{精度保証付き数値計算}{計算機}{IEEE 754}=}(3)
{EFT}{精度保証付き数値計算}=}(2)

{免誤変換 K#9-D657/A-35A7}

Error Free Transformation
一般的には,「無誤差変換」と訳される。
しかしながら,Masahide Kashiwagi「Error Free Transformation (EFT) is NOT error-free」にもあるように,error-free=誤差ではないため,語感と実体に乖離がある。
そこで,『斎藤和英大辞典』の “free” に対する日本語に「免じる」というのがあるのを踏まえて,「免誤」とした。これなら,「免震」などからの類推で,「必ずしも全ての誤差を防げる訳ではないが,しかしそれがない場合より大幅に誤差を減らせる」という意味合いを取りやすいだろう。また,「誤差」という語は,これ単体で熟語として使うならまだしも,もっと長い言葉に組込むには長いので,「誤」とした。

ここにも詳しそう。
https://math-koshimizu.hatenablog.jp/entry/2019/04/22/183000
接触元: https://mstdn.maud.io/@omasanori/106068458279838620