{あれ}{百聞は一見に如かず}{説明}=}(3)
{見た目}{開発環境}{改良}{C++}{プログラミング言語}{説明}{風変わり}{デライト}{シーミュー}{νS}...=}(14)

{あれK#9-C7C6/A-970B}

デライトは、C++ を基にした独自プログラミング言語 シーミュー)や altJSνS(ニューズ)で記述され、開発環境Linux From Scratch改良した SLFS(セルフス)で構築しています。風変わりなのはなにも見た目だけではありません。これもどこから説明すればよいのやら……

{希哲館事業}{翻訳語}{説明}{開発者}{デライト}{氷山の一角}=}(6)

{あれK#9-C7C6/A-D026}

翻訳語について書きたいことを全て書いていると4、5倍の長さになりそうなので、この辺にしておきます。デライトはただでさえ「よく分からん」と言われますが、実は希哲館事業氷山の一角に過ぎません。と言えば、日頃どれだけ開発者説明に頭を抱えているか、お察し頂けるのではないでしょうか……。

=}
{人類}{ネットワーク}{構造}{構造化}{認知}{説明}{開発者}{ネットワーク的}{階層的}{}...=}(11)
{確実}{訓練}{工夫の余地}{アウトライナーの未来}{蓄積}{説明}{デライト}=}(7)

{あれK#9-C7C6/A-00D3}

とはいえ、ただ時を待っているわけにもいきませんし、説明工夫の余地はたくさんあります。こうして折に触れてデライトについて書くのも良い訓練ですし、デライト上では以下のように確実蓄積になっています。ご理解頂けるまで何十年でも書き続けることでしょう……。

https://dlt.kitetu.com/?fg=KNo.9-C7C6/A-8369

{仕様}{不可解}{ページ数}{違い}{実装}{頻度}{説明}{投稿}{サービス}{デライト}...=}(11)
{メモ帳}{説明}{利用規約}{機能}{非公開}{投稿}{公式}{Twitter}{デライト}=}(9)
{説明}

{}