さで使いものにならない」事態を避けるためだった。ほとんど前例が無く,全てが未知数手探りという状況だったので,そもそもデルンのようなものが現実的に実装可能なのかどうかすら分からなかった。作ってみたがまともに動かない……これを最悪の事態想定していた。

そうなると,利用する技術は少しでも速い方が良かった。手探りの開発過程でいわゆる技術的負債蓄積していくことも想定していたため,それを補ってくれるだけの速さが必要だった。言語で言えば,今なら Rust あたりも選択肢に入ったかもしれないが,デルンを構想し始めた当時は C++ くらいしか無かった。

一方で,当時の私はウェブ開発経験に乏しく,デルンに何が必要なのか把握出来ていなかった。そこで,PHP を使って試作品プロトタイプを作ってみることにしたわけだ。

案の定,PHP で出来たデルンは実用的速度で動かず,すぐに準備していた C++ に切り替えた。この移行作業円滑に進み,やがて という独自言語に変貌していく。

今のデライトは,この Cμ に FastCGIマルチスレッドnginx 等々と徹底的に速度を重視した構成で動いている。PostgreSQL出場(DB)側も Cμ で外充て(ストアド)函数にしている。徹底して単純化された設計も手伝い,ほぼ極限まで高速化出来る可能性がある。

これまでのデライトにとって,「速さ」は遅さを補うためのものだった。そして今,この速さを武器にするために高速化作業を進めている。どうせやるなら,有名dev.to『阿部寛のホームページ』のように,速さを楽しんでもらえるくらいにしたいと思っている。是非楽しみにしていてほしい。

=}
{用者}{開発}{開発記録}{利素}{デライト高速化}{満遍なく}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}...=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。

{デライト}{開発}{『希哲日記』}{デライト収益模体}{希哲14年7月の月記}{身軽さ}{超低経費}{超高効率経営}{超高効率運用}{希哲14年7月31日}...=}(44)

{希哲14年7月31日の日記 K#F85E/5B28-CC4D}

昨晩,やや眠りが浅かったため午前中半休にした。やはり週休1日最低でも必要なようだ。

いよいよ7月も終わり,デライト収益化本番8月に入るため,デライト収益模体についてよく考えた。正式離立に取り組み始めてからというもの,開発のことばかりで,経営についてまともに考える余裕が無かった。

そもそも,広告頼りで十分な収益化可能なのか,という問題も無くはない。どれだけ人気を集めても,売上があっても,利益が出せないサービスは多い。

それを可能にするは,希哲社超低経費超高効率経営であり,デライト超高効率運用だろう。これまでの工夫積み重ねで,損益分岐点極限まで下げることに成功している。ここまでの身軽さ世界の頂点を狙える競争力を兼ね備えている企業は他にない。

長年のデルン運用経験から,収益化に必要な程度の握接数は捌けることも分かっている。デライト収益化には十分な現実性がある。

最近寝る時間が遅くなっているため,この日は早く寝ようと思っていたが,こんなことを考えていたら結局また遅くなってしまった。

{極限}

{}