{絵文字輪郭}=}(1)
{絵文字輪郭}=}(1)
{絵文字輪郭}{📌}=}(2)
{👍}{絵文字輪郭の難点}{絵文字輪郭}{絵文字輪郭}=}(4)

{あれ K#9-EDD2/A-25CB}

一手間かかるのだけれど、読みの輪郭に絵文字輪郭を引き入れておけば入力が楽になる
例えば、👍いいねを引き入れている
📌だったら、ピン重要留め針とかを引き入れておけば良さそう
こうすれば、思いついた語で検索すれば出てくるようになる
Slackのスタンプ記法(:word:)と比べて絵文字が見つかりやすいはず(複数の語が登録できるので)

=}
{絵文字輪郭}{絵文字輪郭}=}(2)

{絵文字輪郭の難点 K#9-D657/A-091B}

Web閲覧機の所在欄で補完できない。
尋常の輪郭であれば,例えば「漢字」と入力すれば標題に「漢字/検索/デライト」を持つ輪郭の頁が閲覧履歴などから補完されるが,絵文字輪郭ではその標題が入力できない。
もちろん,絵文字を入力すれば補完を実現できるが,私の使っているIMEは絵文字をそう簡単に出せない。

=}(1){あれ}
{絵文字輪郭}=}(1)
{絵文字輪郭}
{}