{進捗記録}{Markdown}{HTML – 旧輪郭}{見出し記法実装}{希哲15年5月14日の進捗時限}{希哲15年5月14日の進捗}{希哲15年5月14日}{見出し階層}{気付いた}{デラング整備}...=}(19)
{highlight.js}{Bash}{ハッシュ}{認識}{プロンプト}{シェル スクリプト}{解釈}{コメント}{CLI}{シェル}=}(10)
{HTML}{進捗記録}{Markdown}{希哲15年3月12日の開発}{縦線}{C 部区込め言}{利用頻度}{HTML 込め言}{全角アスタリスク}{台録記法}...=}(60)

{希哲15年3月12日6歩 K#F85E/E74C-114F}

デラング整備記法選定で終了。

細々とした記法について進展


強調については,Markdown 式のアスタリスクを使った方法を採用する。

ただ,欧文和文斜体位置付けが異なるといった問題があるため,アスタリスク1つで em 要素による「軽い強調」,2つで strong 要素による「重い強調」とし,表示については場合とフォントによる,としておくことにした。斜体どころか太字に対応していないフォントもあるため,ここは割り切る

斜体を表現するために Org-Modeスラッシュによる記法導入も検討したが,台録記法などいくつか干渉する可能性があるため見送り

ここで,全角アスタリスク重い強調に使えるようにすることを思い付く。

もともと DIL 0.2 では半角・全角のアスタリスクで囲んだ文字列を strong 要素にする機能があり,和文中で適度に目立つという理由で個人的にはよく全角を使っていた。これなら自然に和文での斜体を避けられる。


下線については アンダースコアを使った方法が分かりやすいので Org-Mode 方式を採用する。


込め言については HTML 込め言を採用する。

Org-Mode のようにハッシュを使った記法は利用頻度に対して混同可能性が高い。

多少冗長でも明確な方がいいということで C 部区込め言の採用を検討したが,HTML が使えるのだから HTML 込め言十分だろう。


定表記法については,どの言語も整列の指定方法があまり美しくないので,独自記法を考える。

左寄せなら左縦線にくっつけ,右縦線との間に1つ以上のスペースを空ける,右寄せならその反対,中央寄せなら両側に1つ以上のスペースを空ける,という記法考案した。

{捕活}{進捗記録}{希哲15年3月11日の開発}{次ページ移動}{希哲15年3月11日の進捗時限}{希哲15年3月11日の進捗}{希哲15年3月11日}{ページ内輪結}{不具合修正}{全知検索窓}...=}(16)
{破縮}{ハッシュ}{破取}{連想配列}{広告付き}{素描}{プログラミング}=}(7)
{ハッシュ}

{}