{希哲15年2月3日の日記 K#F85E/A-E74C-E2A7}

デライト開発本格的再開した。

昨日,閃きについて考えたことで論理共感覚論理実装主義についての考え事もあったものの,立ち上がりにしては良い調子だった。

手定めで初めて自分のアイコンを使ってみた。新鮮面白かった。KNS としてのイメージがより明確になり,持ち辺が上がった。

少し眼精疲労全身凝りを感じていたが,しっかり小休憩時間を取り,蒸しタオル目を温めるとみるみる改善した。昨年10月頃から生活律動が乱れ進捗時限法適当になっていたせいだろう。

調子が上がりきったところで,夜更かししないように早く寝る準備をした。明日以降もこの調子を保ちたい。

{論理共感覚}{あれ}{寝る準備}{希哲15年2月3日}{閃き}{立ち上がり}{目を温める}{蒸しタオル}{小休憩時間}{進捗時限法}...=}(31)

{閃き K#F85E/A-7309-F77C}

宇田川が17歳の時に体験した爆発的な着想。最初の脳爆発。きっかけは射雨だった。流動の性質に関する観察から。

後に輪郭法と呼ぶ理論はここで生まれ,希哲館事業の核となっていく。

悟り」や「開眼」など,仏教用語を借用することが多かったが,語弊もあるため希哲11年3月10日から「閃き」と表現することにした。

{高度非言語思考}{最初の奇跡}{射雨}{脳爆発}{希哲前4年}{一選万集}{魔禅}{魔境}{現代の終焉}{17歳}...=}(21)
{逆さ漢語}{ろんり}{}{}{}=}(5)
{}