{デスクトップ}{アングラサイト}{プレゼンテーション}{編集}{対比}{白背景}{ターミナル}{黒背景}{色彩}{デライトのダークテーマ対応}...=}(29)

{デライトのダークテーマ対応について K#9-C7C6/A-79EE}

ご要望ありがとうございます。

デライトのいわゆるダークテーマ対応についてですが、設定項目の一つとして前向きに検討します。

一つ質問なのですが、「入力欄などを暗く」というのはどこの部分でしょうか?現状の黒背景とは違う意味でしょうか。

意匠の問題」という意味では、標準スタイルとして現状の色彩から大きく変えることは難しいと考えています。

開発者自身もどちらかといえば黒背景が好きで、実はデスクトップエディタターミナルも全て黒背景です。

公開用の文書白背景にしているのは、その対比編集用と閲覧用の状態を分かりやすくしたいからというのがあり、編集欄で色が反転するのはその流れです。

それでも真っ白は眩しいので、旧サイトでは本文には WhiteSmoke を採用していたことがありました。デライトにも採用するつもりだったのですが、文字中心のサイトではこの程度のくすみでも少し地味で暗い印象を与えてしまうことに気付き、結局真っ白にしています。

要するに見栄えがしないので、マーケティングプレゼンテーションを考えると暗めの色彩は採用しにくいです。これはサービスとしてだけでなく、ユーザーとしても、自分の作った文書を暗い雰囲気のスタイルで読んで欲しくないということもあります。

GoogleTwitter 等が真っ白なのもこれが理由かもしれません。Mastodonくらいまで行くと、アングラサイトに近い印象を与えてしまいます。

というわけで、本文は真っ白を前提に、その他要素を視認しやすいように調整しているのが現状で、開発者もそれに慣れざるをえないので慣れてしまっているという感じです。

ただ、これはあくまでも標準スタイルの話なので、慣れたユーザーが使うためのダークテーマはあって悪いことはないと思います。今後の導入を想定して調整します。

{テキスト系サービス}{動画共有サービス}{Google}{開発者}{確信}{Facebook}{デライト}{テキスト・ルネサンス}=}(8)
{最大か無か}{世界一}{プロジェクト}{Google}{メモサービス}{目標}{Facebook}{Evernote}{デライト}=}(9)
{}{思考補助}{GAFAM}{組織化}{企業}{Google}{可能}{高度}{情報}{Facebook}...=}(13)
{直感}{指標}{サイト}{存在感}{YouTube}{Google}{Alexa Traffic Rank}=}(7)

{あれK#9-C7C6/A-002D}

ATR は癖こそありますが、サイトがどの程度の存在感影響力を持っているかを大掴みするには悪くない指標です。ちなみに1位は Google、2位は YouTube と、最上位層は概ね直感通りでしょう。世界中でサイトは十何億あると言われているので10万位でも相当なものです。

=}
{Google}=}(1)
{射程}{ネット企業}{GAFA}{分野}{Google}{検索エンジン}{市場}{情報}{ツイスト}{SNS}...=}(13)
{意識}{競合}{Google}{検索エンジン}{ツイスト}{SNS}{Facebook}{Roam Research}{Notion}{個人知識管理}...=}(12)
{重要}{新興企業}{マイクロソフト}{Google Keep}{競争}{分野}{差別化}{Google}{OneNote}{ツイスト}=}(10)
{Google}
{}