{誤謬}{神聖視}=}(2)
{全身麻酔薬}{都市伝説}{調査}{誤謬}=}(4)

{全身麻酔薬の作用機序が解明されてないというのは本当か K#D657/A5E9}

作用機序を書いているもの

+あれ

「不明」としているもの

+あれ

+あれ


「吸入式」とことわってあるものもあるが,どうもそれ以外の仕組みの全身麻酔薬は吸入式麻酔薬の補助っぽい。
http://plaza.umin.ac.jp/~beehappy/analgesia/analg-anes.html


最近になって解明された?

https://www.oist.jp/ja/news-center/news/2020/4/24/35070

{誤謬}{翻訳語}=}(2)

{有卦誤謬 K#D657/6F3C}

hot-hand fallacy
“hot-hand” とは「ツキが来ている」とかそういう意味
←https://eow.alc.co.jp/search?q=have+a+hot+hand
←http://web.archive.org/web/20170708045403/https://xn–6oq618aoxf2r6an3hvha.jp/5584.html

同じ意味ではないが,「ツキ来る」という意味合いに近いうえに迷信!!!「有卦」が適当か。

接触元

日時失念

とんでもないことに気づいた。
ゲームデザインにランダムネス採用するつもりだったが、クラスターバイアスについて調べてたら、どうもホットハンド効果というのがあるらしい。
プレイ体験を心地よくするためにある程度の秩序を保つためのアイデア模索中。

{〈Sub Miniature Type A〉}{違い}{誤謬}=}(3)
{語彙}{}{誤謬}=}(3)

{Sidmanの刺激等価性 K#D657/F39A}

Sidman's stimulus equivalence

刺激等価性とは、任意の事物・刺激間に成立した、機能的な交換可能性を指す。

[...]

他の種と比べてヒトにおいて特別に成立しやすいことから、刺激等価性は言語・表象機能の発現に不可欠な背景となる認知能力と考えられている。

[...]

それぞれの〔刺激〕間に物理的な連続性・類似性がないため、刺激般化による説明は難しい。
すべての関係が明示的に訓練(強化)されていたわけではないため、
オペラント条件づけの反応-強化随伴性や、古典的条件づけの刺激-刺激連合のみによる説明にも困難がある。

[...]

訓練刺激が等価な刺激クラスとなるばかりでなく、派生的・創発的に刺激間関係の拡張が示されることを要件とする

接触元

2021-12-26

ヒトがなぜ真の命題の逆も真としちゃう誤謬に嵌りやすいのか。シドマンの刺激等価性について知るとなんとなく察せると思う。

ヒトは犬や猫よりも論理的でない可能性がある。


刺激等価性(見本合わせ課題というのを使って検証したやつ、詳しくは下記の記事を参照)が成立していないと膨大な語彙の学習は困難は不可能だと考えられてる。
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E5%88%BA%E6%BF%80%E7%AD%89%E4%BE%A1%E6%80%A7

そもそも逆推論を高速にできるということが人間特有の機能、それを間違っているかどうかの判断ができるかどうかは強化履歴しだいかと。

=}
{私が意外だと思ったこと}{誤謬}{英語}=}(3)
{誤謬}

{}