{LaTeX}{微分}=}(2)

{向量の微分をLaTeXで書く際の順番 K#9-D657/A-20E6}

(知名を再検討する必要ある)

向量場\(\bm{A}(\vec{r})\)について,
\(\dot{\bm{A}}\)と書くとき,
\dot\vec{A}なのか\vec\dot{A}なのか
「時間微分の組」なのか「位置の組の時間微分」なのか

\vecは直和って解釈でき,\dotはもちろん関数環の準同型なので可換とのこと。by 友人

=}
{微分}=}(1)
{微分}{数学}=}(2)
{微分}
{}