{__,人__人__人__人__人___ )みなぎってきた( ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒}{楽しみ}=}(2)

{閃き K#F85E/A-7309-F77C}

宇田川が17歳の時に体験した爆発的な着想。最初の脳爆発。きっかけは射雨だった。流動の性質に関する観察から。

後に輪郭法と呼ぶ理論はここで生まれ,希哲館事業の核となっていく。

悟り」や「開眼」など,仏教用語を借用することが多かったが,語弊もあるため希哲11年3月10日から「閃き」と表現することにした。

{初期衝動}{一選万集}{高度非言語思考}{最初の奇跡}{射雨}{脳爆発}{希哲前4年}{魔禅}{魔境}{現代の終焉}...=}(22)

{進捗時限法 K#F85E/A-5B28-C09A}

希哲13年5月24日に試し始めたポモドーロ法から28日に「進捗時限」という用語を考案。

希哲14年6月18日から作業時間と休憩時間の間に5分間の記録時間を作ることにした。最初は25分5分・5分で考えたが,全体としてキリが良くないので20分・5分・5分で試してみることにした。

{希哲14年6月18日}{5分間}{ポモドーロ法}{希哲13年5月28日}{進捗時限}{希哲13年5月24日}{〜法}=}(7)