{パンくず記法}{デラング紹介}{前次記法}{デラング}=}(4)

{パンくず記法・前次記法もあります! K#C7C6/5971}

デラングデライト用Markdown のようなもの)には、パンくずリストを作るパンくず記法、「前へ」や「次へ」のようなリンクを作る前次記法があります!

パンくず記法

動物 > 哺乳類 > イルカ >

上のように記述すると、下のようなパンくずリストになります。

ここで動物としてのイルカについて書くことが分かりやすくなります。

前次記法

前次記法は、前ページや次ページはもちろん、年号や世代、シリーズ作品など、「前」と「次」の関係のあるもの一般に使える記法です。

<- 前へ

と書くと

と表示されます。

次へ ->

と書くと

と表示されます。

<- 前へ
次へ ->

と一緒に書くと

と表示されます。

<- 前へ
次へ ->
次へ ->

と並べると

と表示され、枝分かれを表現できます。

=}
{デラング紹介}{コードフェンス}{TeX}{デラング}{Markdown}{数式}{コード}=}(7)

{コードや数式ももちろん使えます! K#C7C6/0D78}

デラングデライト用Markdown のようなもの)でも、コード数式を扱えます!

コード

短いコード断片は `code` のようにバッククォートで囲むと code のように表示出来ます。

コードフェンスは以下のように書きますMarkdown と異なりバックォートは2つ以上から認識します)

``c
#include <stdio.h>

int main( void )
{
    printf( "バッククォートは2つで十分!\n" );
}
``

結果:

#include <stdio.h>

int main( void )
{
    printf( "バッククォートは2つで十分!\n" );
}

数式

行内では $ ... $ あるいは \( ... \) のように TeX 数式を囲むことで $e^{iπ}+1=0$ のように表示出来ます。

$$ ... $$ あるいは \[ ... \] のように数式を囲むことで以下のように単独で表示させることも出来ます。

$$\frac{1}{\Bigl(\sqrt{\phi \sqrt{5}}-\phi\Bigr) e^{\frac25 \pi}} = 1+\frac{e^{-2\pi}} {1+\frac{e^{-4\pi}} {1+\frac{e^{-6\pi}} {1+\frac{e^{-8\pi}} {1+\cdots} } } }$$
=}
{キラキラ星記法}{デラング紹介}{キラキラ星記法}{デライト用}{デラング}{Markdown}=}(6)

{キラキラ星記法もあります! K#C7C6/FC3E}

デラングデライト用Markdown のようなもの)には「★」や「☆」を光らせる「キラキラ星記法」があります。 のように、スペース(宇宙)に挟まれた1個の星記号、または★★★☆☆のように連続した星記号が色付けして表示されます。

遊びのような記法ですが、目印や段階評価などの表示に有用です。ぜひ試してみて下さい!

1つだけの星と他の記号の間にはスペースが必要なので、固有名詞などに含まれる星記号は色付け無しで表示出来ます。例:『遊☆戯☆王』

=}
{デラング紹介}{文字装飾記法}{デラング}{🎉}=}(4)

{文字装飾記法も出来ました! K#C7C6/53DF}

デラングデライト用Markdown のようなもの)文字装飾記法も出来ました!

##太字##太字//斜体//斜体__下線__下線~~打ち消し線~~打ち消し線になります。##__組み合わせ__## のように入れ子にすることで組み合わせも出来ます。

(日本語フォントでは斜体が用意されていない場合があります)

=}
{デラング紹介}{コメント}{注意補足記法}{デライト用}{デラング}{Markdown}=}(6)

{注意補足記法が出来ました! K#C7C6/D6E8}

デラングデライト用Markdown のようなもの)に「注意補足記法」が出来ました!本文と区別しやすい注意書きや補足を簡単に記述出来ます!


これは小さな注意書きです! で開始)。目立たせる必要のない義務的な表示などに向きます。

これは普通の注意書きです!! で開始)。軽い警告などに適しています。

これは重い注意書きです!!! で開始)。重要事項などの表示に適しています。

これは普通の補足です!? で開始)。読み飛ばしても構わない程度の補足に適しています。

これはより有用な補足です!?? で開始)。推奨事項やヒントなどの表示に適しています。


書き方

注意補足記法は、以下のように、HTML 式のコメント <!-- ... --> から派生した記法です。種類と強調度を表す !?、区切り線を表す2個以上の - の組み合わせで記述します。

<!--
これは編集用コメントです。表示されません。
-->

!--
*これは小さな注意書きです*(`!` で開始)。目立たせる必要のない義務的な表示などに向きます。
--

!!--
*これは普通の注意書きです*(`!!` で開始)。軽い警告などに適しています。
--

!!!--
*これは重い注意書きです*(`!!!` で開始)。重要事項などの表示に適しています。
--

!?--
*これは普通の補足です*(`!?` で開始)。読み飛ばしても構わない程度の補足に適しています。
--

!??--
*これはより有用な補足です*(`!??` で開始)。推奨事項やヒントなどの表示に適しています。
--

今後の予定

ラベルやアイコンの表示記法も追加予定です。

=}
{デラング紹介}{色見本記法}{色見本}{デライト用}{デラング}{Markdown}=}(6)

{色見本記法もあります K#C7C6/8386}

実は、デラングデライト用Markdown のようなもの)には色見本を簡単・柔軟に作れる「色見本記法」もあります!

  • %%(red)%%(#00FF00)%%(rgb(0,0,255)) のように、2個以上の % の直後、丸括弧内に CSS の色表記で指定できます。
    • % 記号で色の配合を表現しています。
    • 色分け図表の凡例などにも使えます。
  • %%%(red)%%%%(red) のように、% 1個毎に8px幅が広がります。
  • %%`red`red`red`%%red のように、コード記法と組み合わせると色表記の前後に表示出来ます。
=}
{デラング紹介}{デライト用}{コマンド}{コマンド記法}{完成}{デラング}{Markdown}{Windows}=}(8)

{コマンド記法が完成しました! K#C7C6/423B}

デラングデライト用Markdown のようなもの)コマンド記法完成しました!

コマンドの例示に使われる一般的な表記がほぼそのまま使えます。

Unix 系コマンド

$%# のいずれかの後に半角スペースをはさんでコマンド内容を記述します。

$ echo hello > /dev/null

次の空白行まではひとまとまりで扱います。出力内容も記述出来ます。

$ echo hello
hello
% su
# halt

Windows 系コマンド

Windows のコマンドプロンプトや PowerShell にも対応しています。

コマンドプロンプト

C:\> のように書き始めるとコマンドプロンプトと認識されます。

C:\> dir

: の前にドライブレター、後ろにパスを書けます。どちらも省略して :> とすると > のみが表示されます。

> dir

PowerShell

PS> のように書き始めると PowerShell と認識されます。

PS> dir

任意でドライブレター、パスを書くことも出来ます。

PS C:\> dir
=}
{デラング}

{}