{rgx_T}{b_fnd_end()}{b_fnd_bgn()}{b_fnd()}{s_T}{デラング}{進捗記録}{rgx_T::rpl()}{rgx_T::rpl_glb()}{rgx_T::rpl_one()}...=}(62)

{希哲16年1月19日8歩 K#F85E/E74C-61AB}

進捗時限記録中略

デライト高速化 Cμ 文字列処理改良についての検討終了

デラングに限らず,最初期からあった正規表現類型rgx_T頼り過ぎているs_T基本機能実装後回しにして,正規表現使うまでもないような単純な検索置換正規表現済ませていたりするので,このあたりを修正するだけでかなりの効率化期待出来る昨年7月文字列処理改良でも,雑な変換処理書き直しでだいぶ改善した

とりあえずrpl()rpl_fst()b_mch()b_mch_fst()b_mch_lst() といった s_T基本的な補助函数整備することにした。

rgx_T では,長年全部置換グローバル置換だった .rpl()一般的な正規表現慣習合わせ.rpl_glb() への書き換え進めているところだった単一置換一時的に .rpl_one()使っている

これに合わせ,s_Trpl()単一置換にしようかと思ったが,正規表現以外の言語慣習直感性考慮して,rpl()全部置換rpl_fst()単一置換とすることにした。

(この rgx_T に関する方針はあとで再考することになる)

{近象(キンショウ)}{s_T}{std::string}{Re:「近象」と「遠象」について}{希哲15年8月13日のツイスト}{希哲15年8月13日}{文字列型}{良い例}{変種}{単純な}...=}(43)

{「近象」と「遠象」について K#F85E/E74C-B093}

近象」というのは,感覚的身近抽象性のことです。言い換えると,「より単純包括的なもの」,つまり「輪郭」的なもの,ということになります。その反対が「遠象」です。

抽象」は,本来何かのために思考単純化するものですが,必ずしも感覚的近さ意味しません。数学のそれが良い例です。

例えば,「近象文字列」というのは,簡単に言えば「文字列直感的に扱えるように抽象化したもの」です。この直感的というのも厳密には「思いついたように扱えること」という意味で,「直想的」と表現していました。

C++文字列std::string と書きますが,様々な変種もあり,「文字列を扱いたい」という書き手単純な要求に対して直想的ではありませんでした。書き手の頭の中で,「文字列を使うこと」と「std::string を使うこと」の間に距離があるということです。C++ ではライブラリによって異なる文字列型を使い分けることが多々あるので,std::string固有名詞的に文字列を扱う手段の一つとしか認識されていません。

では,s_T として「細かいことはさておき大体の場面で使える文字列型」を提供することにしました。「文字列を使うこと」と「s_T を使うこと」が概念として普通名詞的に)一致するように設計されています。これを「近象文字列」と呼んでいました。

{rgx_T}{s_T}{出振るい}{開発}{開発記録}{進捗記録}{Cμ 文字列処理改良}{理腑}{KNEST 隠し実装}{新しい選択肢}...=}(50)

{希哲15年7月11日の開発 K#F85E/E74C-C7B7}

休日のため,進捗記録は付けずに普段なかなか出来ないような作業をした。

全知検索窓に関する不具合修正出振るいから,昨日の開発でした s_T理腑想像以上高速化に繋がっていることに気付いた体感表示速度が明らかに向上した。昨日の時点ではそこまで期待していなかった。

この際,ずっと気になっていた文字列周りの譜類整理実装整理を進めてしまうことにした。最終的にだいぶ見通しが良くなり,思わぬ形でデライト高速化進展した。

デライト高速化に関しては KNEST 隠し実装本命視してきたが,この手の地味な最適化が想像よりずっと効くことに気付けたのも大きな収穫だった。

Cμ 文字列処理改良も含め,「Cμ 基礎改良」というデライト高速化新しい選択肢が出来たことになる。

全知検索窓に関する不具合修正安定化に繋がるので,この一日で決して小さくない品質向上になっただろう。


xam.hold_rx.Hu.bakold_rx.Cu.bak など不要な譜類削除し,不要な函数も多数削除出来た。換配時間短縮にもなるだろう。

小さい函数は極力頭譜に移した。

rgx_T実装見直し,無駄な一時客体生成しないようにした。


その他,細かい装体調整など。

{s_T}{出振るい}{進捗記録}{廃止}{理腑}{希哲15年7月10日の開発}{Cμ 最初期}{小さい函数}{交語化マクロ}{libxtd 整備}...=}(33)

{希哲15年7月10日16歩 K#F85E/E74C-2920}

libxtd 整備デライト高速化

久しぶりs_Tstr.cl.hstr.cl.u理腑をして終了。

先日の不具合修正で色々と問題を見つけていた。だいぶ見通しが良くなり,最適化しやすくなった。

廃止を決めていた希哲13年12月18日5歩もののまだ残っていた交語化マクロ排除し,なぜか素譜に書いていた小さい函数頭譜に移した。

文字列周りは特に Cμ 最初期手探りで作った部分なので何かと混乱している。少しずつ整理していきたい。

まだ出振るいするほどのことでもないので未出振るい

=}
{s_T}

{}