{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}{リンク}{輪郭}=}(3)

{輪郭間のリンクが張りやすくなりました! K#C7C6/03D2}

{輪郭の名前} と書くと、自分の輪郭を検索し、1つだけの場合はその輪郭に転送されるようになりました。

もちろん、存在しない場合はすぐに描き出すことが出来ます。よりウィキに近い使い方が出来るようになりました。まずはキーワードを波括弧で括ることから始めてみて下さい。

以下、動作例です。

{保守作業}{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}{🎉}=}(3)
{描写}{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}{輪郭}=}(3)
{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}{数式表示}{🎉}{不具合}{デライト}{KaTeX}=}(6)

{数式表示に対応しました! K#C7C6/274E}

デライトKaTeX を利用した数式表示に対応しました!

行内では \( ... \) あるいは \( ... \) と数式を囲むことで \(e^{iπ}+1=0\) のように表示出来ます。

$$ ... $$ あるいは \[ ... \] と数式を囲むことで以下のように単独で表示させることも出来ます。 $$\frac{1}{\Bigl(\sqrt{\phi \sqrt{5}}-\phi\Bigr) e^{\frac25 \pi}} = 1+\frac{e^{-2\pi}} {1+\frac{e^{-4\pi}} {1+\frac{e^{-6\pi}} {1+\frac{e^{-8\pi}} {1+\cdots} } } }$$ 取り急ぎの実装なのでまだ{不具合 K#9-C7C6/A-C731}があるかもしれませんが,ぜひお試し下さい。 </>
=}
{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}{独自アイコン}{設定}{KNS}{SNS}{デライト}{👏}=}(7)
{) みなぎってきた_人_人_人_人_人_人_人_人_ (}=}(1)