{希哲15年6月20日}{進捗時限法の厳密化}{希哲15年6月17日}{希哲15年7月中旬}{組計調整}{デライト収益目標達成}{作業目標}{『希哲日記』}{進捗時限記録}{進捗時限}...=}(17)

{希哲15年6月17日の日記 K#F85E/A-E74C-5FC7}

今日から進捗時限法の厳密化を計ることにした。

進捗時限記録は,始めから終わりまで極力進捗時限内に付けることにする。また,作業目標と各進捗時限を一致させ,時間制限内で出来るだけ早く作業を終わらせるように努力する。


デライト収益目標達成については,すでに7月中旬までの組計調整が出来ているが,まだ緊張感を保ちたいので20日まではこのまま月内の達成を前提に作業を進め,駄目そうならすぐ切り替えられるようにしておく。

=}
{一日一文}{頭を切り替える}{極端な例}{書きたいこと}{書こうとする}{避けようがない}{熱が入る}{こだわらない}{書き終えられる}{厳密に守る}...=}(71)

{希哲15年6月16日の日記 K#F85E/A-E74C-90D6}

第三次黄金状態での過熱抑制も兼ね,久しぶり定時執務再開した。前日反省から,一日一文書き方見直したこともあり,ここ数日感じていた揺らぎ払拭安定感取り戻したばら成し良く,メリハリのある気持ち良い一日だった。

21時過ぎには眠り,5時過ぎには目が覚めるような生活にも大分慣れたが,進捗を落としたくなかったことと時間帯を決めているデライト宣伝都合もありなかなか定時執務に入れなかった。

しかし,ここ数日の経験で,やはり連日20歩前後の進捗という生活危険だと思うようになった。休日を取ってしまうと高速道路で急ブレーキをかけるような危なっかしさがあるし,かといって無休心身が持つとも思えない。

調子に乗って欲が出てしまったが,もともと10歩台後半維持理想としていたのだし,8時間執務で最低16歩になれば十分だろう。

デライト宣伝はまだ低頻度なので,宣伝攻勢までに執務時間をどう調整するか考えておく。


一日一文については,1日2時間という時間制限厳密に守ることにした。これまでは「目安」だったため,あと少しで書き終えられるとなると延長してしまうことが多かった。

これと同時に,あまり文章を書き上げることにこだわらないことにした。これまで,書き上げてはじめてその日の一日一文ということにしていたが,一つの文章に数日かかったらその数日も一日一文が出来たことにする。つまり,「○○日の一日一文」だけではなく「○○日〜○○日の一日一文」があってもいい。重要なのは内容であり,毎日なにかしら書こうとすることだ。

これまでの経験からいって,書いているうちに熱が入って長くなってしまうということは避けようがない。最近,頭の片隅に書きたいことを溜めておけるようになり,題材困ることは無くなったが,代わりに詰め込みがちになっている。前日はその極端な例だった。

残りわずかでも2時間に達したら中断し,それなりに読める内容であれば「書きかけ」として公開し,翌日に続きを書き,時間が余ったらもう一つ書くようにすればいい。

この日はこれを実践して上手く頭を切り替えられた。

17日振り返り日記

=}
{宇田川全集}{Dex 改良}{希哲15年6月15日}{デラング整備}{デライト文書整備}{作業目標}{定時執務}{『希哲日記』}{生活律動}{献典整備}...=}(19)

{希哲15年6月15日の日記 K#F85E/A-E74C-2B1E}

やはり,一昨日の一日一文を書いたあたりからのどこかのが開いたようで,今日はずっと一日一文を書きながら過ごしてしまった。いつも通りすぐ書き終わるかと思っていたが,次から次に書きたいことが湧いて出てきてしまい大変だった。

一刻も早く終わらせたかった Dex 改良中は開発作業をしていないと落ち着かないくらいだったが,それが終わり,手頃な作業目標を見失ったことも一因かもしれない。

文章を書くことも献典整備一環ではあり,時間をかけただけの文章にはなったが,明日からはデライト文書整備を睨んでデラング整備を早く終わらせることを意識したい。


これまでに書いた全ての文章をまとめておく場所として「宇田川全集」を作り始めた。


今の生活律動ならそろそろ定時執務に戻れそうな気もしたが,まだ難しいか。

=}
{宣伝頻度}{大きな区切り}{希哲15年6月14日の開発}{1ヶ月ぶり}{第三次黄金状態}{希哲15年6月14日}{充実した一日}{見出し記法実装}{頭が冴える}{デライト宣伝}...=}(32)

{希哲15年6月14日の日記 K#F85E/A-E74C-E467}

やや心身の調子不安定だったが,恐らく前日影響だろう。前日夜は妙に興奮して久しぶり就床時間が遅れたが,頭が冴え早起きしてしまった。

第三次黄金状態休日を入れることの不安の一つが当たったかもしれない。これまでの平均的進捗近くの進捗が連日出ているような状態でいきなり休むのは極端過ぎるような気がしていた。半休ずつの方が良いかもしれない。ただ,休んだから悪かったのか,休んだおかげでこの程度で済んでいるのかまだ判断しかねる。しばらくは様子見するしかない。


とはいえ,開発では大きな区切りを付けることが出来,ほぼ1ヶ月ぶりデライト宣伝も出来,相変わらず充実した一日ではあった。

もともと宣伝頻度が少しずつ落ちているところだったが,見出し記法実装を終えた先月15日を最後に,まともなデライト宣伝が出来ていなかった。

第四次宣伝攻勢に向け,宣伝頻度も少しずつ上げていきたい。

=}
{定休日}{第三次黄金状態}{理想的な一日}{黄金休日}{休ませる}{休日の過ごし方}{理想的な休日}{迷っていた}{自分自身についての研究}{希哲15年6月13日}...=}(60)

{希哲15年6月13日の日記 K#F85E/A-E74C-C1D6}

第三次黄金状態の回復後,初めての休日だった。

週休1日有効性先月確認していたが,第三次黄金状態でも必要なことかまだ確信がなく,デライト開発では出振るい直後でやりたいこともあり,休日にすべきかまで迷っていた

特に疲労感は無かったものの,第三次黄金状態の回復後,進捗は連日20歩前後という異常な高水準推移しており疲労が無いとは考えにくく,前日胃腸の調子にやや不安定化が見られたこともあり,結局休日とすることにした。

一日,気まま描出をしたり,散策したり過ごした。良い気分転換も出来,有意義でもある理想的な休日だったが,一日一文熱中して少し就床時間が遅くなってしまった。


休日の過ごし方などについても少し考えた

週のうちいつを休日とするかは,これまでその時の状況で決めていたが,生活律動のためにも定休日を決めておくことにした。この日たまたま日曜日だったため,まずは日曜日を定休日として様子を見る。

生活律動執務以外の日課は基本的に維持する。

休日にやるべきではないことを決め過ぎても利楽しにくいが,意識的心身休ませる必要もあるので,とりあえず,ある程度緊張感を保つための手段である進捗時限記録を付けないことだけは決めた。

輪郭整備などは庭いじりのようなもので,仕事でもあるが娯楽でもあるので休日の過ごし方として一番無難かもしれない。

黄金休日」という言葉を思いついたのがきっかけで,「黄金日」という言葉を思い出した。第一次黄金状態発現した日としてよく使っていたが,いつからかあまり使わなくなっていた。

黄金生活とは黄金日を重ねていくことなので,もう少し広く,「理想的な一日」の意味でこれからまた使っていくことにした。

14日振り返り日記

=}
{希哲15年6月12日}{『希哲日記』}{絶好調}{日記}=}(4)
{バリバリ}{眠くなる}{希哲15年6月11日}{振り返り日記}{『希哲日記』}{起き}{絶好調}{仕事}{}{日記}=}(10)
{第三次黄金状態}{希哲15年6月9日}{20歩台前半}{『希哲日記』}{維持}{現実味}{絶好調}{日記}=}(8)
{日記}
{}