{🎉}{デライター}{どこの}{開発上の都合}{デライトの歩み}{希哲16年7月の一日一文}{他でもない}{盛り上げていく}{活動出来る}{発展し続ける}...=}(422)

{全てのデライターへ K#F85E/E74C-CA32}

デライト公開から2年半ほどち,色々な人興味を持ってくれたり,使ってみてくれたりした。遠くから眺めているだけの登録してみただけのたまに使ういつも使っている……風変わりデライトでも,出会った人多様性他のサービスさして変わらない

感謝

私は,そんな全てのデライター”とデライターの卵達に深く感謝している付き合い長さ深さ関係ないデライト否定的な人ですら,知ってくれただけでありがたい思う

これがよくある社交辞令ではないということは,前回の一日一文,「デライトの歩み」を読めば分かるだろう。そもそも全く無謀な挑戦として始まったのがデライトだ。成功どころか,誰にも認められず終わるかもしれない。それならまだいい。弾圧暗殺命を失うかもしれない。10代の内にそこまで想像して葛藤乗り越え20年かけてここまで来た

たとえるなら,デライトの歩みとは,真っ暗な巨大洞窟一人彷徨うようなものだった。どこかに新しい世界つながる出口がある。生きている内辿り着けるかどうかは分からない。そんな洞窟歩き続けていた時に見えた聞こえた人の声。それが私にとってデライト利用者であり,デライトへのだ。

そしてデライトは「完全な成功一歩手前言えるところまで来ているすでに夢のようなことだ。感謝せずにいられるだろうか。

代表的デライター

デライト利用者達とどういう関係築いてきたか,その具体例として, さん,t_w さん,cat さんを紹介したい

デライト公開した2020年から毎日のように使い続け様々な形貢献してくれた3名だ。開発上の都合宣伝活動抑制せざるをえなかった1年あまり期間デライト日常的に使っているのがとこの3名だけということもあった。

さん

さんは,私の次に早くデライト使い始めた2人目デライターだ。

デライトの歩み」でも触れたように,デライト2020年2月に「名目リリース」したあと,8月の「実質リリース」まで,ほとんど宣伝せず改良続ける期間にあった。細かいこと気にしていたら埒が明かない,と公開してみたものの,やはり他人勧められる出来ではなかった。 さんが現れたのはそんな時期だった。それも,名目リリース翌月だから,デライト特にひどかった時期だ。

テスト程度の投稿ちらほらあったが,ある日明らかに異質な投稿があることに気付いた。「希哲館訳語」に関する内容で,デライト背景にある希哲館事業についても一定の理解があることが窺えた。しかし,当初は嬉しさよりも戸惑いの方が大きかった

分かりにくいよく言われるデライトとも比べ物にならないほど,当時色々な意味でひどかった

分かりやすいボタンの類はほとんどなく,ダブルクリック編集欄いたり送信したりしていたので,一見して操作方法分からなかったデラングデライト用軽量マークアップ言語には最低限記法しかなかった。遅くて不安定だった上に,エラーページ移動入力途中内容あっさり消えたいわゆるページャーというものもなく,検索結果輪郭引き入れ関係にある輪郭も,最新10輪までしか表示出来なかったアイコンどころか名前すら設定出来なかったので,自分他人区別内容知番利用者番号でしていた。呼び方当時の利用者番号で「K#9-D657 さん」だった。

設計意図理解している者辛うじて使える程度出来だ。折角興味を持ってくれた人悩みながら使っているのは見るに忍びなかった。それでも さんは,開発者不思議思うほど,粘り強く使い続け理解しようとしてくれた。積極的な不具合報告提案で,開発にも多大な協力をしてくれた。

納豆ウニみたいなものを最初に食べた人凄いよく言うが, さんに抱いている私の印象はそれに近い普段の投稿でも,分野を問わず耳新しい情報たくさん集めてきてくれる知的好奇心権化のような存在だ。

t_w さん

t_w さんは, さんが使い始めた何ヶ月現れた。それでも実質リリースだから,出来のひどさ大して変わらない

さん同様,開発にも様々な形貢献してくれたが,驚いたのはその行動力だ。色々なこと考え付いてはすぐに実行するデライト利用した外部サービスブラウザ拡張初めて作ってくれたのも,外部サイト紹介記事初めて書いてくれたのも t_w さんだった。ついこの前そんなことやりたい言っていたな,と思ったらもうやっている。これはなかなか出来ることではない

デライターとして外向き活動私以上に誰よりもしているし,デライト内でも次いで投稿量多い。その実験精神行動力デライト使い方大きく拡張してくれた。

cat さん

実質リリース後,二度目の宣伝攻勢をかけていた2020年12月cat さんが現れた

cat さんも先の2名負けず劣らず活発にデライト利用し開発貢献してくれているだが,遊びのような内容投稿比較的目立つ最初は冷やかし荒らしかと思ったくらいだ。

それが,だんだんこの人機械的ではない賢さ,「気が付く」とでもいうべきものに敬意抱くようになった。状況場の空気よく読んでいるな,と思うことが多いし,不具合報告にせよ提案にせよ,普通は気付かないようなことを的確に指摘してくれることも多い堅く難解に見えがちデライト雰囲気和らげてくれていたのだと,見ている内に気付いたいわゆるEQ」という概念にはあまりピンと来ていなかったが,こういう人のためにあるのかもしれない。

杞憂

こういうサービス公開し運営するのは私にとって初めての経験だった。サービスとして風変わり過ぎることもあり,最初は利用者対して色々な不安があった。

例えば偏屈な人ばかり集まって近寄り難い場所になるんじゃないかとか,反対に広く浅く集め過ぎつまらない場所になるんじゃないかとか,問題を起こす利用者多くなったどうするとか,色々なこと考えたありがたいことに,全て杞憂だった。

デライター達はそれぞれに良い意味で変わった部分持っている多いが,今のところ悪い意味で非常識な人はおらず,朗らか良識ある人ばかりだ。問題という問題起きていない。それでいてみんなどこの作ったのかも分からないこんなものを使おうとするくらい,旺盛な知的好奇心柔軟性がある。リテラシー高い知識技術後から付いてくればいいものだが,すでに高度なもの持っている多い

この開発者には出来過ぎた利用者達だ。こんな人達中心にいてくれるなら,デライトの未来明るい思える

デライトに“偉い人”はいない

こんな文章書いているのは,デライター達に感謝気持ち伝えたかったのと同時に間違った遠慮なくしたかったからだ。デライターはまだ少ないので,どうしても開発者古参遠慮してしまう多いだろう。もちろん,それはデライトにとって望ましいことではない。

デライト真に知的探究として機能し続け発展し続けるために必要なこととして,平等であることと開放的であることを私は最重要視している。

黒いものでも言わなければならない誰かがいるとしたら,そこは知的自由な場とは言えない誰でも自由に参加して,誰にも気兼ねなく活動出来るあり続けなければならない強く思っている

だから,デライトに“偉い人”は一人もいない古参開発者も,も,デライトでは一人デライター過ぎない。そしてデライトにはいかなる権威もない。私はそういう場世界広げるために,あらゆる困難闘う覚悟をしてここまで来ている

このデライトこれから盛り上げていくのは,他でもない全ての等しく尊いデライター達なのだ。


{あれ}{希哲館訳語}=}(2)
{希哲館訳語}{上等訳語}{希哲12年の希哲館訳語}{希哲12年12月28日}{Dialektix}{上等訳}{かくのう}{}{宇田川による訳語}{}...=}(11)
{希哲館訳語}

{}