{見出し記法}{等号}{星号}{ご提案}{ご要望}=}(5)
{見出し記法について}{ご提案}{見出し記法}{ご要望}=}(4)

{デラングの見出し記法に等号記法も併わせて採用してほしい K#9-D657/A-0F47}

希哲15年3月10日5歩によると,デラングにおける見出し記法は星号に決まったようですが,それに加えて連続する冒頭の等号でも見出しを作れるようにしていただきたいです。

== 見出し(階層2)
...
=== 見出し(階層3)

すでに既存の記法があるのに,同じ描画結果になる新たな記法を要求するのは不自然かもしれませんが,提案するだけの理由はあると思っております。

1. AsciiDocやWiki記法では,見出しを等号で表わすことが多い
AsciiDoc:: https://docs.asciidoctor.org/asciidoc/latest/sections/titles-and-levels/
DokuWiki:: https://www.dokuwiki.org/ja:wiki:syntax
MediaWiki:: https://www.mediawiki.org/wiki/Help:Formatting

2. デライトの前景記号後景記号,および輪郭を表わす記号と=とが意味的に調和している

後景記号 =} についてでも仰っていたように,前景・後景記号は輪郭どうし立体階層構造を表わしています。そして,デラングにおける見出し(を表わす記号)は,輪郭内部の階層構造を表わしているといえるでしょう。ですから,そういう意味合いを持つ見出しを表記するのに,前景記号後景記号の「部分集合」的記号を使う,というのは(自分で言うのもなんですが)なかなか気持のいい論推ではないでしょうか。さらに言えば,{==}の「部分集合」を抜き出すにあたり,輪郭自体は{}で囲まれていることを考慮すると,{= - {=} - }というような擬似的な引き算も見ることができそうです。

=}
{あれ}{ハッシュタグの越化について}{ご要望}=}(3)

{Re: ハッシュタグの越化について K#9-D657/A-B861}

ああ,そうですね,他のデライト記法の越化方法と同様,#を文字参照してやればいいですね。すいません,全然気が付いていませんでした。そうします。

=}
{ご要望}{ご要望}{ゼロ幅スペース}{Twitter}{ハッシュタグ}{導入}{越化}{利点}=}(8)

{ハッシュタグの越化について K#F85E/A-E74C-80F6}

ご要望ありがとうございます。

ハッシュタグ越化についてですが,以下の方法では問題ありますでしょうか?

#aaa → #aaa

Twitter などでゼロ幅スペースを使った方法があるのは知りませんでした。利点が明確であれば導入したいと思います。

{ハッシュタグの越化について}{ご要望}{デライト}=}(3)

{#記号につづく文字列を零幅空白などで越化できるようにしてほしい K#9-D657/A-4982}

デラング記法の#<文字列>ですが,これに反応させたくない場合に間に空白文字を挟んで越化したいです。
例えばTwitterやMastodonなどでは,この方法で#<文字列>に輪郭を付けるなどの特殊な処理をしないようにできます。
#&ZeroWidthSpace;<文字列>のようにすることで,「#<文字列>」という表記そのものを(輪結などなしで)得られるようにしたいです。


#​aaa

=}
{発展途上}{デラングについて}{デラング}{常時}{実装}{記法}{ご要望}=}(7)
{軽量マークアップ言語}{デラング}{Markdown}{発展}{世界初}{記法}{開発}{意味を書く}{言語}{ご要望}...=}(12)
{数式内での改行について}{ご要望}=}(2)

{数式内で改行できるようにしてほしい K#9-D657/A-2781}

現在,文中数式\ (...\)はともかく,別行数式\ [...\]も一行内に収めないと,デラングの地の文と解釈されてしまいます。
例↓

\[\frac52\] \[ \frac52 \]

この挙動は,特に長い数式を書くことの多い別行数式においては少し使いにくいです(途中で改行することで入力を整理できないので)。
もしよければ,\ [から\]の間は改行をしたとしても数式入力状態だという解釈にしてもらえないでしょうか。

=}
{デスクトップ}{アングラサイト}{プレゼンテーション}{編集}{対比}{白背景}{ターミナル}{黒背景}{色彩}{デライトのダークテーマ対応}...=}(29)

{デライトのダークテーマ対応について K#9-C7C6/A-79EE}

ご要望ありがとうございます。

デライトのいわゆるダークテーマ対応についてですが、設定項目の一つとして前向きに検討します。

一つ質問なのですが、「入力欄などを暗く」というのはどこの部分でしょうか?現状の黒背景とは違う意味でしょうか。

意匠の問題」という意味では、標準スタイルとして現状の色彩から大きく変えることは難しいと考えています。

開発者自身もどちらかといえば黒背景が好きで、実はデスクトップエディタターミナルも全て黒背景です。

公開用の文書白背景にしているのは、その対比編集用と閲覧用の状態を分かりやすくしたいからというのがあり、編集欄で色が反転するのはその流れです。

それでも真っ白は眩しいので、旧サイトでは本文には WhiteSmoke を採用していたことがありました。デライトにも採用するつもりだったのですが、文字中心のサイトではこの程度のくすみでも少し地味で暗い印象を与えてしまうことに気付き、結局真っ白にしています。

要するに見栄えがしないので、マーケティングプレゼンテーションを考えると暗めの色彩は採用しにくいです。これはサービスとしてだけでなく、ユーザーとしても、自分の作った文書を暗い雰囲気のスタイルで読んで欲しくないということもあります。

GoogleTwitter 等が真っ白なのもこれが理由かもしれません。Mastodonくらいまで行くと、アングラサイトに近い印象を与えてしまいます。

というわけで、本文は真っ白を前提に、その他要素を視認しやすいように調整しているのが現状で、開発者もそれに慣れざるをえないので慣れてしまっているという感じです。

ただ、これはあくまでも標準スタイルの話なので、慣れたユーザーが使うためのダークテーマはあって悪いことはないと思います。今後の導入を想定して調整します。

{希哲15年3月8日7歩}{頁移動の矢印にrel属性を付けてほしい}{ご要望}=}(3)

{ありがとうございます! K#9-D657/A-28ED}

これで輪郭の引き入れ以外鍵盤から手を離さずにデライトを巡回することができるようになりました!
(なお,Vim VixenというFirefox拡張機能を使った場合の話です)

=}
{ご要望}
{}