{瞑想}{刺激的}{刺激が退屈を生む}{刺激}{退屈}=}(5)
{『「暇」を楽しんでこそ自分が磨かれる 日本のワーカーはなぜ「暇はないが退屈」なのか?』}{退屈}{}=}(3)

{暇ではないが退屈 K#9-EDD2/A-3482}

「暇はないけれども退屈だ」という状態はどうか。一見謎めいているけれども、実は多くの人がよく経験していることではないかと思います。つまり、何かをやろうとしているけれども心ここにあらずのような状態。例えば、オフィスにいるけれども仕事に身が入らないというようなときは、これに当てはまるのではないでしょうか。

{神経}{神経生活}{刺激}{倦怠}{神経生活の高揚}{『大都市と精神生活』}{『装飾という群衆 神経系都市論の系譜 | 田中純』}{退屈}{都市}=}(9)

{都市が退屈を生む K#9-EDD2/A-0628}

ジンメルは論文「大都市と精神生活」(一九〇三)で、外的、内的な刺激の迅速な交代が「神経生活の高揚」を生む大都市では、刺激があまりに過剰で強力すぎるための一種の適応現象として、独特な「倦怠」という無感覚状態が生まれているとした

{退屈}
{}