{事業}{GNU}=}(2)
{応付}{駒手}{輪郭指向}{希哲13年3月26日のツイスト}{希哲13年3月26日}{ツイスト}{Unix 哲学}{GNU}{函数}=}(9)

{あれK#F85E/A-5B28-A13A}

これは函数の設計などでも普通に使える考え方なのだが,「小さな仕事をまとめるのもまた小さな仕事である」ことに気付くと,例えば GNU 系ツールみたいに,Unix 哲学風の小物ツールの能力不足を補うために一つの駒手(コマンド)の応付(オプション)を増やしていく,ような過ちを犯さなくても済むのではないかと感じた。

=}
{GNU}=}(1)
{バッシュ}{1989年の想品}{GNU}{bash}{ブライアン・フォックス}{sh 系シェル}=}(6)

{Bash K#F85E/A-E41F}

「Bash(一般に Bourne Again Shell の略とされる)」は UNIX 向けのシェル。Linux はじめ多くの UNIX 流 OS に普及しているシェル。初期開発者はブライアン・フォックス(Brian Fox,1987-)。

比較的高機能だが,実行速度はやや遅め。

Bourne Shell を基本として cshksh からも機能を取り入れている。

Linux の一部では /bin/sh になっている。

シンボリックリンクのリンク先の扱い

BASH 系は実体ではなくリンクをディレクトリそのもののように扱う。"set -P" コマンドで実体として扱わせることが出来る。

~/.bashrc と ~/.bash_profile

.bash_profile はログイン時のみに読みこまれる設定,.bashrc はシェルの呼びだしごとに読みこまれる設定である。

/etc/bashrc/etc/bash.bashrc

/etc/bashrcRed Hat 系で,/etc/bash.bashrcDebian 系司組全体の設定として扱うが,出来採りの仕様であって Bash 自体の仕様ではない。

{GNU}
{}