{文学者}{作家}{テキスト系サービス}{データ量}{原稿用紙}{画像}{文字コンテンツ}{文章}{価値}{ユーザー}...=}(12)
{写真}{文字列への回帰を発明したと思ったら、すでに宇田川さんが書いてた}{文字への回帰}{直線的}{螺旋階段}{循環}{回帰}{映像}{情報伝達}{身振り手振り}...=}(19)
{伝達}{}{}{伝達媒体}{テキスト}{動き}{集約}{最先端}{視点}{動画}...=}(11)
{最大限}{軽さ}{テキストデータ}{アリ}{武蔵坊弁慶}{源義経}{ゴリアテ}{ダビデ}{力勝負}{ジャイアントキリング}...=}(17)
{軽い}{成り立つ}{}{経営}{欠点}{似ていない}{テキスト}{驚異的}{分かりにくさ}{文字}...=}(12)
{究極形}{文字コンテンツ}{ネットサービス}{意外}{理由}{重視}{文字}{デライト}=}(8)
{スレッド}{原点}{スレッド総集編}{文字}{意味を書く}{デライト}=}(6)
{波括弧}{デザイン}{輪郭}{文字}{デライト}=}(5)
{Delite}{重視}{}{デライトのロゴ}{デザイン}{輪郭}{文字}{ツイスト}{日本語}{デライト}...=}(11)
{}{可能}{知識管理}{高度}{考え方}{輪郭法}{意味管理}{文字}{意味を書く}{デライトの歴史}...=}(13)

{意味を書く? K#9-C7C6/A-8163}

さて、長くなりましたが、輪郭法という考え方高度知識管理意味管理可能になりました。では、「意味を書く」ことはどうでしょうか。デライトでは画像のように、意味を管理しながら意味を書く、という少年の実現しています。「文字を書いた」このツイートと見比べてみて下さい。

{文字}

{}